スプリングS(スプリングステークス) 予想 | b

b

更新頑張ります


テーマ:

 

 

 

グルっぽのメンバー増えてきました!
まだまだメンバー募集しています
入ってくれる人いたら嬉しいです

 

 

 

阪神大賞典の予想

 

 

 

予想

有力馬分析【前走3角二桁番手の朝日杯FS連対馬は[0-0-1-2]】

 

◎1枠1番バールドバイ

〇7枠10番カフジバンガード

〇8枠12番マイネルファンロン

▲5枠6番ハッピーグリン

△5枠7番ビッグスモーキー

△7枠11番ゴーフォザサミット

 

 

本命はバールドバイ

 

注目したいのは前走の未勝利戦、最後の直線で内に進路を取ったが外の⑥ウインアイスバーグと前の③ダジボーグに挟まれて追い出しが遅れたが強引に抉じ開けてラスト1Fほどしか追えなかったが並びかけてきた2着馬を一瞬で突き放して0.2秒差つけて1着、ペースも決して遅くなくタイムも悪くないしラスト3Fは11.8-11.8-11.7と余力たっぷり
 

対抗はカフジバンガード

 

前走共同通信杯またはきさらぎ賞5着以内馬は過去10年で17頭出走して[2-3-2-10]、7頭が7着以下、人気より着順がよかったのは6頭、前走2着以下馬が軽視されるケースが多く期待値は高い
当日3角7(6)番手以降馬は10頭いて[0-1-1-8]、4頭が6着以内、人気より着順がよかったのは2頭のみ、位置取りを悪くしてしまう馬はイマイチ、当日3角7番手以降で複勝圏を確保した2頭が出走した年は12頭立て以下の年だった
複勝圏を確保した7頭の内6頭は2走前以前に500万下以上のレースで3角6番手以内でレースをして連対していた経験があった、唯一の非該当馬15年1番人気2着リアルスティールは2走前が新馬戦

 

カフジバンガードの前走はやや後方で2,3走前もペースが遅かったが、重賞への格上げかつ距離短縮臨戦だった4走前の東スポ杯が未勝利戦と比べて一気にペースが速かったが1着のワグネリアンと0.6秒差、2着とは0.1秒差の4着、ある程度の慣れ、ハイペースへの適性が窺える、ある程度前に位置取るか勝負どころで進出することが可能だろう

 

マイネルファンロン

 

条件戦さえ勝ち上がれていないがここ3走のレースはいづれも悪くない内容、3走前の未勝利戦がタフな馬場を先行して0.6秒差圧勝、2走前の葉牡丹賞はレイデオロ・メートルダール・トーセンバジルなど出世する馬を多く輩出するレースだが昨年は1着のジェネラーレウーノが京成杯を完勝、それと0.1秒差3着だった、また2着シャルドネゴールドも次走すぐに勝ち上がっている、前走フリージア賞は外から強襲してきたギベオンに内から抵抗を見せて0.1秒差2着、今年はまだ1走しか使っておらずまだフレッシュさがあり、2走前に小回り戦を経験とS質の活性化も施されている、また前走は掛かるような素振りを見せていたので距離短縮はいい方も向きそう

 

単穴はハッピーグリン

 

前走1800mの500万下1着馬は過去10年で6頭出走して[2-0-0-4]、5頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは1頭のみ、サンプル不足だが相性はよさそう
前走3角1番手と逃げていた馬は5,9着、重馬場と特殊馬場で参考にしづらいが2頭とも敗戦、極端な脚質はストレスが残りやすいか
勝ち切った2頭は2走前が1600mと1800m(以上)のレース続きではなかった、着外だった4頭の内2頭が2走前が1800mで1頭が2000m、勝ち切った2頭は3角5番手以内で新馬・未勝利戦1着または500万下連対、3角9番手以降で500万下連対歴がともにあるように先行・差し経験があった、2頭は父がステイゴールドとフジキセキとC系なので昇級線でも怯まないような集中力がある馬が理想か

 

ハッピーグリンは後半3F33.9秒(11.3-11.2-11.4)というレースで上がり2位の馬に0.4秒差つけて33.3秒の脚を使って2着に0.2秒差、3着に0.4秒つけていて素晴らしい内容、ペースが緩んで上がり勝負になってもステルヴィオやルーカスに上がり勝負でも負けることはないだろう

さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス