【沖縄】脱サラ風俗店長の日記
  • 20Jun
    • 血だらけの拳の理由

      今回もC店のハルトのお話です。今回はなんというか、あまり良くないたお話。前回も述べましたが彼はイケイケのスタイル。ビビりの癖にお客さんハメまくるし、難しい客はこっちに押し付けるという、なんでもありの男。そんなハルト君、彼はプライベートでもイケイケなんです。ある日の事、いつも通り私が出勤したら、向かいの店のオーナー、カリスマことカンザキさんが私のとこにやってきました。「はぁ〜!C店のハルトよぉ~!アイツ大変やったよ〜!」「え!何があったんですか?」あれだな?酒癖だな。私はすぐに想像つきました。カンザキさんはたまに昼間から店に立ってる時があります。昼間の辻町は、朝方酒を喰らって酔っ払った風俗店員が "輩" となる時間帯です。「酔っ払ってワーワーしながらこっち来てたワケよー。手ぇ血だらけにして」「へー、いつもはハルトが血だらけなのにw 中学生でもボゴボコにしたんですかね?笑」「中学生だったらまだエエよ、カミさんよ」「はぁ?」実はハルト、結婚してます。子供もいます。確かそろそろ小学生。16歳くらいで結婚してるヤンキーパパです。いつかヤルと思ったがとうとうヤッチまったか…「奥さん殴ったーゆうてよー、警察呼ばれたから逃げてきてるわけよー」「マジすか。警察差し出しましょう(笑)そんな奥さん血だらけになるくらいボゴボコにする奴は許しておけんっすわ」「それがな。殴ったのは一発だけらしいんよ」「へ?でも手が血だらけって…」「あー、言うてなかったな。あそこのブロック塀をひたすら殴ってたんよ(笑)カミさん殴ったの後悔してるみたい」「そうなんですね・・・・・・何だろうな・・・・・・でも、どんなにアツなっても絶対殴っちゃいけないと思いますけどね・・・・で、結局どうなったんですか?」「ウチで寝とるわ。5番の部屋におるで」「はいぃ??」何かよく判らんが逃亡犯をかくまってるらしい(笑)本当この街は何でもアリ過ぎる・・・・水商売ランキング

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 18Jun
    • 人の心がない

      あまり出てこないC店のスタッフ、ハルト彼は小心者のくせにいつもビックマウスで虚勢をはる性格です。しかし、仕事はできます。常連を作るのも上手ですが、ハメるのも上手。たまにやり過ぎなくらいハメます。きっと、彼には人の心が無いんだろう・・・そう思わせるくらい無茶苦茶やります。そう思ったある日の事。私は営業終了の時間帯、渡すものがあったのでC店に寄りました。「おつかれ~」「お、おつか~!はーも~!」「あ、はーもサン、おつかれっすー!」相変わらず男前なC店のメンバー達。ちなみにハルトもEXILEに居そうな可愛いヤンチャ系のイケメンです。そして用事を済ませて軽く談笑していたところ・・・・「おつかれさまでーす」「!!!!!!」声が聞こえる方向に目をやったその瞬間、私は即座に身を隠しました。「あ、ランさーん、今日もオツカレさまー!はい、給料ね~」「あ、ありがとうございまーす、おつかれさまで-す」なんと・・・源氏名も一緒だったとはそうです。彼女は私がピンサロ時代に一緒に働いた事があるランさんです。詳しくはこちら↓「あのオバサン・・・俺知ってるよ!昔ピンサロで使ってた!」「あーランさんですね。強烈ですね(笑)」「ちなみに今日何本ついた?」「ランさん?7本です(笑)」「エゲツな!どうやってつけたん?」「全部ハメたに決まってるじゃないですか!ハハハ!オレを誰だと思ってるんですかー(笑)」その大胆さに私は驚愕しました。やはりこやつは人の心が無い・・・・(いや、このブログの読者が見たら俺も似たようなもんか)あれ?そういえばランさんは送迎だったはず。しかし一人でスタスタ帰っていったぞ?「あれ?あの娘って家遠いよね?送迎じゃないの?」「あー、送迎なしの条件で雇ったんで。多分自分でタクシーで通ってますよ(笑)」彼女が住んでるY町はタクシーだとここから片道5000円はかかるはず。ハルト・・・恐るべし水商売ランキング

      18
      テーマ:
  • 14Jun
    • ボルト誕生

      物足りなかったリピーター、会長の部下の若造をA店に放り込みました。私はA店のスタッフにお願いし、案内からお客様OUTまで持ち場を交換する事にしました。「お兄さん、本当に大丈夫っすか~!?」若造はまだホントニーを連呼します。そろそろウザくなってきた。しかしその時間ももう終わり、いざ60分コースで案内!さぁ・・・・どうなることやら・・・きっとまた文句言われるのかな・・・ま、しょうがない。レンさんのテクで満足できなかったらしょうがない。私は半ばレンさんと心中するような気分で待ってました。そしてなんとプレイ開始からわずか30分後お客様とレンさんが降りてきました。私は慌ててお客様と一緒に外に出ました。こりゃクレームだな・・・そう思った瞬間。「お兄さん!マジでヤバイ!レンちゃんサイッコー!!!!」「へ?」「いやーーー!!!凄かったーー!!!こんな気持ちイイの初めてですよ!おまけにメッチャ可愛くてエロいし!」「よかったでしょ?彼女がココのナンバーワンです!(笑)」「いやーすごかった~」「で、会長は?もう出ました?」「いや、120分で入ったのでまだ出てないですよ?」「じゃ、"社長"は?会長の次入るから待合室で待ってるんですよね?早く社長のとこ連れてって下さい!早く!」「あ、えーと確認するので少々お待ち下さい!」「早くして!早くこの感動を社長達に伝えたい!」もう大絶賛です。あんなに疑心暗鬼になってたのが嘘のように喜んではしゃいでます。というかもう一人の連れは"社長"なんだ。あんな髪ボサボサのチャラ男が・・・まっ、どうでもいいか。私は彼をB店に連れて行いっ後、再びA店に戻りました。「レンさん、ありがとうございます!お客様大絶賛です!」「ウフフ、時間まだまだあったのに興奮して友達に早く話したいってからに、すぐ出て行きよったよ」「さすがです!凄すぎます!」この頃の自分はB店勤務でレンさんの事をあまり知りませんでした。当時のB店の人気嬢はセリナさんでしたが、お客様の反応はレンさんの方が断然上です。その凄さに度肝を抜かされました。そして、お客様を超光速で昇天させるあのスピード。私はその日からレンさんを"ボルト"と呼ぶ事にしました。もちろん、心の中で・・・・水商売ランキング

      13
      テーマ:
  • 12Jun
    • ホントニーホントニー

      以前お話しした「こんなお客様いました②」で出てきたホスト軍団のお話し覚えてますでしょうか?知らないよっ、て人はこちらをお読み下さい。さて、今回はそのホスト軍団のお話しの続編です。正確に言えば2日目と言いましょうか。当たりハズレゲームで見事にセリナという当たりを引いた会長は、その日の内に次の日の予約を入れ、翌日には約束通りお店に来店しました。会長は部下2名を引き連れてきました。その内1名は、社長の後にセリナを予約してます。もう1人は特に予約も指名もなし。今回はそのもう1人のお客様のお話です。年齢は20代前半くらいで少しチャラついたイケメンです。「おにいさーん、今日は頼みますよー!昨日の娘、太くて微妙でしたよ〜!」「えぇー!確かにあの娘は少しポッチャリしてますが、可愛くてかなり人気の娘ですよ〜!」「えぇ〜!僕太い娘だめなんスよ〜!今日は本当頼みますよ〜」私は嘘をついてもなく、盛ってもおりません。間違いなく昨日このお客様につけた娘は可愛くて人気のある娘です。指名も多いし、皆んな笑顔で帰る。決してハズレではありません。マジか・・・これはハードル高いぞ。2日連続で来てくれる、しかあの神客の会長の連れ。これはハズせない。私はこの時、まだB店で勤務してた頃でした。その日はセリナ以外は上等がいません。当時のA店のスタッフに相談しました。「あ、レンさんだったら空いてるよ」「えー、でもお客さんメッチャ若いし多分ギャル系が好きだと思います。昨日人気の娘つけたけど満足しなかったし」「大丈夫!レンさんに任せて!」仕方ない。いちかばちかレンさんで案内するか。私はお客様に系列店での案内になる事を説明しました。「えー!なんか怪しくないですか?本当にイイ娘きます?本当に?本当に?本当に?本当に?」ストⅡで波動拳を連発するかの様に「ホントニ?」を連呼してきます。(知らない人ゴメンなさい)私も負けじと「大丈夫です」を連呼。ようやく心折れてA店に連れて行きました。さぁ、ここからが本番。ファイルラウンド・・・ファイ!水商売ランキング

      9
      テーマ:
  • 10Jun
    • ポッチャリーズ、フォーエバー

      出稼ぎで福岡からやってきたポッチャリ1号と2号。未経験の2号が初日を終え宿に戻った途端に号泣してると送迎係のヨシユキから連絡がありました。とりあえず私はヨシユキにこれまでの流れを説明。アキラ達が何も教えないまま私の店に放り込んだ事、チェンジされた事など・・「わかった〜、とりあえず話し聞いてみるさぁ」「ゴメン!フォローよろしく!」ヨシユキは送迎係という女の子と近い距離にいるだけあって、女の子の話しを聞いたり注意したりモチベーションを上げるのは上手です。こんな時はとても頼もしい(普段は使えないけど)10分後、ヨシユキから着信がありました。「なんかずっと緊張してて、緊張から解き放たれた瞬間に不安に襲われて泣いてしまったらしい。よくある事だね。でもやっぱ店たらい回しにされたのは嫌だったみたい。A店古いしさ。はーもの事は褒めてたよ!明日も通常通り出勤するって」はぁ…… 良かった。少し安心しました。こんな時のヨシユキは本当心強い。助かる。しかし、なんでコイツはいつも偉そうなんだ?仕事できないくせに歳下だし…そういえば社長以外の歳上にに敬語使ってるの見たことない。ん、まぁいっか。その日から一週間。ポッチャリちゃん達は何事もなかったかのように出勤してくれました。予定では1ヶ月滞在の予定だったけど、10日くらいの滞在で帰る事になりました。「沖縄の人、客層悪過ぎです。あとチェンジとかありえない」1号はそう言い残し、福岡に帰りました。・・・うん。確かに沖縄の人は最悪だよなぁ、わかるよ。でもチェンジはな…そうでもしないと客つけられない立ち位置まで堕ちたのよ、貴女は。。。。もう少しで口から出そうだった言葉をそっと飲み込みました。まぁ1号はさておき、2号は今後も頑張って欲しいですね。なんて言ったって仕事教えたのは私ですから。まぁほぼやっつけですか…いつかまた、成長したら沖縄に戻って・・・来る訳ないか(笑)(追伸)出稼ぎ嬢にまつわるエピソードはまだまだあります。また何処かのタイミングでお話しします。水商売ランキング

      14
      2
      テーマ:
  • 07Jun
    • デビュー戦

      今回はポッチャリ2号のお話です。前回のお話で1号はトップレベルのプロという事が判明しました。しかし2号はその逆、風俗未経験のド素人です。1号とは大の仲良しで、風俗には前から興味があったが一歩踏み出せず、地元じゃない沖縄ならという事で思い切って踏み込んだそうです。10代の頃に援助交際の経験があるので、性的サービスのお仕事の抵抗は無いとの事。それと1日だけB店に居たから仕事の段取りとかは教えられてるハズ、まぁ少しずつ慣れてくれればいいかな!そんな感じで気楽に構えていたところ、思わぬアクシデントに見舞われてしまいました。この日は初っ端から団体さんがご来店。早速その中の1人に2号を当てる事にしました。そして2号の部屋にコールし、「お客さんです」と呼んだところ、彼女の口から思わぬ言葉が出てきました。「あの…何をどうすればいいのかわかりません…」「え!?B店のメンバーから教えられてないですか?」「いや、まったく何も。"部屋ここ使ってね"てしか言われてません」「えーー!!そんなんですね…すいません。今からちょっとそっち行って教えます!」なんと、アキラとジンは未経験だというのに何も教えてないじゃないか!私は2号の部屋に入り、駆け足でサービスの流れを説明しました。最低限やる事を台本みたくメモに書いて渡しました。無論、マットプレイを教える暇なんてありません。そして急ぎでスタンバイさせ、いざ案内・・・・すると、お客様がすぐに降りてきました。「あ、おにいさん!チェンジで!」しまった!チェンジ・キャンセル有りで案内してもうた!これは致命的なミスです。新人で一発目にチェンジされたらモチベーションは下がりまくります。それどころか心に傷を負いかねません。お客様の対応は相棒のリュウヤに任せて、私は2号のケアに行きました。2号にお客様によってはチェンジ・キャンセル有りのパターンもある事を説明し、次からは事前に教える旨も伝えました。幸いチェンジされた事にはそれ程気に留めてなかったらしく、なんとか切り替えできました。結局、この日2号がついた本数は2本どまりとなり、彼女の風俗デビューの初任給は2万円にも満たない給料となりました。「お疲れ様です。今日は色々とすいません。一日やってみてどうでしたか?」「大丈夫ですよ!親切に色々と教えていただいてありがとうございます」彼女は平気だよとニコッと笑い、給料を受け取ると送迎の車に乗り込みました。一気に疲れがドッときました。未経験の娘にちゃんと仕事を教えられなかった後ろめたさ、あまり客をつけきれなかった悔しさだけが残る1日でした。しかし、そんな1日の締めくくりと言いますか、追い討ちをかけるように、送迎係ヨシユキから電話がありました。「女の子、ホテルに降ろしたら1人めっちゃ泣いてるけど!なんで?何があったの?」水商売ランキング

      7
      2
      テーマ:
  • 05Jun
    • 三つ指

      前回からの続きです。福岡からきた出稼ぎの女の子達。名前はポッチャリ1号、ポッチャリ2号とでも呼びましょうか。実は高級店いたのは1号だけで、2号の方は風俗未経験という・・・2号の話は次回します。とりあえず今回は1号のお話。1号の方は中洲でもトップレベルの店に在籍してたとの事です。ポッチャリでまぁまぁバストはあるので(Gくらい)巨乳好きのお客様は問題なくご案内できるでしょう。その日はタイミングよく"誰でもいい系"の常連が来たので、その人で案内する事にしました。風俗店には1人や2人、この"誰でもいい系"の常連がいます。毎回割引で入れますが、暇な時や新人が来た時にはほんと助かります。まぁ、女の子にはあまり評判良くないですが(笑)常連様に福岡からきた新人がいると説明すると、嬉しそうに、いやらしそうに笑顔を見せました。そしてポッチャリ1号を部屋でスタンバイさせ、常連様を部屋の前まで連れてきました。これから私がドアを開けて、開けた瞬間に入口の前で女の子が立ってて、お客様をお出迎え。といった流れになります。いつものドア開けた瞬間でした。コンマ何秒の世界ですが、私がドアを開けた時にはポッチャリ1号の姿は見えませんでした。アレッ?と思った瞬間「○○です〜、よろしくおねがいいたします〜」1号の艶っぽくも可愛らしい声が下から聞こえてきました。声が出たその先を見ると、なんと彼女は旅館の女将の様に、地面に三つ指をついて深々と頭を下げてお出迎えしました。・・・おぉ!これが本場の高級店仕込み!私は高級店に行った事が無いので、初めて生で見る三つ指に少し感激しました。そしてプレイを終えて降りてきた常連様が一言。「いやー、ルックスとテクニックはレンちゃんが上だけど、接客はあの娘だね!今ま見た中でも一番だよ!」大絶賛でした。そして、その日は何人か接客しましたが、どのお客様も大満足。唯一不満をこぼしたのは「太いわー」と嘆いた若い客1人だけでした。(これも私が無理矢理つけたので仕方ありません)ポッチャリ1号の接客術は相当なモノでした。本場の"プロ"のソープ嬢と仕事をしている。そんな気分に彼女はさせてくれました。水商売ランキング

      11
      2
      テーマ:
  • 03Jun
    • 福岡からの刺客

      アキラから女の子を紹介してもらう事になりました。出元はアキラの昔からの知り合いのスカウトマン。福岡⇒沖縄で出稼ぎしたい嬢が約2名いるとの事。「はーもさん、そっちから上等の女の子2名もらってなんか悪いからさ。こっちも女の子紹介しようね」・・・胡散臭い。腹黒いアキラがやすやすと上等の娘を差し出すわけがない。「寮の段取りは全てこっちで手配してるからさ!」「あれ?ウチ寮とかあったっけ?」「ビジネスホテル借りた!社長にはOK貰ってるよ!あと、昨日1回ウチで使ったよ!一人は高級店居たからサービスは上等だよ!」ほらきた。きっと使いモンならなかったからコッチによこしたんだろう。"サービスは上等" この言葉は怪しすぎます。まぁ女の子いただけるだけでも有難いし、たまにはこういった県外からの刺激も必要ではないかとも思いますね。心の中で性格悪い事言ってゴメンよアキラ。女の子達は既にB店に待機中との事で、リュウヤがB店まで迎えに行きました。そして、リュウヤの車が店前に停まりました。さあ、福岡からの刺客はどんなものか・・・車から降りてきたのはポッチャリした女子二人組でした。ほらやっぱり・・・・水商売ランキング

      15
      7
      テーマ:
  • 01Jun
    • アイ ライク ブーンブーン

      今日は英会話レッスンです。・・・まぁ半分冗談ですが、辻町には多くの在沖米軍、およびその他外国人の方が街の中を歩きます。なので呼び込みする時も当然、英語を使います。お決まりのパターンが「ヘイ、ミスター!ソーピィー?」という感じです。まぁ解る人はこれで止まってくれますが、解らない人はそのままスルーします。だって「ソーピィー」とか英語じゃないですからね(笑)工夫効かす事ができない店員のお決まり文句です。ちなみにアメリカで就労した経験があるリュウヤ君はこんな感じ「Hey, men!Play with girls?」これだと声をかけられた外国人の方は「おっコイツ英語できんじゃん?」という感じになり、かつ"Hey, men"はフレンドリーな呼びかけなので一気に親しみが深くなります。声かけして相手が話を聞く姿勢になれば、後は単語を並べるだけでOKです。「fifty minutes, sixteen thousand yen」⇒50分16000円。コースと料金の説明です。発音はシックスティーンタウザンドイェン。ちなみに1万円はテンタウザンド。「Girls wash your body, and Lotion massage "NURU NURU PERO PERO"! , and SEX!」⇒プレイ内容の説明。女の子に身体を洗ってもらってマットプレイしてセックスするよと。「ヌルヌル」「ペロペロ」は身振り手振りで適当に(笑)とにかくキモチイイ事するのが伝わればOK。「skinny」⇒細い。女性の体型の事。「big hip」⇒大きいお尻。米軍は巨尻好きが多い。「Look at the picture?」⇒写真見てってよ。というこちらからの声かけ。「girls see OK?」⇒女の子は見れるか?要はチェンジキャンセル有りなのかという意味。人差し指と中指で自分の目を指すジェスチャーをしながら言う人が多い。「gently to girls, no violence, ok?」⇒女の子には優しくして、暴力は振るわないでね。米国人は比較的女性に優しい人が多いが念のため。ケツはよく叩くらしいが(笑)そして、この街で一番よく使われる英単語がこれです。ブンブン米軍の人は必ずと言っていいほど使います。声かけすると「ブーンブーン?」とよく聞かれます。実はこれ、「セックス」という意味です。腰を振る仕草をしてブンブンとよく言います。どうやらスラングのようで正しい英語ではないようです。なのでいくら調べてもスペルが出てきません。(bunbunかな?)ブンブンという単語を覚えると声かけのレパートリーが豊富になります。「ヘイメーン!ディスイズ、ブンブンストアー!ドゥユーライクブーンブーン?」「イェアー!アイライク、ブーンブーン!」「オッケェーイ!カモン!レッツブンブーン!」ブンブン。良い言葉ですね。さぁ、明日から使いましょう!Let's say bun bun!水商売ランキング

      15
      2
      テーマ:
  • 28May
    • リストを覗く

      とある日の事でした。私は店前で呼び込みをしながら、リュウヤと近隣の店舗のカンザキさんやコウタ達と談笑してました。私達は基本的に店の外にいます。電話の音が聞こえるくらいの距離までは店から離れます。そして、たまに店内の様子を覗きます。この日もいつもの様に、合間を縫って店内の様子を見に行くのですが・・・なんと、店内を見るとレンさんが本日のリストを覗いてました。「ねぇ、シズカって子、なんでもう5本もついてるわけ?エリカちゃんはまだ1本だよ」「あー、指名が入ってるんで」「エリカちゃんに客つけなさい」「まぁこれから混んでくると思うので大丈夫ですよ」「コレはもうつけなくていい!」(指でシズカの欄をトントン)「はーい」口答えすると長くなるので適当に聞き流しました。そうなんです。レンさんは勝手にリストを覗く人なんです。そして、自分の派閥の娘に客をつけろと。若くて可愛い娘には客をつけるなと。実は私が店長になってから、このシチュエーションに出くわしたのは初めてです。噂には聞いてましたが、酷い・・・そして、5分後に社長から電話。「女の子には、均等に客つけてね」ほら、絶対レンさんが告げ口してる。面倒臭いです。レンさんも指名が多く、回転もかなり早いのでお店には多大なる貢献をしてます。ましてや古くからこの店を支えてくれてる重鎮です。レンさんにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。しかし、こうも他の娘を攻撃するような事は納得いきません。私がイライラしてた時に、タイミングよく社長が現れました。「ごめんな。レンさん面倒くさいだろ?さっき俺に酷い内容のLINE送ってきたよ。かなりストレス溜まってるはず」「レンさんは厄介ですねー、またリスト見てましたよ」「だろうな。今日って客足はどんな感じ?」「今日はそこまで動かないですね。本数ついてるのシズカさんぐらいです。ほぼ指名です」「若い娘は儲けさせんとな〜。そっか、今日は暇か。じゃ、レンさんの機嫌とるために飲みに連れてこうかな。もうレンさんあげて。俺からもLINEしとくから」「了解です」待機部屋にレンさんを呼びに行くと、既に着替え終わって帰り仕度が済んでました。そして社長の助手席に乗り込み、颯爽と姿を消しました。こういった時の社長はほんと助かります。レンさんは私でも手が負えません。しかしどうやらこれでレンさんの機嫌が直るわけにはいかなかったようです。次の日、早速社長に「シズカがいるなら出勤しない」とダダをこねました。私は、仕方なくシズカさんは系列のB店に異動させました。あぁ…何から何までしがらみだらけ。いつかこの負のスパイラルが終わる日が訪れるのだろうか。水商売ランキング

      16
      テーマ:
  • 27May
    • 期待の若手

      モデル級美女のユイさんは失ったものの、オトハさん、シズカさんの2名の加入は大きいです。マットプレイは出来ないものの、やはり可愛い娘とベッドで時間いっぱいイチャイチャできるのは男にとって至福の時間です。ちょうどこの時期は、他の店舗も同様に真栄原から流れてきた娘が増えてきて、ベッドオンリーの娘が増えてきました。意外にもクレームは少ないです。ベッドオンリーの利点は・恋人の様にイチャイチャできる・余計な段取りが不要・終わったらサッと帰れる・ローション落とさなくていいまさに女の子ありきのサービスです。時代は徐々にサービス主体から女の子主体へとシフトチェンジしつつあります。嬉しいようで、寂しさもある・・・オトハさんとシズカさんは、本人達の意向を汲んで他の女の子と極力接触しない "部屋待機" にしました。部屋待機とは、文字通りプレイするお部屋に荷物を全て置いて待機する事です。なので部屋割りが難しいため、自然と他の娘よりは出勤が少なめになります。それでも彼女達、特にシズカさんはお客様から大人気です。本指も増えてきて、あのキャッチのセガワさんからも「シズカちゃんおるかー!」と名指しで抑えられるようになりました。名実ともに当店のエースになりつつあります。しかしそんな若くてイケてる娘を当グループの副社長である女帝が黙っているわけにはいかないようでした・・・水商売ランキング

