確かに、悪夢のような民主党政権ではあったが、一国の総理の発言としては不穏当だったろう | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
自民党の党大会における安倍総理の挨拶の原稿をどなたが書かれたのか分からないが、安倍総理の挨拶は明らかに昂ぶり過ぎていて、傲岸不遜に聞こえただろう。
安倍政権の非を棚上げして、かつての民主党政権の非をあげつらうというのは、紳士がやる業ではない。

参議院選挙を目前にして、それだけ自民党総裁としての安倍総理の闘争心が燃え上がっているということだろうが、品はない。
戦いを目前にしているのだから仕方がない、と仰る方もおられるだろうが、心ある方々は苦々しく聞かれていたはずである。

かつて「美しい国、日本」を標榜されていた安倍総理にしては、解せないことである。

安倍総理のスピーチライターが交替してしまったのかしら。
安倍一強政治の弊害がこんなところに現れてきているようである。

安倍総理の闘争心が極めて旺盛であることを、改めて知った。

選挙に勝つためには何でもするつもりだな、と思わせるところがある。

多分、今年の国政選挙は、衆参同日選挙になる。

早川忠孝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス