スパゲティナポリタンを食べても胸焼けする今日この頃、皆様いかがお過ごしでせうか。
 
 さて、9月22日火曜日を持ちまして、新宿髙島屋地下1階で開催されていました「デリシャスフェア」は、お陰様を持ちまして無事に終了いたしました。
 
 今回は、当店の桃色営業部長・池本が担当しての1週間でした。期するものがあった彼なりに充実した日々を送った模様でございまして、北島三郎の如く広がっていた鼻の穴が、1週間を経て片側だけハート型に変わっちまっておりました。こんなご時世にもかかわらず、お越しくださいましたお客様、本当にありがとうございました。
 
 劇的に話は変わりますが、おかず横丁は11時〜19時の間、車両通行止の歩行者天国ですので、未就学児童が散歩に訪れたりします。
 
 四頭身くらいしかない子供たちが、大勢でゾロゾロ歩いている姿はとても可愛らしいものです。
 保母さんたちも、好奇心満々でチョロチョロする子供たちを制するのに大変な様子です。
 
 当店は、そんな子供たちがチョイと遊べるように、店頭にソフトビニール製のブタの人形を置いてあります。
 

 

 以前、沖縄土産で頂いたものですが、コイツがなかなかいい仕事をしやがりまして、脇腹部分を手で押すと、本物のブタの鳴き声のようにブーブーと音が鳴るので、店先を訪れた子供たちが喜んで遊んでいくのです。そんな姿が、からっ風の吹きすさぶ渇き切っちまった我々の心に、マイナスイオンを含んだ穏やかなそよ風を届けてくれるのです。



 

 そんなある日。



 

 保母さん2人と子供たちが10人ほどで、当店の前をまたゾロゾロと歩いておりました。

 

 その中の何人かの子は、店の中を覗き込み、おそらく覚えたばかりであろう言葉で「コンニチハ~」と可愛らしくあいさつしてくるので、私(夏川)も、「こんにちはー!」と手を振りながら、大きな声で返事をした時のことです。

 

 保母さんのひとりが絶妙なタイミングで

 

 「ホラ、ブタさんいたねぇ~」

 

 というではありませんか。

 

 「えっ??」

 

 店先のブタの人形のことなのか、はたまた店内の私のことを言っているのか?

 

 タイミング的には完全に私を指した発言の様に聞こえましたが、善良な商人にそんな暴言を吐くような攻撃的な人が、優しい保母さんになれるはずも、そもそも目指すはずもない。常識的に考えれば私の単なる被害妄想だ、そうだそうだと納得し、昼食にトンカツを食べながら、ひっそりとダイエットを決意いたしました。

 

 そしてトンカツを食べたのでまた胸焼けです。


 

 本日 夏川でした。


    ◉お店に来られない方、こちらもご利用ください→ 楽天市場 郡司味噌漬物店

 

 

 

 

 

 僕の心の中をあなたに届けたい今日この頃、皆様いかがお過ごしでせうか。
 
 暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、いつの間にかめっきりと涼しくなりました。
 
 秋の訪れとともに毎週楽しみにしていた「半沢直樹」も終り、日の入りが早くなった夕暮れ時など牛乳を飲んで気を紛らせないと胸に穴が開いちまいそうなほど切ない気分になります。そんな中、おかず横丁の有線からは70~80年代の昭和歌謡曲が流れていて、そいつがまた愛しさと切なさと心強さに追い打ちをかけるのでございます。
 
 
 こんな河原の 夕暮れ時に
 呼び出したりして ごめんごめん
 
 笑ってくれよ ウフフとね
 そんなにふくれちゃいやだよ
 
 夕暮れ時は さびしそう
 とっても一人じゃ いられない
 
 夕暮れ時は さびしそう
 とっても一人じゃ いられない…
 
 
 
 西日の差す薄暗い部屋で、灯油ストーブに火をつけながら聴いたら泣いてしまいそうです。
 
 
 劇的に話は変わりますが、先日取材を受けました。
 
 今回は、テレビではなく新聞です。しかも私や池本の出身地、北海道・十勝のローカル新聞「十勝毎日新聞」!!
 
 
 とても珍しい話かとは思うのですが、全道紙である「北海道新聞(通称・ドウシン)」よりも、夕刊のみのローカル紙「十勝毎日新聞(通称・カチマイ)」の方が、十勝の人々には多く読まれています。自然豊かな十勝(食糧自給率はなんと脅威の1100%!)の魅力を、毎日夕暮れ時に紙面いっぱいに届けてくれます。
 そんなカチマイから着目していただけることは、十勝出身者である私や池本にとって毎晩寝小便を垂れるくらい嬉しいことなのであります。
 
 まだ紙面も出ていないのに(そもそもちゃんと載るかもわからないのに)フライング気味ですが、嬉しくてコーフンしているので自慢してしまいました。
 
 無事に紙面を飾ることができますように。
 よろしくお願いいたします!
 
 本日 夏川でした。
 

 ◉お店に来られない方、こちらもご利用ください→ 楽天市場 郡司味噌漬物店

 イジリー岡田さんのモノマネで感動した今日この頃、皆さまいかがお過ごしでせうか。

 

 断続的に降る雨に、人通りも寂しいおかず横丁でございます。

 

 さて当店、9月は新宿髙島屋様にお邪魔して販売を行います。

 

↑味噌の主原料である大豆をバックに催事告知の図
 
 新宿へは、毎度お騒がせしております当店色白腹黒営業部長・池本康博(39)が担当として売場に立ちます。
 
 本人も約半年ぶりに新宿の催事にお邪魔するとあって鼻息も荒く、鼻のANAが北島三郎のようになっております。
 かつて新宿駅でお腹を壊し、駆け込んだ多目的トイレで知らない女性にドアを開けられて恥ずかしい思いをしたリベンジに燃えております。
 
 社会人として、男性であっても一人称で「私」を使うのは当たり前ですが、それがどうしても女性的に聞こえてしまう池本。彼らしい柔らかな物腰で一生懸命接客いたしますので、皆さまこんな状況下ではございますが是非ともお買い物にいらしてくださいませ。夏川も鳥越の本店が休みの20日と22日には応援に駆けつけます。
 
 まだまだアチィ日もありますが、段々と日の入りも早くなって参りました。
秋の夜長を楽しべく、新宿髙島屋で味噌と漬物をお求めいただき、そちらを肴に一杯やっちまうのもオツなもんです。
 ご来店、お待ち申し上げます。
 
 本日 夏川でした。

   ◉お店に来られない方、こちらもご利用ください→ 楽天市場 郡司味噌漬物店