創業者から見捨てられたような維新だが、たかが維新、されど維新、なんて言っていいのかしら | 弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。


テーマ:
これで本当に維新が無くなってしまったら困るな、と、実は思っている。

まさか無くなりはしないと思うが、創業者の橋下徹氏からあそこまでぼろくそに言われたら、維新の皆さんは起ち上がる元気を失ってしまうのではないか。

いつかは自民党を超える新しい保守政党が出来てくれないと、日本はずるずるとダメになってしまうんじゃないかと思って、維新の皆さんにもそれなりにエールを送ってきたのだが、橋下徹氏の一撃はすさまじかったようである。

維新の懲罰一手引き受けマンの国会議員の方がニュー維新を頻りに訴えておられるが、どうも維新全体を動かすことは出来ないようだ。

維新は、このまま衰退してしまうのかしら。

実に、勿体ないことである。
一時期は、日の出の勢いを示していたのに・・。

馬場さん、今が頑張り時ですよ。

維新のブランドをくれぐれも大事にされた方がいいですよ。

早川忠孝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス