◇フランスでは国民の40%以上が利用する“漢方”のような存在


 ホメオパシーは、欧米を中心に行われている代替療法の一つで、日本でいう漢方のような位置づけにあります。フランスでは国民の40%以上の人がホメオパシーを利用しているとされ、ヨーロッパの多くの国では西洋医学に基づく治療とともに保険が適用されています。
 日本でもここ数年ホメオパシーを希望される人が増えてきていますが、受ける前にまず、どのような医療かを理解することが大切です。



◇自然治癒力を高めるホメオパシー薬は3,000種余り


 ホメオパシーは約200年前にドイツ人医師のハーネマンが体系づけた医療です。ハーネマンはマラリアの治療薬のキナ皮(キニーネの原材料。マラリア熱の特効薬として17世紀~18世紀に用いられていた)を服用したときに、マラリアと同じような症状が自身に起こり、その後、その症状が消失するのを経験しました。このことから、ある症状を引き起こすホメオパシー薬(レメディ)は、それと類似した症状の治療になると考えました(類似の原則)。
 たとえば赤たまねぎ由来のレメディは、たまねぎを切ったときのように鼻水や涙が出る花粉症に用いられます。また、不眠症の人にはコーヒー由来のレメディで対応できます。ホメオパシーでは症状を、病気を治そうとする力(自然治癒力)が働く戦略としてとらえているのです。
 ハーネマンはキナ皮を最初に服用したとき、濃度が高く毒性が強かったことから、レメディをつくる過程で段階的な希釈(濃度を薄める)を行い、最小限の投与量を決めました。さらに、希釈の際に激しく振とう(振り動かすこと)することでレメディの“ポテンシー(効力)”が高くなることを発見しました。現在では3,000種類以上のレメディがあります。極度に希釈されていますので、からだにとって安全だと言えます。



◇さまざまな病気に対応可能 一時的に症状が悪化することも


 従来の治療は症状を抑制したり取り除くことを目的としていますが、ホメオパシーではからだの持つ自然治癒力に働きかけ、“病気の人”一人ひとりに合わせて治療を行います。ぜん息、アトピー性皮膚炎、リウマチ、片頭痛、更年期障害、うつ病、がんなど、いろいろな病気に対応が可能です。ホメオパシーがどの程度役に立つかは、病気の重症度によります。また、従来の治療にホメオパシーを併用することもできます。
 一方、レメディを服用すると症状が改善するだけでなく、一時的に悪化したり、ハーネマンのようにレメディによる症状を経験することがあります。このようなときに、その症状が病気によるものかどうか、どのような医学的対応をすべきかが大切になります。そのため、医学知識や臨床経験のない人が、病気の人にホメオパシーを行うことは危険です。


出典:ヤフーヘルスケアコラム

食物アレルギーの検査

テーマ:

◇ママが食べた卵などが母乳経由で赤ちゃんに・・・


生後数カ月の赤ちゃんの湿疹がなかなか治らない、授乳の後に皮膚が赤くなる、かゆがる、といった場合は、食物アレルギーの疑いがあります。乳児期には食物アレルギーが関係してアトピー性皮膚炎を発症させるなど悪化の原因になることがあり、このような時期の食物アレルギーには母乳や人工乳からのアレルゲンが影響していると思われます。ママが食べた卵や乳製品などがアレルギーの原因食物(アレルゲン)となって母乳を通じて赤ちゃんの体内に入り、アトピー性皮膚炎を引き起こしている可能性もあるのです。



◇離乳食を始める前に「食物アレルギー診断」を


食物アレルギーの疑われる赤ちゃんが離乳食を始めるときには、細心の注意が必要です。知らずにアレルゲンとなる食物を食べてしまうと、即時型のじんましんや発赤などの症状のほか、非即時型の湿疹や皮膚炎の原因となることがあります。0歳児のおもな原因アレルゲンは、鶏卵、乳製品、小麦。離乳食を始める前に「食物アレルギー診断」を受けて、こういった食物を食べても大丈夫かどうか調べておくと安心ですので、きちんと医療機関を受診しましょう。



◇「食物アレルギー診断」の流れ


・問診
乳児アトピー性皮膚炎のおもな症状は湿疹です。いつごろから、どの部位に、どのような湿疹ができたのか、かゆみは強いのかを、医師に伝えましょう。母乳を飲ませている場合は、ママの摂った食事の内容をメモしておくと、原因アレルゲンを明らかにする手がかりとなります。
 ↓
・血液検査
アレルギーは、血液中にあるIgE※という物質が関係していることが多く、何に対してのIgEがあるか、どのくらいの量なのかを調べることが重要です。この検査では一度の採血で複数の原因アレルゲンについて調べることができます。
 ↓
・皮膚テスト
直接皮膚でアレルギー反応を調べる検査。皮膚にアレルゲンの食物のエキスをたらして針を刺すプリックテストや皮膚にひっかき傷をつけてエキスをたらし反応をみるスクラッチテストがあります。この検査は、体調や服用中の薬剤の影響をうけることもあります。
 ↓
・食物除去試験
食物除去試験では、原因アレルゲンと疑われる食物とその加工品を食事から完全に取り除くことによって、症状が出なくなるかを観察します。除去期間の目安は2週間前後。授乳中のときは、ママの食事からも除去する必要があります。
 ↓
・食物負荷試験
食物アレルギーの診断には、血液検査や皮膚テストの結果を参考にしながら、最終的には食物負荷試験(原因アレルゲンと疑われる食物を与えて反応を調べる検査)が必要ですが、この検査が受けられるのは1歳をすぎてから。負荷試験では強い症状が出ることもあるので、必ずアレルギー専門医が行ないます。


※IgE
「抗体」は免疫機能のひとつで、本来は外敵から身を守る役割を果たしていますが、これが自分の体に悪影響を与えるのが「アレルギー」。
「IgE」はおもにアレルギーを起こす抗体で、アレルギーの原因物質(アレルゲン)と反応すると、さまざまなアレルギー症状を引き起こします。



◇食物アレルギーは年齢とともに治ってくるの!?

乳児アトピー性皮膚炎の治療には、「食物アレルギー診断」に基づいた除去食療法、スキンケア、外用薬、抗アレルギー薬などが用いられます。食物アレルギーは年齢とともに改善されていくことが多いので、一定期間原因アレルゲンを除去した食事を続けた後に再度血液検査、負荷試験等を行って、問題がないと診断されれば食べられるようになります。



出典:ここカラダ 病気事典

鉄欠乏性貧血は、もっとも多い貧血です。血液検査により鉄欠乏を示す種々のデータがそろえば診断は容易です。重要なことは、鉄欠乏をきたした原因の検索です。


【鉄欠乏の原因】

鉄欠乏を起こす原因は、摂取不足、需要の増大、過剰な喪失、吸収不全などが挙げられます。

1回の妊娠で、胎児に利用される鉄、分娩時の出血や授乳などで失われる鉄を合わせると、約1gの鉄が失われるといわれています。

また女性は、月経などで鉄を失う機会が多いので、鉄欠乏性貧血が若い女性に多いのは当然といえます。

成人男性や、閉経後の女性の鉄欠乏性貧血は、まず消化管出血(胃[い]・十二指腸潰瘍[じゆうにしちようかいよう]、胃がん、大腸がんなど)が疑われます。痔[じ]からのたびたびの出血でも鉄欠乏性貧血が起こります。



貧血に気づかないことが多い

貧血の一般の症状である顔色が悪い、動悸[どうき]、息切れ、疲れやすい、耳鳴り、集中力の低下、寒さに敏感などのほか、鉄欠乏症が高度になると、爪がもろく欠けやすくなり、そり返って中央部がくぼんだスプーン状になる(スプーン状爪)こともあります。また、口角炎、食道粘膜が萎縮して食べ物が飲み込みにくくなる嚥下障害[えんげしようがい]や、幼児では普通は口にしないものを食べる異食症[いしよくしよう](泥、粘土、氷などを食べる)がみられることもあります。

鉄欠乏性貧血は徐々に進行してくることが多いので、からだがその状態に慣れてしまい、貧血の程度が強いわりに自覚症状が軽い人が多いのは驚くほどです。

鉄欠乏の原因となる基礎疾患が存在する場合でも、それに伴う症状がみられるとは限りません。



鉄欠乏の対処法と治療


【正しい対処法】

鉄欠乏性貧血はもっともありふれた貧血です。そのために、貧血があるというだけで、正しい検査、診断をしないまますぐに鉄剤を処方する医師、あるいは鉄の入っている増血薬を買って服用する患者さんをよく見かけますが、これは有害無益です。鉄剤を服用する前に、鉄欠乏性貧血であることをもう一度確認してください。

もうひとつ大切なことは、鉄欠乏を生じた原因(例えば消化管の潰瘍[かいよう]、がん、子宮筋腫など)を明らかにし、それに対する適切な治療をすることです。

鉄欠乏状態は、鉄剤を服用すれば治ります。食べ物から摂取できる鉄の量は限られているので、食事療法だけで“貧血”を治すのに必要な量の鉄を補充するのは無理です。

鉄含有量の多い食べ物を表7―1に挙げましたが、もっとも含有量の多い乾燥ヒジキ、焼きのりでも1日200~300g、レバーは1kg食べないと鉄剤1錠と同量の鉄を摂取できないからです。



【鉄剤の正しい飲み方】

治療は鉄剤の経口投与が中心になります(1錠中に鉄として50~100mgを含有しており、1日1~2錠の服用で十分です)。吸収された鉄はまずヘモグロビンの合成(貧血の改善)に使われるので、自覚症状がとれ貧血が改善してきても、まだ貯蔵鉄は回復していません。その回復には貧血改善後さらに2~3カ月間の経口鉄剤投与が必要です。したがって、貧血症状が改善した時点で勝手に内服を止めるのは愚かなことです。

鉄剤服用による副作用としては、時に軽い腹痛、食欲低下、便秘あるいは軟便を訴える人がいます。こうした症状が強ければ医師に相談して、別の薬に変更したり、1回の服用量を減らすか、毎日服用できなければ1日おきの服用でもかまいません。また、副作用ではありませんが、鉄剤服用中は便が真っ黒(タール便)になることを、知っておいてください。


出典:ここカラダ 病気事典