豊島区池袋の行政書士 宗岡司のブログ

豊島区池袋の行政書士 宗岡司のブログ

建設業・宅建業などの各種許認可、相続や遺言のご相談はお任せください!

$トライアンフに乗っていた「行政書士」 宗岡司のブログ-バナー 宗岡行政書士事務所へのお問い合わせはこちら からお願いします。

というわけで11時20分、クライムオン!


なんかRPGのような禍々しいところだけどもう少し季節が進むと雰囲気が変わるのかな?

雪山のときと雰囲気が全然違うなと思いながらあっという間に2110メートル地点に到着

約1時間で幸徳平に到着


君はそんなに高い看板だったのね。春だから看板も成長したのかな?(違う)

誰だお前は!
というぐらい景色の変わっている登山道

アルプスも八ヶ岳も北側斜面は雪が残っているけど雪解け完了まであと少しな雰囲気ですね。

岩ゴロゴロゾーンが見えてきました。
岩ゴロゴロ・・・?


写真で見たから既視感があったのですが、自分が知っているのはもっとこう……滑らかだったような?
2月と変わりすぎ!?!?!?

雪の下はこんなことになってたんだなぁと思うと同時に、どんだけ雪が降ってるんだと改めて思いました。
頑丈そうな岩をポンポン上って行けばもう頂上です。

13時には頂上に到着!
2時間切ったのはなかなかのタイムだったのではないかと。
少し曇天だけど風が穏やかだったからよしっ!


親子で来られている方の近くで一緒に八ヶ岳を見ながらお昼ご飯

改めて見ると編笠山みたいな山頂だ
これといってすることもないのと温泉に入りたかったので、少し休憩をして13時20分に下山開始

帰りに少しヒュッテ方面を回ってみたら、前回は雪に埋もれていたヒュッテの全容も明らかに
蓼科は大小さまざまな石が転がっているので、下りのスピードがあまり出ない……
何度か足が持っていかれそうになりつつもなんとか登山口に到着


ルートミス確認のために茶屋の横のこちらを降りて行くと答え合わせができました。
※登山道に怪しげな糞があったので、このルートを通る場合は気を付けた方が良いかも知れません
そんなわけで15時45分、無事に親湯入口に戻ってきました。

蓼科温泉もおったのですが


時間に余裕もあったので、行きたかった小斉の湯へ

フロントにはワンちゃんがいました。
こちらの温泉は面白くて、男性は露天×2、内湯×1、貸し切り(別料金)があって、どれも独立しているので入る温泉を選ぶ形になります。
全部入ることも可能ですが、離れているため身体を拭いて着替えなければ移動できません。

ということで景色が良いらしいところにしました。
親子が入浴されていたのですが、ほぼ入れ替わりだったので景色も良くて広々とした温泉を1人で堪能
こちらのお宿は冬には氷瀑が作られていて有名とのこと


冬にバスで通ったときは全然気づかなかったな
温泉のすぐ近くがもんがく平別荘地入口バス停になっているので、そこからバスに乗って茅野駅に戻ります。
帰りのバスも1人しか乗っておらず、冬のときとはえらい違いだなぁと

茅野駅では毎回立ち食いそばを食べていたのですが、この日はバスのダイヤが変わったため乗り継ぎができず約1時間電車を待つことになったので茅野駅周辺を歩いてみることに
茅野市役所の前にテンホウという中華屋さんがあるのを発見

長野県発祥のラーメンチェーン店らしいので、入ってみました。
※あとで調べて見たら長野県内だけにあるのですが40店舗を超える有名チェーン店みたいです
ラーメンを食べるとお腹を壊してしまうので餃子定食を食べました。

ちょうどいい感じの時間になったのであずさで帰京
冬のときに比べて非常に静かな登山となりました。

週半ばでは周辺の天気はいまいちだったのですが、長野方面が晴れてきたみたいなので急遽行ってきました。
前回は2月の半ばで冬山だったのですが、今回はすっかり雪も解けた春の蓼科山です。

7時に新宿を出るあずさ1号に乗って茅野駅へ
7時に新宿出発だと朝はゆっくりだなと感じるんだから不思議ですね。

2時間ほどあずさに揺られて茅野駅に到着
9時7分に茅野駅に到着して、9時20分のバスに乗り換え
バスの時刻が春仕様になっているため前回よりも出発時刻が5分早まっているので少しだけタイトになります。

時間が無いから急がないとな~といつものようにアルピコ交通の窓口でバスチケットを購入……ん?全然人がいない
チケット売場の方に「なんでこんなに人が少ないんですか」と聞くと、いつもこのシーズンはこんなもんですよと
7月頃からまた人が増えるそうです。

北横岳も蓼科も普通に登れるのにもったいない・・・!

冬は大行列で増発までしていたバスも今回は10人ぐらいしか乗っておらず、1番後ろの席でだら~っとしていました。
北八ヶ岳ロープウェイのパンフレットを見ている方が多かったので、きっとみなさんそっち方面へ行くのでしょう。

 

バスに乗ることちょうど30分、今回はプール平からのアタックにしましたので、プール平停留所で下車
※ちなみにこの時間のバスは北八ヶ岳ロープウェイ乗り場を経由して蓼科山登山口まで行ってくれます。

プール平といってもプールがあるわけではないのですが、昔はテニスコートの横にプールがあったそうです。
バスを降りた目の前に蓼科温泉があるのでプール平というよりも蓼科温泉前って感じですね。

ただ登るだけならもう1個先の親湯入口で降りるのが良いのですが、プール平の前にトイレがあるので利用させてもらいました。
それでは、10時00分、親湯入口からスタートです。

まずは親湯温泉方面へ行きます。
とってもきれいな温泉施設を横目に直進していくと広場みたいなところに出ます。
え・・・ヤマレコで見た橋が無くなっている……と少し焦りましたが、ちょっと前まであった橋無くなって今は橋?というより渡り廊下みたいなものが手前に設置され安全に渡ることができます。

 


振り返ってみるとこんな感じです。

昔はここから橋が架かっていたみたいですね。

しばらくはルートに沿って歩いて行くだけです。

笹の間を歩いていると北横岳が見えてきました。

途中、こんな感じの分岐で駐車場のようなところに出るのですが、駐車場方面ではなく看板の刺す方向の林道を進んで行きます。

これは振り返って撮った写真です。

 

で、ここからしばらく進むと竜源橋と女乃神茶屋の分岐があるのですが見事に見逃し、竜源橋に出ました……

帰り道に撮影したのですが、ここを左に進むなんて気づくわけないじゃん……

奥の川の石が重なっているところまで行ったら不正解です。

左手に見えるうっすら緑色になっている方面が正解ルートです。

このブログが誰かの役に立てば良いですね

で、こんなところに到着をしてしまい1分考えました。

じゃあいっそ裏から攻めるか……と

ルートを見てみると普通に登るよりも遠回りになる……

バスの時間もあるから無理はできんな

ということでやはり1回登ったことのあるオーソドックスルートに戻っていくことにしました。

見たことがあるけど少し色の違う道路を歩いて、予定よりも15分くらいおそくなっちゃってけど、女乃神茶屋前に到着

本当ならあの横に出てきたはずなんだがな

GW明けの影響かなんだかあっという間に土曜日になりました。

天気もいまいちでなんだかもう梅雨に入ったような感じです。

そんな中、今週は2回も東村山・西東京の方へ行きました。

 

東村山は変わらず長閑ではありますが、少しずつ駅の高架化が進んでいますね。

というわけでやはりこっち方面に来たら餃子のまんしゅうを食べて帰ってきました。

志村けんさんの銅像見るの忘れてたな・・・