【宇宙戦艦ミソノフィーバー2017 ショック!!生きていたジェット怪獣】 | Guitar Wolf SEIJI OFFICIAL BLOG「フジヤマシャウト」Powered by アメブロ
2017-12-19 19:15:45

【宇宙戦艦ミソノフィーバー2017 ショック!!生きていたジェット怪獣】

テーマ:ブログ

【宇宙戦艦ミソノフィーバー2017

ショック!!生きていたジェット怪獣】

 

 

 

やばい、何かが異次元空間から襲ってくる!!

宇宙世紀3200年、宇宙戦艦ミソノはα星とβ星の間に渦巻く光の銀河に

突入する寸前だった。いきなりの衝撃に艦内がどよめく。

未来セイジが叫ぶ、「ワープ中止!光子力エンジン再点火せよ!」

「ラジャー!」古代ヒカルが目の前のレバーを力強く切り替えた。

再び二度目の衝撃を受け艦内にサイレンが鳴り響く!

「第二・艦橋が・破壊された・模様」艦内ロボットギターライザーの

電子ヴォイスが破損場所を指摘する。

「レーダーには何も映ってません」時代劇トオルも冷静に報告する。

だが突然、それをあざ笑うかのように館内に巨大な怪獣の咆哮が

地の底から響くように鳴り響いた。

「ウギャア~、ジェジェ~ツット~」

未来セイジのサングラスがキラリと光る。

「奴だ!ジェット怪獣だ!」「奴は生きていた!」

 

 

あれは1000年前だった。

我々はロックンロールをするのにふさわしい星を見つけるという使命を

帯び、ベガ星雲付近の宇宙を飛ばしていた時、ある星がレーダーに

引っ掛かった。

レーダーの周波数が回転しながら、時折♪のようなマークをはじき出す。

「よし!この星にロックオンしよう!」

未来セイジの指示で、宇宙戦艦ミソノは星の成層圏を突き破り星に降り

立つと、そこは都合良く、太古の地球そっくりな星だった。

目の前に群生する巨大植物の中を分け入りながら、

手には一応光線銃を持つ。

すると突然背後で隊員の悲鳴!「何だ」と振り返ろうとする未来セイジの

頭上に、真っ赤な花が顔を出し、いきなり大きく花びらを広げ、

彼の頭をカポっと加えるように覆い被さった。

「やばい食人植物だ!」

無数の花弁が蛇の舌のように顔をなめ回す。

次々と上がる悲鳴の中「いかん!」とすかさず手に持った光線銃を

当てずっぽうで植物に向け撃った。

「キャー」と覆っていた花が顔を離すと同時にセイジが叫ぶ。

「みんな光線銃でこの植物群を撃て!」

ビビビビビビビビ―――――――――――――――――!

するとどうだろう食人植物がツイストを踊り出した。

1,2,3,4,5フラワーロック、6,7,8,9,10,フラワーロック!」

何を隠そう光線銃には仕掛けがあり、撃たれた物は何でもロックンロール

化するという必殺の武器であったのだ。

「みんな、踊る葉っぱにうまく乗ってクラウドサーフで

この大地を泳ぎ切るのだ!」

一斉に隊員達は食人植物の上に駈け登り、葉っぱの上に抱かれるように

乗ると、咲き乱れる食人花は遙か彼方まで大地を覆っていて

激しいツイストで揺れていた。

その先には、まるでそこがステージかのように炎噴き出す火山が

立ちはだかり、バックには燃えるような赤が圧倒的迫力で空を染めていた。

「よし!あそこまで行ってまえ!」

未来セイジが叫んだ直後だった。

「どどどどどどどどどど―――――!」いきなり火山の大爆発!

さらにそれに呼応するが如く、巨大な咆吼が空を割るように響いた。

「ウギャア~、ジェ~ット~」

何と火山の中から巨大怪獣が這い出してくるではないか。

「あの鳴き声は、もしや、伝説のジェット怪獣!」

サングラスに燃える空を映し、未来セイジがつぶやいた。

しかし食人花のクラウドサーフはどんどん加速して乗組員達は

火山の方角にどんどん追いやられていった。

このままでは全員、あの怪獣の餌食になるのを待つばかりだ。

そう判断すると、未来セイジ、時代劇トオル、古代ヒカルの

3人は空中高く飛び、3つの空中回転が1つのコイルのようになった時、

ピカッと閃光が走り、爆発と共にイナズマが地上をつきさす。

ブバババギャギャ~ン

白い煙が辺りに立ちこめ、それがだんだん霞のように薄くなっていくと、

なんと、一匹の赤いギターを背中にしょった革ジャンの巨人が現れた。

何を隠そう、ピンチになると3人は合体してロック生命体の巨人、

ギターウルフになるのだ。

「ギチャー!」

「ウギャア~、ジェ~ット~」

火山を真ん中にして対峙する2匹の巨大宇宙生物。

ドッカ~ン火山が再び大爆発を起こした瞬間、2匹は大地を走り

ジャンプ一閃、空中ですれ違う。

シャキーン火花散る金属音。

「ジェジェジェ~ット」向き返ろうとしたジェット怪獣、

しかしそれもむなしく、鳴き声と共にドスンと前傾で倒れ込んだ。

勝負あり。

巨人の手にはギター刀が握られていた。

「君とはなるべく戦いたくなかった」

 

 

サイレンが次から次へと艦内に鳴り響く。

「やばいこのままじゃ航行不可能になる」

そう判断した未来セイジが叫ぶ「これより強行ワープに入る!」

あれから1000年、交代で冷凍カプセルの中に入りながらワープを

繰り返してきた。まさか奴が生きていたとは!

「機関室応答せよ、これから強行ワープに入ります。」

古代ヒカルの握るレバーが機関室からの応答を待つ。

そうしている間にも戦艦はどんどん破壊されていく。

奥歯を噛みしめながら未来セイジは思った。

「奴も連れてくることになるが、いたしかたあるまい」

そして遂に、地球の大阪に向かって最後のワープのレバーは

引かれたのであった。

ズギュ―――――――――――ン!

 

 

この続きは、12/27の大阪味園ユニバースにて!

 

https://misono-fever17.tumblr.com/

 

 

 

ギターウルフ セイジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース