無敵動画堂高田のブログ

無敵動画堂高田のブログ

無敵動画堂 というサークルで、アマチュアアニメを製作している者が、アニメや特撮について語ります。

 一昨日は、仕事が終わった後、友人と

「スーパー戦隊MOVIEパーティー」

を観に行ってきました。

 以下、ネタバレ有りの感想。

 今日は

 魔進戦隊キラメイジャーZERO

 の方の感想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 面白かった!

 カッコ良くて、強くて、優しくて、そして明るいヒーロー

 戦隊の基本ヒーロー像ではありますが、意外とこれが、ちゃんと表現するのは難しいようで、結果、滑ってしまっているヒーローも見受けられる、というのが、長年シリーズを観続けているファンの偽らざる気持ちです。

 

 正直に言って、リュウソウジャーは、滑っていました。

 レッド:コウが底抜けに明るいヒーローなのに対し、そのカウンター的存在が、静かな非情の戦士であるブラック:バンバであって、で、バンバのキャラクターって、およそ一般人が共感するのは不可能なものであった(当初はね)。

 序盤で外した感が強いです。

 バンバは、戦いに勝利するために、最も合理的には、ということで、マイナソーを生み出している人間を、何の躊躇いも無く即殺害しようとするキャラだった

 そんな彼が、ギリギリまで頑張って人を救おうとするコウに感化されていくのが、番組序盤のドラマではあったが、

 え? じゃあバンバって、もしかしてこれまでの戦いで何人も殺害してきている? と考えると……とてもではないが、大量殺人を犯した人を、ヒーローと捉えることは、できない

 逆に、まだ一人も殺していないとすると、

 一人目を殺すことに、つまりは初めての殺人に逡巡はないのか? それに、まだ一人も殺してすらいないのに、あんなに偉そうにコウ達に「殺すべき」を諭していたの? 上から目線で

 となる。

 無理のある設定・展開だったのだ。

 脚本の狙いとしては、コウは、一見非現実的なほどに甘いことを言っていて、それでいてそれは楽観論ではなく、苦難を乗り越え人々を救う道を選んでいるわけで、そういうところから彼のヒーロー性を強調したかったのでしょう。

 が、私には「もう、序盤から脚本が無茶苦茶」にしか見えませんでした。

 これが、リアルロボット物とかだったら、通用しますよ? バンバに当たるキャラは、これまで何人も殺してきた、と言われても、まぁ戦争ならそうなんでしょうよ、と思うし。

 でも、ヒーロー物で、あの序盤のコウとバンバの意見対立の展開は、無いです。

 

 じゃあどうすればいいのかって……

 コウみたいな、明るいヒーローって、残念ながら、現代では「非常識」「不自然」「リアリティ皆無」なキャラだと思うんですよね。

 だから、そういうキャラクターをちゃんと描きたい場合って、カウンターとして「常識人」「自然」「リアリティの有りそうなキャラ」をぶつける、でしょう!

 

 リュウソウジャーでは底抜けに明るいヒーローは「コウ」でしたが、キラメイジャーでは、全員がそういうキャラらしい

 一見不愛想に見えるブルーも、絶対あいつ、根はお茶目だぞ。

 このエピソードZEROでのレッドの行動は、

 女の子から声をかけられた後、ポーズをとって「ひらめキ~~ング!」と教室内で叫び、絵を描き始め、その絵はおよそ女性をかわいく描いたものとは言えぬ……。

 完全に奇行そのもので、今年のレッドの、非常識ぶり、奇人ぶりが窺える。

 そしてどうやら、今年は5人共こんな感じで奇人変人の集団のようで。

 どう見ても、

 毎日つまんないよね、と言っているクラスメイトの柿崎さんとか

 「無理です。私にはそんなこと出来るとは思えません」みたいなネガティブ発言を連発するマブシーナ姫の方が

「常識人」「自然」「リアリティの有りそうなキャラ」

なのだ。

 そしてマブシーナ姫の不安と悲観を証明するかのように、突然の敵襲。

 協力者:博多南氏の死(死んだふりでしたが)。

 その絶望的状況に、常識的反応として絶望するマブシーナ姫に

諦めるな! 俺達がいるだろう! その為に俺達を戦士に選んだのだろう!

 と、言葉をかける、キラメイジャー達。

 そしてマブシーナの不安を吹き飛ばす、圧倒的な強さで敵を蹴散らしていくキラメイジャーのカッコ良さ!

 その結果、まるでマブシーナのこれまでの発言が「もの凄く後ろ向きだった」とまで感じさせてしまう、作品全体から発せられる希望のオーラ!

 いやいやいや騙されちゃいけない!

 絶対、常識的なのはマブシーナ姫の悲観論の方で、キラメイジャーの5人と博多南さん、奇人だから! 変だから!

 と、ツッコミを入れたいのだが(笑)

 もうすっかり、ラストシーンではマブシーナと一緒の気分になって、キラメイジャーに希望を託す気満々になってしまう。

 そう、これだよ!

 私達の、不安な気分を吹き飛ばしてくれる、カッコ良くて、強くて、優しくて、そして明るいヒーロー。

 まさに今、そんなヒーローが誕生しようとしているんだ! という、高揚感いっぱいでたまらなくなる、そんな映画でした。

 第1話の放送が、もう、待ちきれない程に、期待!!

 

 

 EDダンス?

 プリキュアとの共演、がウリなんだろうけど、プリキュアを観ていない私には、残念ながらピンとこず。

 むしろ、いつもはあちこちのロケ地を駆使し、変身前、変身後のキャラのダンスが絶妙なカット割りで入ってくるのが楽しみなのに、

 変身後のメンバーしか踊らないし、

 ロケ地は一か所、

 声を当てているのも、このシーンではキラメイレッドとリュウソウレッドの二人だけ。

 他のメンバーは一言のセリフもなく、全員集合の派手なオーラス……という風には見えませんでした。

 正直、本編である2作への満足度がかなり高かったのに、EDで少々トーンダウンさせられた、という印象です。

 

 以上、スーパー戦隊MOVIEパーティーの感想でした。