グルっぽのメンバー増えてきました!
まだまだメンバー募集しています
入ってくれる人いたら嬉しいです

 

 

 

有力馬分析

菊花賞【前走3角7番手以内の神戸新聞杯3~5着馬は(2,1,2,6)】

富士S(富士ステークス)【安田記念一桁着順馬は(0,1,0,5)】

 

 

 

回顧

秋華賞【ファンディーナが邪魔だった】

府中牝馬S(府中牝馬ステークス)

埼玉新聞栄冠賞【浦和SⅢ】

 

 

 

有力馬分析【前走3角7番手以内の神戸新聞杯3~5着馬は(2,1,2,6)】

神戸新聞杯セントライト記念日本ダービー

 

 

 

ダンビュライト 父ルーラーシップ 母父サンデーサイレンス 母母父Riverman 前走:神戸新聞杯4着

前走神戸新聞杯3~5着馬は有力馬分析のサトノアーサーの項参照

 

神戸新聞杯は休み明けの実力馬が力を発揮しやすいレースで、春のクラシックを使って神戸新聞杯で連対を外した馬は昨年のエアスピネルや09年セイウンワンダーのようによくて精々3着までに終わるケースが目立つ、今年は雨が予想され得意の重たい馬場となりそうで、そもそも特殊馬場で求められるものが変わってきそう

 

サトノクロニクル 父ハーツクライ 母父Intikhab 母母父Caerleon 前走:セントライト記念3着

前走セントライト記念3~5着馬は

 

16年11人気11着プロディガルサン11番手←3人気3着12頭立て9→10→7番手・ディープインパクト
15年7人気6着ベルーフ10→8番手←3人気5着6番手・ハービンジャー
15年12人気10着ジュンツバサ13番手←10人気3着6番手・ステイゴールド
14年10人気4着タガノグランパ12番手←新潟10人気3着8番手・キングカメハメハ
13年不良7人気5着ケイアイチョウサン12番手←2人気5着15番手・ステイゴールド
13年不良15人気7着アドマイヤスピカ14番手←6人気3着13番手・キングカメハメハ
12年11人気5着ラニカイツヨシ15→9→4番手←8人気5着15番手・タヤスツヨシ
12年12人気7着ダノンジェラート16番手←4人気3着6番手・ディープインパクト
12年8人気10着エタンダール9番手←5人気4着10→7番手・ディープインパクト
11年7人気5着サダムパテック2番手←1人気3着10→8番手・フジキセキ
11年6人気17着ベルシャザール8→4→6番手←2人気4着3番手・キングカメハメハ
10年6人気11着アロマカフェ7番手←2人気3着4角4番手・マンハッタンカフェ
09年7人気2着フォゲッタブル7→9→7番手←7人気3着4角8番手・ダンスインザダーク
09年5人気11着アドマイヤメジャー12→5→6番手←1人気4着3番手・アグネスタキオン
08年6人気18着ノットアローン1→6→4番手←5人気3着4番手・アグネスタキオン

前走セントライト記念3~5着馬は過去10年で15頭出走して(0,1,0,14)、5頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは5頭、14頭が6番人気以下内6頭が二桁人気と人気薄ばかりだが、相性は悪い
唯一複勝圏内を確保した09年フォゲッタブルは2走前に1000万下で連対、3走前は8着に負けていた、それほど蓄積疲労はなくリズムある臨戦、また2走前は2200mと比較的長い距離を走っていた、他に掲示板に載った5頭の内2頭は2走前がダービーで4,7着だった14年タガノグランパと11年サダムパテック、13年ケイアイチョウサンが2走前にラジオNIKKEI賞1着、2走前に高いパフォーマンスを示していて前走に軽く凡走して巻き返してくる形、よくあるパターン、12年5着のラニカイツヨシは2走前が7月の中京2000mの1000万下1着3走前が6月の中京2200mの500万下1着と鮮度が高かった、3走前が2200mと比較的長い距離を使っていたのはフォゲッタブルに近い

 

サトノクロニクルは前走が休み明けで2走前が負けていてフレッシュな臨戦だがOPクラスを4戦、重賞を3戦と鮮度面は微妙、京都新聞杯2着があるがポテンシャル面も若干不足気味

 

ウインガナドル 父ステイゴールド 母父メジロマックイーン 母母父カツラギエース 前走:新潟記念4着

前走は休み明けではないが2走前から2ヶ月ほど間隔と取っていて、2走前が非根幹距離のローカル重賞、2走前に人気がなかったのは仕方ないにしても前走の10番人気は不当に評価が低く人気薄で好走したとはいえ疲労はそれほどなさそう、そもそも今回が中6週と間隔を開けての臨戦、同路線ストレスもなく距離への鮮度もあってフレッシュな臨戦、あとは距離への適性がどれくらいあるか、ステイゴールド×メジロマックイーンなので距離伸びても楽しみ

 

トリコロールブルー 父ステイゴールド 母父Pivota 母母父CommonGrouns 前走:札幌1000万下日高特別(2000m)1着

前走1000万下1着馬は

 

16年7人気6着シュペルミエール12→7→10番手←阪神兵庫特別(2400m)1人気1着13頭立て9→6→7番手・ステイゴールド
16年8人気10着ジュンヴァルカン17番手←阪神三田特別(2200m)1人気1着11頭立て3番手・ネオユニヴァース
16年10人気12着ウムブルフ5→3→2番手←札幌札幌日刊スポーツ杯(2600m)重1人気1着13頭立て7→1番手・ディープインパクト
16年13人気13着ミライヘノツバサ1番手←中山習志野特別(2000m)2人気1着2番手・ドリームジャーニー
15年4人気11着スティーグリッツ16→8番手←中山九十九里特別(2500m)1人気1着11頭立て7→4→2番手・ハービンジャー
15年9人気14着ワンダーアツレッタ16番手←阪神能勢特別(2000m)1人気1着11頭立て5番手・エンパイアメーカー
15年16人気18着マサハヤドリーム13番手←小倉玄海特別(2000m)3人気1着2角6番手・メイショウサムソン
14年7人気3着ゴールドアクター5→7→6番手←札幌支笏湖特別(2600m)1人気1着2番手・スクリーンヒーロー
14年14人気13着ミヤビジャスパー16番手←阪神野分特別(1800m)1人気1着8頭立て6番手・アドマイヤムーン
14年18人気17着アドマイヤランディ18番手←京都愛宕特別(ダ1800m)6人気1着14番手・ステイゴールド
14年17人気14着メイショウスミトモ16番手←阪神(ダ1800m)10人気1着6番手・ゴールドアリュール
13年不良3人気3着バンデ1番手←阪神兵庫特別(2400m)1人気1着1番手・Authorized
13年不良6人気6着フルーキー9番手←阪神野分特別(1800m)1人気1着9頭立て7番手・Redoute'sChoice
12年4人気8着フェデラルホール7→9→7番手←中山九十九里特別(2500m)1人気1着10頭立て5→2番手・ステイゴールド
12年6人気14着タガノビッグバン4番手←阪神兵庫特別(2400m)1人気1着2番手・フジキセキ
12年14人気15着ビービージャパン1番手←札幌ライラック賞(1800m)4人気1着9頭立て1番手・アドマイヤジャパン
11年15人気14着シゲルリジチョウ16番手←阪神美作特別(2000m)3人気1着13頭立て12番手・グラスワンダー
11年9人気15着ダノンマックイン8番手←阪神兵庫特別(2400m)4人気1着3番手・ハーツクライ
11年12人気18着サンビーム3→6→18番手←京都清滝特別(1800m)5人気1着10頭立て1番手・ネオユニヴァース
10年13人気3着ビートブラック3番手←阪神兵庫特別(2400m)5人気1着9頭立て4番手・ミスキャスト
10年11人気5着コスモラピュタ1番手←中山習志野特別(2000m)4人気1着7頭立て1番手・ロージズインメイ
10年9人気8着トレイルブレイザー8→4→5番手←中山九十九里特別(2500m)重2人気1着8頭立て3番手・ゼンノロブロイ
10年12人気14着リリエンタール12番手←札幌日高特別(2000m)3人気1着9頭立て4角3番手・Montjeu
10年15人気18着カミダノミ4番手←京都清滝特別(1800m)6人気1着9頭立て1番手・ファルブラヴ
09年8人気1着スリーロールス4角4番手←阪神野分特別(1800m)3人気1着11頭立て2番手・ダンスインザダーク
09年16人気13着キングバンブー14→7→10番手←小倉フィリピントロフィー(ダ1700m)4人気1着9番手・キングヘイロー
09年15人気17着ポルカマズルカ9番手←札幌阿寒湖特別(2500m)2人気1着9頭立て4角4番手・ティンバーカントリー
08年5人気4着スマートギア13→7番手←阪神野分特別(1800m)1人気1着13頭立て7番手・マーベラスサンデー
08年17人気10着ドットコム17番手←中山習志野特別(2000m)5人気1着12頭立て7番手・ブライアンズタイム
08年13人気13着ダイシンプラン13→7番手←東京本栖湖特別(2000m)1人気1着9頭立て4番手・タイキシャトル
08年11人気17着アグネススターチ4角2番手←阪神兵庫特別(2400m)3人気1着2番手・バブルガムフェロー
07年18人気11着ユートフォーリア6番手←京都花背特別(ダ1800m)6人気1着2番手・チーフベアハート
07年9人気12着デュオトーン10番手←阪神兵庫特別(2400m)1人気1着11頭立て6番手・タニノギムレット
07年15人気13着ブルーマーテル10→6→10番手←中山習志野特別(2000m)不良2人気1着1番手・パラダイスクリーク
07年16人気17着ベイリングボーイ10番手←阪神甲東特別(1600m)1人気1着11頭立て7番手・メイショウオウドウ

前走1000万下1着馬は過去10年で35頭出走して(1,0,3,31)、6頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは16頭
複勝圏を確保した4頭の内3頭は当日3角5番手以内、当日3角7番手だった14年3着ゴールドアクターは2角では5番手、4角では6番手だった、当日3角5番手以内馬は11頭いて(1,0,2,8)、5頭が8着以内、人気より着順が悪かったのは5頭
複勝圏を確保した4頭の父はスクリーンヒーロー・Authorized・ミスキャスト・ダンスインザダーク、マニアックな血統ばっかりだが形容すると体力があって本質的に芝向きのS系って感じか

 

条件戦組で好走しているのは夏以降に2戦以上使っている馬しかいなくて2走前に菊花賞トライアルでない世代限定戦に出走していた馬に好走例はない、しかし2走前にダービーに出走していた馬はいてもトリコロールブルーのように2走前が青葉賞って馬は1頭もいないし今年は雨と例年とは違う

 

ベストアプローチ 父NewApproach 母父Efisio 母母父SilverHawk 前走:神戸新聞杯6着

前走神戸新聞杯6着以下馬は

 

16年18人気14着アグネスフォルテ2番手←10人気7着3番手・ハービンジャー
16年14人気15着ジョルジュサンク5番手←8人気10着2角7番手・ヴィクトワールピサ
16年17人気17着イモータル17番手←7人気8着15番手・マンハッタンカフェ
15年10人気9着マッサビエル7→3番手←2人気13着11番手・ハービンジャー
15年13人気12着アルバートドック3番手←4人気7着15番手・ディープインパクト
15年18人気13着タガノエスプレッソ2番手←13人気8着11番手・ブラックタイド
15年14人気17着レッドソロモン4番手←9人気6着3番手・メイショウサムソン
14年5人気8着トーセンスターダム11番手←3人気7着10番手・ディープインパクト
14年8人気12着ハギノハイブリッド8番手←5人気6着11番手・タニノギムレット
14年15人気15着シャンパーニュ1番手←11人気11着4角4番手・チチカステナンゴ
13年不良9人気10着ヤマイチパートナー18番手←9人気10着4番手・サムライハート
13年不良16人気11着テイエムイナズマ14番手←5人気8着17番手・ブラックタイド
13年不良12人気12着ナリタパイレーツ6→3→6番手←16人気6着3番手・ジャングルポケット
12年10人気4着ベールドインパクト12→6番手←4人気10着6番手・ディープインパクト
12年17人気12着ミルドリーム7→4→7番手←6人気8着6番手・シンボリクリスエス
11年10人気16着ダノンミル12番手←7人気6着3番手・ジャングルポケット
10年16人気12着サンディエゴシチー17番手←6人気9着2番手・マンハッタンカフェ
10年14人気13着ネオヴァンドーム13番手←7人気8着1番手・ネオユニヴァース
10年8人気15着シルクオールディー13番手←4人気10着8番手・マンハッタンカフェ
09年12人気8着シェーンヴァルト3番手←8人気7着12番手・ジャングルポケット
09年13人気9着トライアンフマーチ17番手←6人気10着10番手・スペシャルウィーク
09年10人気18着アントニオバローズ3番手←2人気11着6番手・マンハッタンカフェ
08年15人気2着フローテーション13番手←14人気12着13番手・スペシャルウィーク
08年9人気3着ナムラクレセント3番手←7人気6着13番手・ヤマニンセラフィム
08年16人気9着ヤマニンキングリー10→6→7番手←5人気8着7→9→7番手・アグネスデジタル
08年12人気12着メイショウクオリア10→16番手←12人気17着3番手・マンハッタンカフェ
08年10人気15着ミッキーチアフル6→2番手←6人気7着1番手・シンボリクリスエス
08年3人気16着スマイルジャック2番手←4人気9着2番手・タニノギムレット
07年14人気7着ローズプレステージ13番手←13人気10着9番手・ダンスインザダーク
07年5人気8着フサイチホウオー9番手←1人気12着9番手・ジャングルポケット
07年10人気9着タスカータソルテ15番手←6人気6着6→9番手・ジャングルポケット
07年11人気10着ヒラボクロイヤル17番手←7人気7着12番手・タニノギムレット
07年13人気15着マンハッタンスカイ3番手←9人気8着9番手・マンハッタンカフェ

前走神戸新聞杯6着以下馬は過去10年で33頭出走して(0,1,1,31)、22頭が二桁着順、人気より着順が悪かったのは12頭、26頭が二桁人気と超人気薄ばかりだがさすがに相性が悪い
複勝圏内を確保2頭は当日3角3番手と当日3角13番手と極端な脚質、相性の悪い臨戦によくあるパターン、またこの2頭はともに08年の出走馬で、08年は前半5ハロンが58.8秒と過去10年で最速で連対した2頭は3角10番手以降の追い込み馬だった、前走6着以下から複勝圏内を確保した2頭の父はスペシャルウィークとヤマニンセラフィムとしぶといタイプで前走は3角13番手以降、単調なトライアル戦を後方から競馬をして凡走したしぶとい馬が格上げの激戦で巻き返すパターンがハマった形、フローテーションの2走前はダービーで8着とある程度長距離で実力を示していて、ナムラクレセントの2走前は1000万下1着3走前が500万下1着、蓄積疲労はなく鮮度があるフレッシュな臨戦だった
ステイゴールド産駒のゴールドシップとブライアンズタイム産駒のスカイディグニティの2角12番手以降の馬で決まった12年に出走していた2走前がダービー9着で当日3角12番手で4着だったベールドインパクトもフローテーションに近い臨戦、ベールドインパクトにアタマ差先着したのがダンスインザダークの全弟のトーセンダンス産駒ユウキソルジャー

 

ベストアプローチは速い上がりを求められたここ2走は凡走したが上がりが掛かった青葉賞で連対していて父はサドラーズウェルズ系、タフなレース質になってくれれば、ちなみにダービー以来の出走となった神戸新聞杯で馬体重を10kgを増やしたのは08年2着フローテーションと同じ

AD

土曜 結果【17/10/21】

テーマ:

 

3-4-6-19

 

 

単勝回収率 50.6% 複勝回収率 76.9%

 

 

 

新潟1R 障害未勝利戦

6枠9番ベストサポーター→11着

 

京都1R

◎7枠9番ナムラキヌ→4着

○2枠2番ピエナシニスター→7着

 

東京1R

8枠15番キタノアラムシャ→10着

 

新潟2R

8枠13番パワフルテソーロ→7着

 

京都2R

1枠1番バイラ→3着

単勝オッズ3.9倍/2番人気/複勝150円

 

東京2R

4枠5番マリームーン→1着

単勝オッズ5.2倍/2番人気/複勝230円

 

新潟3R

6枠11番パパラヴズマンボ→6着

 

京都3R

8枠8番バリエンテ→3着

単勝オッズ7.2倍/2番人気/複勝110円

 

東京3R

7枠10番エスターテ→2着

単勝オッズ4.1倍/2番人気/複勝130円

 

新潟4R 障害OP戦

◎8枠11番シベリアンタイガー→8着

○3枠3番ブライアンキング→3着

 

京都4R 新馬戦

5枠9番グリエルマ→2着

単勝オッズ3.2倍/1番人気/複勝140円

 

東京4R 新馬戦

7枠14番ダイワダンディ→12着

 

新潟5R

5枠10番チョトツ→8着

 

京都5R 新馬戦

6枠11番コンパウンダー→2着

単勝オッズ18.9倍/6番人気/複勝330円

 

東京5R 新馬戦

6枠7番メイケイゴールド→10着

 

新潟6R

5枠8番カリーニョミノル→2着

単勝オッズ3.3倍/2番人気/複勝150円

 

京都6R

8枠11番イイコトバカリ→1着

単勝オッズ5.4倍/2番人気/複勝180円

 

東京6R

3枠3番コトブキホーク→1着

単勝オッズ5.4倍/4番人気/複勝170円

 

京都7R

1枠2番ジオラマ→8着

 

東京7R

4枠5番ハイアーグラウンド→4着

 

新潟8R

6枠10番ワンショットキラー→8着

 

京都8R

5枠6番テーオーフォルテ→3着

単勝オッズ10.9倍/5番人気/複勝310円

 

東京8R

2枠2番エフティスパークル→7着

 

京都9R 北野特別

6枠6番サマーローズ→6着

 

東京9R アイビーS(アイビーステークス)

5枠5番タニノフランケル→3着

 

京都10R 古都S(古都ステークス)

4枠4番ノーブルマーズ→3着

単勝オッズ6.1倍/4番人気/複勝290円

 

東京10R 秋嶺S(秋嶺ステークス)

2枠4番スリーアロー→16着

 

新潟メイン11R 飛翼特別

5枠10番ファド→3着

単勝オッズ9.0倍/4番人気/複勝270円

 

東京メイン11R 富士S(富士ステークス)

6枠10番クラリティシチー→13着

○1枠1番サトノアレス→6着

○4枠6番エアスピネル→1着

 

新潟最終12R 十日町特別

4枠7番ルノートル→16着

 

京都最終12R

8枠14番タガノアニード→13着

○3枠5番シンゼンドリーム→4着

 

東京最終12R

2枠4番ブランオラージュ→13着

 

東京メイン11R 富士S(富士ステークス)

◎6枠10番クラリティシチー→13着

○1枠1番サトノアレス→6着

○4枠6番エアスピネル→1着

△2枠2番レッドアンシェル→4着

△3枠5番ペルシアンナイト→5着

△5枠9番ジョーストリクトリ→14着

AD

 

 

 

グルっぽのメンバー増えてきました!
まだまだメンバー募集しています
入ってくれる人いたら嬉しいです

 

 

 

有力馬分析

富士S(富士ステークス)【安田記念一桁着順馬は(0,1,0,5)】

菊花賞(穴馬分析)【当日3角5番手以内馬の前走1000万下1着馬は(1,0,2,8)】

 

 

 

回顧

秋華賞【ファンディーナが邪魔だった】

府中牝馬S(府中牝馬ステークス)

埼玉新聞栄冠賞【浦和SⅢ】

 

 

 

穴馬分析【当日3角5番手以内馬の前走1000万下1着馬は(1,0,2,8)】

神戸新聞杯セントライト記念日本ダービー

 

 

 

アルアイン 父ディープインパクト 母父Essence ofDubai 母母父GreatAbove 前走:セントライト記念2着

前走セントライト記念連対馬は

 

16年2人気4着ディーマジェスティ11→5番手←1人気1着12頭立て9→4番手・ディープインパクト
15年4人気1着キタサンブラック5→10→8番手←6人気1着2番手・ブラックタイド
15年11人気8着ミュゼエイリアン1番手←9人気2着1番手・スクリーンヒーロー
14年2人気16着トゥザワールド4番手←新潟2人気2着3番手・キングカメハメハ
13年不良4人気15着ユールシンギング11→6→4番手←3人気1着9番手・シンボリクリスエス
13年不良10人気16着ダービーフィズ12番手←5人気2着11→9番手・ジャングルポケット
12年5人気2着スカイディグニティ12→7→4番手←14人気2着7→10→7番手・ブライアンズタイム
11年3人気3着トーセンラー8→6番手←3人気2着8番手・ディープインパクト
11年4人気7着フェイトフルウォー11番手←6人気1着2角6番手・ステイゴールド
10年4人気9着クォークスター17番手←4人気1着16→10番手・アグネスタキオン
09年4人気12着ナカヤマフェスタ12番手←2人気1着5→3番手・ステイゴールド
09年14人気7着セイクリッドバレー13番手←4人気2着4角6番手・タニノギムレット
08年2人気5着マイネルチャールズ6→4→6番手←1人気2着3番手・ブライアンズタイム
08年4人気8着ダイワワイルドボア9番手←9人気1着7→3番手・アグネスタキオン
07年1人気3着ロックドゥカンブ13番手←1人気1着4角4番手・RedRansom

前走セントライト記念連対馬は過去10年で15頭出走して(1,1,2,11)、6頭が掲示板を確保、人気より着順がよかったのは4頭のみ、相性はよくない
複勝圏を確保4頭の2走前を見ると15年キタサンブラックと11年トーセンラーはダービーで二桁着順、12年スカイディグニティが1000万下で6着、蓄積疲労が少ない馬が多い、2走前が重賞(ラジニケ賞)で1着だった07年ロックドゥカンブは当日が1番人気3着と人気を裏切った
複勝圏を確保4頭の当日の3角の位置取りは3角7~13番手の差しだった、流れに入り過ぎない方が無難か

 

アルアインは前走で1番人気を裏切って2着、セントライト記念連対馬はフレッシュさが求められるので前走人気を裏切っているのは悪くない、問題は春に好走している点と先行ばかりしていて距離が持つが不安

 

キセキ 父ルーラーシップ 母父ディープインパクト 母母父ドクターデヴィアス 前走:神戸新聞杯2着

前走神戸新聞杯連対馬は

 

16年1人気1着サトノダイヤモンド8→9→5番手1人気1着8番手・ディープインパクト
16年4人気5着ミッキーロケット14番手←6人気2着11番手・キングカメハメハ
15年2人気2着リアルスティール7番手1人気2着8番手・ディープインパクト
15年1人気3着リアファル4角3番手←3人気1着1番手・ゼンノロブロイ
14年4人気2着サウンズオブアース8→4番手←8人気2着11→7番手・ネオユニヴァース
14年1人気9着ワンアンドオンリー4角6番手1人気1着13→4番手・ハーツクライ
13年不良1人気1着エピファネイア2番手1人気1着9→4番手・シンボリクリスエス
13年不良2人気13着マジェスティハーツ17番手←7人気2着17番手・ハーツクライ
12年1人気1着ゴールドシップ17→4→2番手←1人気1着8→6番手・ステイゴールド
12年3人気6着ロードアクレイム12番手←8人気2着11番手・ディープインパクト
11年1人気1着オルフェーヴル10→6→3番手←1人気1着11頭立て5番手・ステイゴールド
11年2人気2着ウインバリアシオン16番手2人気2着11頭立て7→5番手・ハーツクライ
10年1人気2着ローズキングダム10番手2人気1着12頭立て5番手・キングカメハメハ
09年1人気5着リーチザクラウン1番手←3人気2着1番手・スペシャルウィーク
09年2人気4着イコピコ16番手←7人気1着9番手・マンハッタンカフェ
07年4人気1着アサクサキングス5→2番手←5人気2着3番手・ホワイトマズル
07年2人気5着ドリームジャーニー15→8番手←3人気1着14番手・ステイゴールド

前走神戸新聞杯連対馬は過去10年で17頭いて(5,4,1,7)、2頭が9(7)着以下、人気より着順がよかったのは2頭、安定感はあるが人気になりやすく期待値は控除率分ぐらいマイナス
連対馬9頭の内7頭は前走2番人気以内馬、前走2番人気以内馬は8頭いて(4,3,0,1)、人気より着順が悪かったのは2頭のみ、全頭2番人気以内だが前走人気に応えた馬は抜群の安定感
当日3角11(12)番手以降馬は6頭いて(0,1,0,5)、着外5頭はは5,13,6,4,5着、人気より着順がよかったのは1頭もいない、ある程度ポジションを取れる馬の方が無難
前走3角二桁番手馬は6頭いて(0,1,0,5)、着外5頭は5,9,13,6,5着、人気より着順がよかったのは1頭、相性は悪い、前走9番手以内馬11頭いて(5,3,1,2)、着外3頭は5,4着、人気より着順が悪かったのは4頭、複勝圏を確保した9頭の内7頭は当日4~10番手、着外だった2頭が当日3角1番手と3角16番手の馬、無難に好位からレースができる馬は安定している、例外の2頭は差し追い込み馬だけで決まった11年2番人気2着のウインバリアシオンと不良馬場と特殊馬場だった13年1番人気1着エピファネイア

 

キセキは前走が2番人気2着で3角9番手とパッと見データ的には悪くないが、神戸新聞杯の出走頭数が14頭と少なかった今年は14頭中9番手と追い込み馬の距離延長と不安な臨戦

 

ミッキースワロー 父トーセンホマレボシ 母父ジャングルポケット 母母父Lyphard 前走:セントライト記念1着

セントライト記念連対馬はアルアインの項参照

 

2走前が休み明けで7月の条件戦を1番人気を裏切って3着と蓄積疲労があまりない臨戦、積極的に動くとは考えられずデータ的には欠点は見当たらない

 

サトノアーサー 父ディープインパクト 母父Redoute'sChoice 母母父Nureyev 前走:神戸新聞杯3着

前走神戸新聞杯3~5着馬は

 

16年6人気3着エアスピネル5番手←2人気5着13番手・キングカメハメハ
16年3人気8着カフジプリンス9→12番手←5人気4着9番手・ハーツクライ
16年5人気9着レッドエルディスト14番手←4人気3着12番手・ゼンノロブロイ
14年3人気1着トーホウジャッカル5→2番手←9人気3着7→9番手・スペシャルウィーク
14年9人気6着サトノアラジン12番手←2人気4着7→4番手・ディープインパクト
14年11人気11着ヴォルシェーブ12番手←6人気5着13番手・ネオユニヴァース
13年不良5人気2着サトノノブレス6→4番手←2人気3着5番手・ディープインパクト
13年不良18人気9着アクションスター14番手←8人気4着9番手・アグネスタキオン
13年不良11人気8着タマモベストプレイ4→11→8番手←6人気5着5番手・フジキセキ
12年7人気3着ユウキソルジャー12→10番手←9人気4着4番手・トーセンダンス
12年2人気9着マウントシャスタ7→3→1番手←2人気3着4角9番手・ディープインパクト
11年5人気10着フレールジャック2番手←3人気3着11頭立て7番手・ディープインパクト
11年8人気8着ショウナンマイティ12→9番手←4人気5着11頭立て9→7番手・マンハッタンカフェ
10年7人気1着ビッグウィーク2番手←5人気3着3番手・バゴ
10年5人気4着レーヴドリアン7番手←3人気5着12頭立て10→6番手・スペシャルウィーク
09年6人気3着セイウンワンダー7→9→7番手←5人気3着4番手・グラスワンダー
09年3人気15着アンライバルド6→7→4番手←1人気4着8番手・ネオユニヴァース
08年1人気1着オウケンブルースリ12→10→2番手←2人気3着16番手・ジャングルポケット
08年8人気6着ベンチャーナイン16→11番手←10人気4着16番手・エイシンサンディ
08年7人気11着ロードアリエス4→10→14番手←15人気5着3番手・シンボリクリスエス
07年7人気6着ホクトスルタン1番手←4人気4着2番手・メジロマックイーン
07年3人気16着ヴィクトリー3番手←2人気3着5番手・ブライアンズタイム

前走神戸新聞杯3~5着馬は過去10年で22頭いて(3,1,3,15)、14頭が8着以内、人気より着順が悪かったのは7頭、単複ともベタ買いで回収率はプラスと相性はいい
複勝圏を確保した7頭の内5頭は前走3角7番手以内馬、前走3角7番手以内馬は11頭いて(2,1,2,6)、着外6頭は6,8,10,11,6,16着、人気より着順が悪かったのは3頭、活性化に問題のない馬は好走率が高い
複勝圏を確保した7頭の内6頭は当日3角5~12番手でレースをしていた、当日3角5~12番手馬は14頭いて(2,1,3,8)、11頭が8着以内、人気より着順が悪かったのは3頭、当日3角4番手以内馬は5頭いて勝ち馬が1頭出ているが着外4頭は9,10,6,16着、人気より着順がよかったのは2頭のみとイマイチ、10年ビッグウィークが当日3角2番手で1着になった年は過去10年で決勝タイムが一番遅かった

 

サトノアーサーは相性のいい神戸新聞杯を7番手以内で3~5着に入った馬、当日は逃げたりすることもは考えづらいし好走が期待できる

 

ブレスジャーニー 父バトルプラン 母父タニノギムレット 母母父サンデーサイレンス 前走:東京スポーツ杯2歳S1着

さすがにぶっつけ本番というか、1年も休養を挟んでの臨戦は厳しいと思う、後方で構えてハマり待ちといったところか

 

1週前本命はサトノアーサー

AD

富士S(富士ステークス) 予想

テーマ:

 

 

 

グルっぽのメンバー増えてきました!
まだまだメンバー募集しています
入ってくれる人いたら嬉しいです

 

 

 

予想

有力馬分析【安田記念一桁着順馬は(0,1,0,5)】

 

◎6枠10番クラリティシチー

○1枠1番サトノアレス

○4枠6番エアスピネル

△2枠2番レッドアンシェル

△3枠5番ペルシアンナイト

△5枠9番ジョーストリクトリ

 

 

本命はクラリティシチー

 

休み明けの短縮ショッカーと買いやすいタイミング、前走はG1で相手が強かったし距離も長かった、適距離で巻き返しを期待できる、稍重での出走歴が3度あるが重馬場悪くなったのは3走前の都大路Sだけで2着、上がりの掛かる差し競馬っていうのは向くと思う

 

対抗は王道短縮の2頭、1頭はサトノアレス

 

休み明けの王道短縮とL系のディープインパクト産駒がいかにも走りそうな臨戦、活性化に不安があるので雨も悪くない

 

もう1頭はエアスピネル

 

こちら王道短縮、中距離路線の強い馬を相手にしたで楽に感じる、ここで走らないといつ走るのかという臨戦