      13
      テーマ:
  • 24May
    • そりゃそうなるわ

      新たにA店に加ったユイさん、オトハさん、シズカさん。この日は説明だけの予定でしたが、たまたま当欠が3名出たため、急遽3名とも出勤させる事になりました。ちなみに3名当欠はたまにあります。新人がいなかったら死亡です。初日という事だけあって、今日は24時までの4時間のみの出勤としました。この日3人が接客した人数がユイさん 4本オトハさん 3本シズカさん 2本でした。シズカさんは用事があったようで、早めの帰宅となったためにこの本数です。それにしても凄いのはユイさん!お客様大絶賛です!お客様いわく、超明るくてノリが良いとの事!一緒に降りてくる時に笑い声も聞こえてきます。私達はまだ「ハイ」しか聞いた事ないのに・・まるでピンサロ時代にいたカナさんのようです。それに時間通りに接客も終わるし、準備も早い。回転が効きます。そして、オトハさんも意外とお客様受け良かったです。おっとりで受け身な感じは側にいて気が楽だとか。シズカさんも同じくお客様から好評でした。そりゃあんなに可愛いかったら俺でも入りた・・おっと失礼。一通り片付けを終え、給与を渡す時。ユイさんが初めて「ハイ」 以外の言葉を口にしました。「あの、給与の計算間違ってないですか?」「ユイさん、雑費はですね、1本目がいくらで、そして2本目が・・・」いつもの事ですがこのグループの雑費システムは細かいです。これは社長の方針。つか社長もちゃんと計算できんのかな?そして不満そうな顔しながらも納得したユイさんにお金を渡したところ衝撃の一言を口に出されました。「ていうかこのお店、相当古いですよね。店の中もボロいとこ多いし、なんか怖い。系列店もあるんですよね?できれば次からそっちで出たいです」やはりそうきたか・・・そりゃ築五十年ですもの、そうりますわな。今までこれで何人若い娘が離れていった事やら・・・こうしてユイさんはアキラがいるB店で働く事になりました。モデル級の娘手に入れた喜びは、ひと時の淡い夢となり消え去っていくのでした・・・水商売ランキング

      10
      テーマ:
  • 22May
    • 3台の軽自動車

      私はヒロトさんから真栄原から流れた娘を預かる約束をしました。そして、彼女達が来る日がきました。私が店に着いた時には、既に見覚えのない3台の軽自動車が駐車場に停まってました。・小奇麗なスズキワゴンR・小汚いダイハツ旧型ムーヴ・フルエアロ爆音マフラーのスズキエブリィ車は持ち主に似るとよく言われますが、彼女達はまさにそうでした。ワゴンRはユイさん。25歳。見た瞬間、言葉を失いました。ビックリするくらいの美人です。身長も高くてスラッとしててモデルの様です。芸能人の"奈々緒"そっくりです。東京の高級ソープでも十分通用する器です。いや、モデルなれるかも。ウチにはもったいないくらいの美女です。B店のミカさんもかなりの美人ですが、ユイさんはもはや別世界の人間です。後にも先にもユイさん以上の美女を、私は見た事がありません。しかし・・・・超無愛想です。仕事の説明をしましたが、今のところ口から出た言葉は「ハイ」だけです。ムーブはオトハさん。28歳。細身でスタイルはいいのですが・・・暗い。色白で良く言えばクールビューティー、悪く言えば幽霊です。そして、少々"ワキガ"の臭いがします。デオドラントでごまかしてるから本人自覚があるのでしょう。お客様にバレない事を祈ります。フルエアロはシズカさん。22歳。車と同じで"不良系"の娘です。しかし、同じ不良系でもイケイケのカヨと違って、とても礼儀正しいです。地元が上下関係厳しかったのでしょう。小柄で目がクリクリしてお猿さんみたいでとても可愛らしい。おまけにド田舎の出身だけあってやや訛ってます。そこもまた可愛い。私的にはこの中では一番好こ・・・・おっといけない。「説明したけどマットはやりたくないみたい。大丈夫だろ?」「ヒロトさん!マットなくても余裕で戦えます!あざす!恩に着ます!」ヒロトさんにお礼の電話をし、女の子の特徴を聞きました。マット出来ないのは少々痛いですが、彼女達ならきっとベットだけでもお客様を満足させるでしょう。かくして、巨大戦力を手に入れた私のお店。これから突き進む連勝街道・・・・・とはやはりいきませんでした。ここからまた試練が待ち構えてました。水商売ランキング

      16
      テーマ:
  • 21May
    • ちょんの間の殲滅

      ちょうど私がA店の長として、リュウヤと共にA店やC店と切磋琢磨してソープ業に勤しんでた頃でした。県下でも最大の裏風俗街である"真栄原(通称:新町)"と"吉原"。いわゆる"ちょんの間"です。この2か所が各市政の浄化作戦のもと、一斉摘発を受けました。これにより、200店舗以上あったちょんの間は、跡形もなく消え去りましたこの摘発で我が県の風俗事情はガラッと変わりました。ちょんの間の客がソープ街に流れてくるのです。「安くで入れろ」という客が一気に増えました。ちょんの間の相場が15分5000円に対してソープは50分16000円。明らかに値段が違うにも関わらず、もしかしたら安くで入れるであろう期待を抱いてソープ街を歩く客が増えたのです。それに便乗してか、ディスカウント・ソープも何店か出てきました。シャワー浴びてコトをとっとと済ます激安ソープです。値段が下がれば客層も悪くなります。ここで期待したいのが、ちょんの間で働いてた千人以上の女の子達の行く末。しかし残念ながらソープへ流れた娘はごくわずかで、大半の娘はデリヘルへ流れました。完全違法な援デリで働く娘も多かったです。ちょんの間の摘発は、風俗業界の治安が良くなるばかりか悪くなる一方でした。何のための浄化作戦だったのか・・・しかし我が店舗にも光を差すような良いニュースが飛び込みました。キャバクラ時代に知り合ったスカウトマン、ヒロトさんから久しぶりに連絡がありました。新町で使ってた娘を数名ほど私の店で面倒みてほしいとの事でした!これは転機!これからやっと俺らの時代がくる!期待に胸を膨らませた瞬間でした・・・・水商売ランキング

      8
      テーマ:
  • 12May
    • 3年前の写真

      この日は相棒のリュウヤが休み。系列もジンが休みなので久々に一人で店内を回してます。そんな時に限ってクソ客が現れました。マックスグループが連れてきたお客さん二人組みです。二人ともオタク風で、一人は細身で一人はゴリラみたいな体格です。ゴリラの方が酷く酔っ払ってて物凄くウザい。態度もデカく上から目線で暴言を吐きます。挙げ句の果てに待合室のテーブルの上に足乗せてます。灰皿に足が当たり吸い殻が散らかってる。「足を降ろしてください。あと灰皿片付けて」「はぁ!俺は客だぞ!」「足を降ろしてください」「ああぁ!フザけんなよぉ!」「フザけてんのはどっちか?足降ろせ!」「すいません!すいません!お前も落ち着けって〜」興奮気味のゴリラを細身が抑えました。ムカつくわ・・・こんな客入れたくない。外に出て連れてきたキャッチに断りの電話を入れようとした時、一台の軽自動車が店の前に停まりました。「はーもちゃ〜ん、おつかれ〜!客余ってない〜?」J店の店長、シンヤです。シンヤは私と同級生で共通の知人も多く、とても仲が良いです。彼はガタイも良くお腹も出て貫禄があり、それに歩いてると目も合わせたくないくらい人相が悪い。上半身にびっしり和柄の墨が入っており、知らない人が見るとヤ○ザです。「おぉ〜おつかれ〜シンヤ〜、客いるけど変なのしかいない(笑)」「ん?どんなやつ?」「酔っ払いで態度悪い奴。ちょっとケンカしそうになったよ。。。。」「マジ?じゃ、そいつウチにちょうだい」「やめた方がいいよ、それにマックスの客だから単価低いよ」「大丈夫、俺に任せて。とりあえず適当な写真で固めといて」シンヤはオラオラ系でいつも強気の接客。こういった客にも何も動じません。頼もしい。そして私はゴリラに若くて可愛い娘の写真を見せて「系列店の娘」 という程でシンヤの店に送り込みました。シンヤはこの客に50代くらいのオバさんで案内しました。案の定「オイ!写真と全然違うじゃねぇか!」と女の子を対面させた瞬間にゴリラが飛び出てきました。しかし、シンヤは驚きの返しをします。「はぁ?3年前の写真だから見た目変わってるに決まってるだろ!ずべこべ言わず遊んでこい!」「うるせえ!金返せ!」「あのさ、写真指名したら返金できんて説明したろ?それともあれか、お前は女見るだけ見て帰るつもりか?女は見せ物ちゃうぞ?もったいないから早く遊んでこいよ!」結局、警察沙汰になりました。客が物凄く酔っ払って支離滅裂な言動を繰り返してたため、警察は店よりになってくれました。しかし、客があまりにもウルサく長引きそうなので、シンヤは仕方なく返金しました。「はーもちゃ〜ん、ゴメーン!パンクしちゃった〜!アイツ、超ムカつく!」「こっちこそ変な客紹介してごめーん!」皆様、風俗で酔った勢いで悪態つくと大変な目に合います。気をつけましょう。水商売ランキング

      20
      テーマ:
  • 10May
    • 影武者

      とあるB店の一日。その日はNo1のモエさんが18時から出勤しておりますが、出勤前から予約が立て続けにはいっており、なんと出勤30分で既に6時間待ち。次に空くのは24時過ぎです。そしていつもの様に19時30分頃、キャッチのセガワさんより連絡あり。「おぉ~ワシじゃぁ~!今日は上等の娘、出勤しとるかの~!」「お疲れ様です。今日は上等だとモエとカヨがいますよ」「ほぉぉぉお~!!モエちゃんおるんか~!よし!今日はワシのリピーターがくるでのぉ~」「あ、でも次空くの24時過ぎっすよ」「はぁ!なんでそんな時間にしか空かんのじゃ!」「人気の娘ですからねー、こればっかりは仕方ないじゃないですか。カヨは予約はいってないですよ」「カヨは顔はええけど仕事できんけぇ」「でも若いし細いし見た目はイイっすよ」「ダメじゃ!今日の客は大事な客じゃけぇ。モエじゃないとあかんのじゃ!」「・・・・どうにかして空かんかのぉ~」「・・・予約は外せないっすよ」「わかっとる・・・もしキャンセルあったらすぐに連絡せぇ」「はーい」電話は終わりました。「セガワさんっすか?声が聞こえました」「あぁ。モエモエ、モエモエうるせぇんだよ、コイツ」「またですか・・・」「ネットの予約客の方が単価高いのに、それ蹴ってわざわざコイツらの客入れるわけないっつーの!」「調子のってますね・・・カヨもいるのに」「ん?・・・そっか!」「いい事考えた」「なんですか?」「カヨに"モエ"って名乗らせてセガワの客つけよう」「マジっすか!大丈夫ですか?」「大丈夫。リピーター、つっても次来るのどうせ1年後だろ!バレんよ!」「了解です」こうして彼らはセガワさんに「予約が1枠キャンセルなった」と嘘をつき、彼の客にカヨをつける作戦を企てました。アキラはいつもその日の売り上げの事しか考えてません。嘘をつかれたキャッチ、嘘をつかされる女の子の気持ちを考えず、自分が良いように見せる事しか考えてないのです。観光客をナメてはいけません。沖縄ですよ?何回行こうが全てが思い出になるに決まってます。無論、ついた女の子の名前、特徴は覚えます。確かにセガワさんは理不尽な事を言ってます、だからと言ってや騙し討ちするようなやり方はナンセンスでしょう。「カヨさん〜すいませ〜ん、お願いがあるんめすけど〜・・・」「はーい、なぁ~にぃ~?」「次のお客さんなんですけど・・・カヨさんの名前、"モエ"って事にしてもらえないですか?」「えぇ〜!いやだぁー、めんどーい!」「お願いします!そこをなんとか・・・」「えぇ・・・やだなぁ・・・」「カヨさん、取り分上乗せするから!俺からもお願い!」「・・・わかったよ〜」こうして、カヨさんはモエさんの"影武者"となりました。「お客様がモエちゃん、あんまじゃったゆーとったわ・・・連チャンで疲れとるんかのぉ・・お前ら、こうゆう時はちゃんと休憩取らせるようにせえ!」どうやらバレてないようです。しかし、味をしめたアキラ・ジンのコンビは、これを数回繰り返し、結局バレてセガワさんにこっぴどく怒られました。そして社長にもバレて怒られました。いくら売上のためとは言え、人を騙し、そして女の子にも迷惑かけるような行為は許されません。水商売ランキング

      9
      テーマ:
  • 06May
    • モエちゃんおるかー!

      マックスグループのセガワさん47歳の広島出身のオジさんです。彼は良くも悪くも面倒くさい人でした。というのは、セガワさんは必ず上等の女の子を指定して客を入れます。一般的にキャッチが女の子指定して客を連れてくる事はしません。客を入れた分だけ取り分が貰えるので、わざわざその幅を狭めるというのは、普通に考えるとナンセンス。では何故彼がそうやるのかと言うと、リピーターを増やしたいからです。驚く事に観光客がキャッチをリピートするのは多いです。多い時で一回ホームに戻って2ヶ月後にリピートしたりもあります。そして、その付き合いが何年も続く事だってあります。お客様に良い娘を当てる⇒喜ぶ⇒文句も言われない⇒感謝される⇒リピートしてもらう最高ですよね。これだったら多少一回の儲け少なくてもやる価値はあります。ある意味賢い選択でしょう。しかし、セガワさんの店側への対応がいつも高圧的でイラッとします。電話が来ると決まって「今日は○○ちゃんおるかー!」「今日の上等の娘の出勤状況教えてくれー!」「では○○ちゃんと○○ちゃん抑えとけ!」まるで自分のモノの様に扱います。それに、上等の娘が少ないので私の店にはあまり客を入れてきません。「ワシの中ではもうレンは終わっとるわ。昔は上等やったのにのう・・・」と言いつつも客が余ってたらレンさん指名で入れてくるところがかわいい。そして、彼のいま一番のお気に入りがB店のモエさんただでさえ上等の彼女ですな、プロ意識が高い彼女は観光客受けが良く、セガワさんも大のお気に入り。「モエちゃんおるかー!」「モエは何分待ちじゃ?90分待ちか!わかった!次おさえとけー!」「モエちゃん空いとるかー!」「なんでモエ休みなんじゃ!」「ワシの客は上等じゃなきゃアカンのじゃ!しっかりモエの出勤管理せぇ!」・・・いつもこんな感じです。イラッときますよね?コレにB店のアキラ・ジンのコンビが黙ってる訳がない・・・水商売ランキング

      13
      テーマ:
  • 04May
    • ジン、BMWを買う

      夜の仕事をしてる連中は、やはり見栄っ張りだけあって車だけは良いモノに乗ってます。そして当グループは空前のセダンブーム。社長はセルシオ30後期(白)送迎係のヨシユキはシーマF50(黒)アキラはマークX(白)そして、後のメンバーは私とリュウヤが軽自動車、ジンがオデッセイに乗っています。そんな車事情の当グループでしたが、先日とうとう動きがありました。リュウヤが車をTOYOTAのアリスト(白)に乗り換えました。「お~!いいね~!アリスト!」「サイコーですよ!めっちゃ歩くし!はーもサンもセダン買いましょう!」※"歩く"とは沖縄の言葉でスピードが出る、走るといった意味があります「俺はそんな車に興味ないし、それに今セダン買ったら嫁さんに殺されてまうよ~」私とリュウヤがアリストを前に談笑してたところ、そこにジンがやってきました。「いいな~!リュウヤ~!超カッコイイ!」「ありがとうございます!アリスト最高ですよ!でもジンさんのオデッセイも綺麗ですよね!」「いや~俺もセダンがいいなぁ~」「いいなぁ~」「いいなぁ~」ジンが羨望の眼差しでリュウヤのアリストを見つめてます。「俺も・・・イイ車乗ったら彼女できるかなぁ・・・・」「え・・?車は関係ないんなじゃないかな」「いやー、でもモテたいっす!」「・・・(車の問題じゃないと思うが・・)」ジンは見た目もポッチャリで髪型ももっさりして不潔感があり、そのうえネガティブな性格のため、モテません。「付き合いですから」と口実によく他店のソープに行ってます。そんな奴が車が変わったからってモテるわけがない。いや、オデッセイも十分イイ車だし、彼は見た目によらず車は綺麗に乗ってる。今の車でも全然非モテ要素はない。それに今あんま金ないとか言ってたから、無理して車買うと余計悪循環じゃ・・・ま、他人の事だからどうでもいいか。そして、このやり取りから2週間後。ジンが車を新調しました。セダンです。なんとBMW!しかも左ハンドル!「いやぁ~、思い切って買っちゃいましたよぉ~!」「凄ぇ!思い切ったね!カッコイイ!(・・でも似合わんな)」「なんとかローン通りましたよ!」正直私は外車に詳しくなく、かろうじてベンツでしたら種類がわかるくらいの知識でした。BMWは全くわかりません。なんか型式は320iというらしく、良いのか悪いのかよく解りませんが、リュウヤいわく良いグレードのやつとの事。「ジンさん凄い!超カッコイイ!センスいいですね!」どうやらリュウヤはヨイショでもなく本気で言っています。「これでクリスマス迄には彼女できないと、俺泣いちゃいますよ~」「うぅ、車と彼女は関係ないんじゃないかな?笑」「いやー、絶対GETしますよぉ~!」だから車は関係ないって・・・果たして彼に春は訪れるのだろうか・・・・水商売ランキング

      14
      テーマ:
  • 02May
    • なんでそんな店いくん?

      呼び込みをしてると必ずとも言っていいほど出くわすのが"もう終わった客"「こんばんはー!お遊びどうですかー?」「もう行ってきましたー」「あ、すいませーん」もう遊んできたなら仕方がない。これ以上声をかけても意味がない。終了ですね、普通なら。しかし辻のカリスマことカンザキさんは違います。いつものように私の店側から来る通行人に声をかけます。「すいません、もう終わりましたー」やれやれ、またか。終わったのなら仕方ない。そして、私の店を通過してカンザキさんの店の前を通ろうとした瞬間。「ハズレたでしょ?」一瞬、通行人の顔がピクッとしました。が、これだけでは止まりません。普通に歩き出そうとしますが…「タクシーやろ。タクシーはアカンて。アイツら無理やり客つっこんで紹介料もらってるから。タクシーはエグいっすわー」その瞬間、足が止まりました。「やっぱタクシー駄目なんですね」「アカンよー、アイツらなんでもアリやから」「運転手さんが"僕は店員さんと顔見知りだから大丈夫だよ"って言ってました。凄い親切だなと思って、それで紹介されたんですけど、店員さんも凄いテキトーで、ハイ、ハイ、みたいな感じで…若い娘って言ってたのに凄いオバさんが出てきました…」「あぁー、完全にハメられとるわー!お店がタクシーと繋がって客紹介してマージンもらってるんですわーそんなんやらんと客入れきれん店やから。なんでそんなしょーもない店行くん?」「あ…その…沖縄初めてなんで運転手さん信用して…」「普通に考えたらオカシイでしょ?なんでタクシーの運ちゃんがそんなに親切にすんねん!美味しい話には裏があるから。ウチも昔はタクシー使ってたけどクレーム多いから辞めたんよ。そんな無理やり遊んでもらっても嬉しくないやん?どないするー?このまま帰ってもエエん?どうせやったら気持ちよくなって帰った方がエエんちゃいますか?今ウチで空いてるのは30代後半のサービス重視の娘しかおらんけど、若くてエエのが良かったら協力店も紹介しますわ」横で見てた私は衝撃を受けました。なんで、あんなにお客様に対して上から目線の話し方でいけるのか。それでいて説得力がある。声をかけられた人も、もうおかわりモードです。「その30代後半の人の体型はどんな感じですか?」「細いよー。デブではない、これは確実。でもオバさんやで!でも顔は綺麗やし、マットは上手でサービス重視やからリピーターは多いですよ。お兄さんは既に1回遊んできてるし、もしウチで入ってくれるんやったら少しは安くしますわ」「わかりました!では…その人でお願いします!」なんと、決まってしまいました!3000円引きの50分13000円で確定。もちろんチェンジなし。お客様を案内した後、カンザキさんが外に出てたので、私とリュウヤはすぐさま声をかけました。「カンザキさん・・・さすがです!もう遊び終わった人をもう一回入れるなんて、凄すぎです!」「諦めたらアカンて。オカワリは結構あるでー」「というかオバさんつけられたのに、またオバさんで入るなんて(笑)」「ホンマやで(笑)ちなみにホンマは40代半ばや」「えぇー!大丈夫っすか!?」「この娘は40越えてるけど、30後半で通じるほど見た目も悪くないし、サービスはホンマにエエから大丈夫や」そんな立ち話をしてる内に、お客様がOUTしました。「ありゃっすー、どんなんやったっすか?良かったでしょ?」「いやー、最高でした!これで気持ちよく帰れます!ありがとうございました!」「でしょ!?ほなまた来てくださいねー!ありがとうございやす!」なんと、お客様はウキウキで出てきて帰っていきました!「やろ?満足してたやろ?」「本当だ!凄い!なんでですか!?オバさんつけられたのに!」「ちゃんと説明しないからさ。まぁ、オバさんで入ったのはたまたまや!アレで若いのがエエ言うてたら若いのつけてたよ?ほなちゃんと説明して納得したからオバさんつけたんやで。これでエエんよ。皆んな説明せーへんからアカンねん」私達は感心しきりです。本当にこの人の接客は勉強になる。まさに"生きた教科書"です。この接客を見て、接客に対する心構えが、私の中で少しずつ変わってきました。顧客満足度・・・それは女の子頼りではなく、スタッフ対応でも確実に左右される!カンザキさんの真似はできない。でも、少しでもこの接客術を参考に自分の色を出せれば・・・そしてそれに女の子が応えてくれれば・・・きっと最高な店になるに違いない!「あっ、そういえばカンザキさん、なんであのお客さんハズレたって解ったんですか?それに、タクシーって」「あぁ、それな。それは・・・・・適当や!ハハッ!」水商売ランキング

      14
      1
      テーマ:
  • 30Apr
    • ホテル到着

      私は市内の少し外れの方にある△△ホテルに向かいました。車で20分。文字にしてみると、さほど遠くないように見えますが、忙しい時間帯に一時間近く人員が1名欠けるのは店にとって痛手です。△△ホテルは少し大きめのリゾートホテルで、観光客に人気です。私がホテルに到着した頃には、既に0時を越えており、薄暗いロビーは不気味さを感じさせます。「すいません」「はい、いかがなさいましたか?」私はセガワさんから聞いた情報を元に、深夜のフロントの人に問い合わせました。「あの…埼玉からきたオオタケさんて方と会いたいのですが…今日からチェックインしてると思います」「部屋番号はご存知でしょうか?」「それが部屋番号が分からないんです」「申し訳ございません。部屋番号を存じてなければご案内できかねます…現在でも200以上の方が泊まられてますので、探すのも困難でございましてして…」「そうですよね…失礼しました」そりゃ、そうだよな。一気に目の前が真っ暗になりました。この△△ホテルは、市内でも有数の大型リゾートホテル。部屋数は全部で300以上あります。そりゃ名前と出身地だけで、それもホテル側のスタッフが少ない深夜の時間帯で探すなんて無理にも程がある。どうしよう・・・あっ!私は肝心な事を忘れてました。これさえ聞けば間違いなく解るハズ!私はセガワさんに電話をかけました。「セガワさん!さっきのお客様の電話番号わかりますか!?」「それがのう~ワシの名刺は渡したのじゃがお客様の番号は聞いとらんのじゃ~というかお前、番号知ってたらとうにワシが連絡しとるわ!笑」「アハハ!そうですよね~!すいません…」「明日の15時の便で帰る言うてたからの~、となったらリピートの電話も来んはずやし・・・すまん!難しい!」「わかりました!すいません、ありがとうございました!」どうしよう。諦めるか…まぁ16000円で済んだから安いもんか・・・でもな・・・悔しい!どうしよう?リュウヤに穴埋めさせる?いや、俺の指導不足だろう。俺が穴埋め?いや、二人で折半?それもなんかな~、うーん・・・もう既に諦めモードに入ってたところ・・・なんと、あのお客様がホテルの中に入って来ました!「あ!お客さん!お金!」「あぁ!ハイ!いくらでしたか?」「16000円です!」「すいません、どうぞ」「いえいえ、こちらこそ。ありがとうございました!」なんと偶然にもお客様と遭遇してしまいました。これでなんとか穴埋めせずにすみそうです。それにしてもあの客・・・話早かったかな・・確信犯か・・・ま、別にいっか。ちなみに現場はこちらです。30代サラリーマンランキング面白かったらクリックしてね♪

      16
      テーマ:

プロフィール

はーものプロフィール

はーも

性別:
男性
自己紹介:
沖縄在住。脱サラして自営業するも失敗し多額の借金。。。 どん底から立ち直り『普通』になる事を決意し複...

続きを見る >

フォロー