ぎゅうちゃんのエコ家庭菜園
家庭菜園向きの技術を模索し、同じく家庭菜園に精を出しているみなさまの参考になれば幸いです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

●ピザ生地作ろう ステイホーム

時間のかかるピザ作り 

ステイホームでも退屈しません。6時間かかります。

ただし足腰痛くなります。

以下お試しください。

 

材料

・小麦粉 2キロ・・ホームベーカリー用がよく膨らむ

・牛乳 1233cc・・レンジで60秒程度温める

・ドライイースト 53g

・砂糖 200g

・スキムミルク 80g

・無塩バター 150g・・電子レンジで30秒程度溶かしておく

・塩 30g

・オリーブオイル 60g

 

作り方

材料をまぜる、チューインガムのように手にくっつく。

さらに、こねてこねてこねて・・200~300回こねると

だんだんに発酵が進んで手にくっつかなくなります。

けっこう時間がかかります。

大きなひとかたまりになる。

たたくと、ボテボテと鈍い音がする。

たぶん発酵が進んで気泡ができつつあるようです。

 

6等分する。

カップに入れて、さらに発酵させる。

カップに半分だったものがあふれるほど発酵する。

暖かい時期なら室温で発酵がすすむ。

寒い時期はオーブン発酵させる。

けっこう時間がかかる。

 

ふくれた一個を4等分する。

 

4等分の一個を手の平で大福餅のように丸める。

のし棒で薄っぺらく広げるとできあがり。

6個×4個=24枚できあがり

けっこう時間がかかります。

 

好みの材料を載せて焼く。

 

6等分の一個でくっつきパンを焼くこともできます。

 

ステイファーム

しばらくご無沙汰してすみませんでした。

決算書作り、休業補償申請書作りなど面倒で慣れない業務に苦闘しています。

いましばらくブログアップがおろそかになります、すみません。

 

畑に一人

上流側の橋から、下流側の橋の間が500メートル、広大な畑ながらほとんど耕作放棄地です。

サラリーマンが一人日曜菜園を楽しんでいます。

ソーシャルディタンス500メートル。密集密接を防げます。

 

一人じゃなかった、タヌキがいました。

 

クジャクもいました。

長いこと畑を耕していてはじめてクジャクをみました。

どこかで飼われていたのが逃げ出して、野生化したのかと思います。

 

 

この時期畑はたくさんの仕事があって、家にいることはできません。

苗作り

ジャガイモのマルチ穴開け

スナップエンドウに支柱立て

レタスやキャベツの収穫

 

最大の難事業は昨年秋の台風で埋まった畑の回復です。

元のマルチの上にゴミがたくさん、そのゴミを除いたら土砂が10センチほど滞積しています。

ゴミと土砂を撤去したのち、暴草シートなどで覆います。

流木を重しに使います。

洗って使おう つかいすて。

●菜の花ウォーキング

畑のある里川の両岸に菜の花が満開になりました。

 

土日家庭菜園を3時頃終わりにして、2時間ほどノルディックウオーキングしています。

四国お遍路の鍛錬のためです。

この土手では、老人の散歩だったり、若者のサイクリングだったり、以前から少し見られました。

 

近頃 コロナウィルスで学校休校などの影響で、土手を行く人が多くなりました。

混雑することはありませんが「こんにちは」「こんにちは」とあいさつするタイミングが増えました。

 

散歩する家族

ウォーキングする夫婦

ローラーボードの兄弟

自転車乗りする家族

・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「上手だね」

「ありがとう」「お姉ちゃんとお手々つないでるの」

 

 

「里川左岸4km」のところに借りている畑があり、その日の気分で

・上流側「里川右岸9㎞」まで往復

・下流側「久慈川左岸海から3.5km」まで往復します。

距離にして8~10km、往復約2時間、1万2000歩ほど。

標識は500メートル毎に設置されていて、距離がわかりやすいです。

 

 

 

ここまで来ると常磐線の鉄橋が見える。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>