はじめのブログ|いわき農園 -5ページ目

環境保全型農業

今日は北上のさくらホールに行ってきました。

岩手県主催の「いわて環境保全型農業推進セミナー」に参加してきました。

秋田県有機農業推進協議会さんとオーガニック雫石さんの2団体からの講演でした。

 

秋田県有機農業推進協議会さんでは、2010年からオーガニックフェスタを開催していて、有機農産物の販売のほか、各種ワークショップの開催、イベントに賛同していただいている方々の出し物など、年々盛り上がりを見せているようです。

岩手でもオーガニックフェスタは開催されています。確か8月。。。

毎年案内は来るものの忙しい時期で参加したことないですが、今年こそは!と毎年思ってます。

 

年々、オーガニックの需要は広がりを見せているようですが、どうしても生産性が低いために値段は高めになってしまいます。それが、ブレーキをかけてる面は否めません。

 

有機農業といえば、農薬や化学肥料を使わない農業と言われてますが、本来は環境に負荷をかけないことが本当の意味合いです。環境問題がたびたび取り上げられる昨今、素晴らしい考えですが、日本の農家みんなが有機農家になったら大変です。ただでさえ食糧自給率が低いのに、さらに低くなるでしょう。食べ物の争奪戦が始まるかもしれません。

 

有機農業は慣行農業(農薬や化学肥料を使用する農業)で生産性を確保できているから、成り立っているいるのかもしれません。農薬も適正に使用すれば安全性は科学的に証明されています。

一昔前のように食糧不足の時代であれば、とにかく生産性をあげることを最優先に掲げていたかもしれませんが、今は飽食の時代です。食べたいものを選べる時代です。それはそれで、食品の廃棄など問題はあるので、必ずしもいいことではないのですが。

 

とにかく私はこの時代に農業をやることになったので、自分の子供たちや次世代にいい環境を残すためにも環境にやさしい農業を続けたいと思います。

 

オーガニックというと農業のイメージがあると思いますが、農業以外でも環境問題には様々あります。

そういう意味でのオーガニック意識の裾野が広がればいいのではないかと思います。

 

ポケットマルシェ始めました!

「ポケットマルシェ」という、全国の農家さんや漁師さんが出品するスマホの中のマルシェに、いわき農園のお店が開店しました!

まずは、採り始めたばかりの寒締めほうれん草です。
1月になると土が凍って採れなくなるので、12月限定になります。
寒さに耐えて、甘いです。

以下のリンクから商品がみられます!
ぜひ、のぞいてみてください。
 

甘~い!岩手の寒締めほうれん草 | いわき農園 | 農家漁師直送のポケットマルシェ

寒締めほうれん草

寒締めほうれん草収穫始まりました。
冬の風物詩。この時期だけ、冬の寒さにあたって、じっくり育ちました。
特に岩手の厳しい寒さの中で育つため、普通のほうれん草に比べると格段に甘いです。
寒さにあたることで、凍らないように水分含量を減らし、糖分を蓄える性質があるためです。
ビタミンCも夏場の3倍あるそうです。

それでも今年は台風19号の影響で直後は葉っぱが黄色くなってダメかと思いましたが、時間が経つにつれて、少しずつ緑が戻ってきて、収穫できるまでに復活しました。一部ダメになったところもありますが、植物の生命力はすごいです。

1月になると土が凍って収穫できなくなるので、12月勝負です。



4Lほうれん草

加工用ほうれん草の出荷始まりました。

 

通常の規格よりも大きくして出荷します。

スーパーに並んでるサイズがMとかLとすると、4Lサイズくらいです。

大きいのは50cmくらいあります。

お客さん曰く、大きいほうが茎葉がしっかりしていて調理して店頭に並べててもしっかりしているとのこと。弱々しいほうれん草だと、干からびたようになるそうです。

 

東京の「えびすDaikoku」さん。

デパ地下の総菜コーナーに10店舗くらい展開してます。

 

3月まで出荷し続けます。切らさないように生育管理油断できません。

 

ラディッシュ収穫

ラディッシュ3年ぶりくらいに作ってみました。
ブログの更新も3年ぶりくらいにやってみました。
気まぐれもいいとこで、ほんと適当人間だなぁと思ってます。
ラディッシュはお客さんからの注文で作りました。
ラディッシュのドレッシング作るそうです。
うーん、ラディッシュのドレッシング。。。
どんな味になるのか、できたら買ってみます。
楽しみです。