Guitar Wolf SEIJI OFFICIAL BLOG「フジヤマシャウト」Powered by アメブロ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

【パスポート事件2019】

【パスポート事件2019】

 

 

 

並ぶ空港カウンターの手が挙がった。

呼ばれた先を見るとかわいこちゃん、

「おっラッキー」と鉄のキャリーを押して、カウンターにつけ

パスポートを差し出した。

髪の毛を後ろにシャープに束ねたエスニック風の切れ長の目を持ったその子は、

少しだけ頭をかしげたような素振りを見せたと思うと自分にこう尋ねた。

「このパスポートでどこからか出国されました?」

言われている意味がよくわからなかったが、とりあえず「はい」と答えた。

実際に数ヶ月前にアメリカをこのパスポートでツアーをしている。

「パスポートが破けています。」

まあそりゃあ紙だから破けることもあるだろう。

オレのパスポートは、去年辺りから1cmくらい破けている。

「ちょっと待って下さい、今確認しますので」

お姉さんは、自分のパスポートを持って、連なるカウンター裏を流れるベルトコンベアー横を、ヒールの靴で又ぎ又ぎ、少しだけ飛び跳ねるような調子で、一番端の責任者らしき男性がいるカウンターに向かった。

あの程度で大げさなと、のんきにその背中を見ていたその時は夢にも思わなかった。

まさか、それが原因で出国できなくなるなんて!

おい!まじかよ、ふざけんなあ!

 

 

ギターウルフLOVE&JETTツアーEU編2019、11月5日午後4時頃

成田空港第1ターミナル北ウイング。

パリへ向かう予定のギターウルフ三人の前で、

責任者らしき男性が申し訳無さそうに自分に話す。

「シャルル・ド・ゴール空港からNOと言ってきました。

あちらの機械では読み取れない可能性があると」

それがどうした!

機械が読めなくとも人は読めるじゃないか!?

1cm破けているとはいえ、その部分がなくなっているわけじゃない。

そこに書かれている数字ははっきり読める。

お札だって半分なくなっても使えるはずだ、機械が認識できなくても人が認識できれば問題ないじゃないか。

しかしシャルル・ド・ゴールがそう言うならどんなにあがいても無理だろう。

今思えば、責任者にパスポートを持っていくあの時のお姉ちゃんを止めるべきだった、

いや、せめてパスポートの破れを裏からセロテープで綺麗に止めておくべきだった。

まあいい、今はその先を考えなければ。

オレは比較的、困難にぶち当たっても、その次に跳ぶバネが強い。

カウンターはあと10分で閉まるという。

まず二人にはパリに向かって出国してもらい、翌朝一番で自分は

都庁のパスポートセンターの扉の前に並んだ。

緊急発行をしてもらえば、ギリギリで初日のパリのショーには間に合う。

 

 

9時に開いたドアになだれ込んだ受付で説明すると、センターの奥のカウンターに通され、そこに現れた眼鏡の女の人に、いきなりこう言い放たれた。

「再発行は一週間かかります」

だからそこをなんとかとイギリス・フランスで取得しているワーキングビザやライブスケジュールを見せる。

「とにかく今日は発行できません」

なら明日は?

イタリア・ローマでパスポートを盗まれた時、ローマの日本大使館が翌日には発行してくれた。その事を言うと。

「一人の人に優先的にパスポートを発行するとなると都民の方が許すかどうか」

都民が許すかどうかって!?

とにかく破けていても人間は確認できるじゃないか?

「あなたがわざと破いてパスポート偽造の事までが疑われる可能性があります。」

突然目の前に現れた強大な権力者。

彼女の言葉にいちいち反応するのはやめた。

とにかくお願いだから、外務省の規約に書かれている緊急発行に該当させてもらえないか?

「それでも発行は3日かかります」

その言葉にすかさず自分は手を打った、お願いしますと。

すると女の人は言う。

「ただしそれに該当させるためには、一体あなたが何者で、何をしている人か?

EU側があなたを招待していると証明するもの

これらのビザもすべて日本語に訳してください。

3日後の発行だとこの日のショウに間に合うわけですが、この日のショウに間に合わなければならない理由は?

それらの書類を今から家に戻り、午前中までにFAXで送りなさい。

午前中までに送ってもらわなければ、審議はまた明日ということになります。」

な、なんと!

今から家に帰るとなると10時半、それから1時間半でこの膨大な書類を揃えろと言うのか?

しかしとにかく従うしかない。

オレは急遽バイクを飛ばして家に戻った。

 

 

ギターウルフウィキペディアをコピー

自分の事務所の定款をコピー

ビザを翻訳にかけ、まるまるコピー

イギリスのプロモーターに急ぎ連絡して、招待状らしきものを送ってもらう。

間に合うショウの場所であるブライトンのロックンロールの歴史を調べ、

この場所でのロックショーが如何に大切であるか などなど、

とにかく考えるよりも‘おりゃあ~’と力技でそれらしきものをかき集め、それらをすべて10数枚のコピーにしてFAXで送ることギリギリ12時丁度。

するとすかさず電話がきて、再度、数枚の書類を送るように言われ、それもなんとか送り終えた数分後、また電話がきた。

「これならばなんとか、3日後にパスポートを発行しましょう。

では、今からこちらに来てください。」と言われ、飯を急ぎかきこんでパスポートセンターに向かった。

 

 

センターの入り口に入り、案内の人の横を素通りして、奥のカウンターに向かうと

カウンター越しに「すみません!」と声を上げた。

デスクの壁の上にひょこっと眼鏡が出たと思ったら、その顔がすぐ目の前に来た。

朝より物腰は随分か柔らかくなっていた眼鏡の女の人は、

緊急発行の書類と自分の破れたパスポートを差し出すと、

「このパスポート、ここに置いてある機械でも読み取れませんでしたよ」

とフッと笑って返してくれた。

 

 

やり終えた満足感はあったが、腑に落ちない。

オレはたまたまバイクで移動して、都庁から1時間以内に戻ることができ、家にFAXもプリンターもあったが、ない人は絶対にクリアーできないだろう。

 

 

都庁のバイク置き場は、入り口で機械から出るチケットを取るとバーが開き中に入れる。空いた場所に止め、出る時は、チケットとお金を機械に入れればバーが開く。

ケツのポケットに入れたチケットを出すとすこし曲がっていたが、構わず機械に入れた。すると機械が読み取ってくれない。バーが開かない。

しかし問題ないだろう、駐輪場のおっさんがいたので、声をかけた。

ところがだ、おっさんが言うには、機械が読まなければどうしようもできないと言う。

ここに書いてある電話番号に電話してくれと、おっさんは機械横を指した。

おいおいおっさん、あんた開けることができないのか?

オレは今電話を持っていない、どうにかしてくれと言うと、ちょっと待ってとどこかに行ってしまった。お昼に感じるはずだった`やれやれ`が、やっとでた。

都庁のバイク置き場は出入りがよくあり、オレの後に待っていたバイクが出るタイミングでその後について外に出た。

そこにおっさんが戻ってきたので、時間分のお金100円を渡してバイクを走らせた。

甲州街道を右に曲がると山手通りをパスする地下道になる。

そこでオレはブオ~ンと一発アクセルを上げ、この日初めて叫んだ。

「なんて日だ--------!」

人間なんて泡だ、機械に阻まれたら何もできなくなる!

 

 

ギターウルフLOVE&JETTツアーヨーロッパ編2019

2つのショウのキャンセルは余儀なくされたが、今は無事にヨーロッパツアー中だ。

先日イタリアのサボナという地中海に面した観光都市でライブがあった。

クラブに向う為、車でホテルを出た時には、辺りはもうすっかり暗かった。

走り出して少ししたら、突然後ろに座る和田くんが声を上げた。

彼は今回サポートドラマーとしてヨーロッパツアーに同行してくれている。

「うわあ、綺麗やなあ!」

見ると車は地中海沿いを走っていて、夜の地中海の埠頭の真っ白い光が綺麗な十字型になってキラキラ光を放っている。

本当に綺麗だ。

40何億年前に地球に現れたただのアメーバーが、よくここまで成熟したもんだ。

海の泡の中で、繁殖を繰り返し、今は人類となり道路を作り、埠頭を作り

今この光景を地球に生み出している。

この光景がいつまでも続けばいいが、この地球はこれからどうなっていくのだろう。

クラブに到着して、その夜もロックンロールでぶっとばした。

【コンドルは飛んでいく】

【コンドルは飛んでいく】




 

並んだ公衆トイレで上から覗いたチャーリーのいちもつはこうだっ

た!みんなでたいらげたピザの箱に、オレはいきなりマジックで

卑猥な絵を描き出した。

「おまえのは皮が被ってこうだったゾ-!」

本当はそんなによく見た訳じゃないだが、図星だったらしく

チャーリーは赤面して「OH,NO!」と顔に手を当ててひっくり

返った。ずっと控えめだったエリックとロジャーも今回のツアー

でやっと見せてくれた大笑いだ。

それを見てオレの先輩風はますます調子にのって吹きだし、

さらに注釈までつけ

「この部分はカリ!」

「oh、kari!」

「そしてこの先端からどぴゅーだ!」

「OH,Dopyu-!」

 

 

自分たちのUSツアーをサポートしてくれたチャーリー、エリッ

ク、ロジャーの3人組からなるハンスコンドルと、明日は別れる

という最終日、殺風景なモーテルの一室でデリバリーのピザを

囲んで最後の晩餐をやった。あんまり会話もないままモーテルで

寝るのもなんだなと思い、男の子には万国共通で盛り上がる

卑猥な話をオレは切り出した。

「これ!今度のアルバムのジェケットに使う!」と涙目で叫んだ

のはハンスのベースプレイヤーのエリックだ。

ホントかよと思い聞いていたが、案外本気だったらしく数年後

訪れた彼の家に、そのピザの箱が大事に保管してあるのを見て、

再び大笑いに笑いながらもありがたいやら、処分してあげたい

やらで、ちょっぴり苦笑い的な気分だった。

 

 

ハンスコンドルというバンドは、アメリカンスピリッツの王道的な

サウンドを持ち、アメリカ人にはめずらしく、気合いと根性のよう

な物を全面に押し出すバンドで、ギターウルフとはすこぶるウマが

合い、奴らのライブを見るとさらなる闘志に火がついた。

一番年若のギターのチャーリーはひたすらがむしゃらで、客に受け

いようが受けてなかろうがお構いなしのブルトーザーで、最初、

そのあまりかっこいいとも思えないルックスを鼻で笑っていた客

も、次第にその熱量に押し流され、気がつけば拳をあげて応援した

なるという熱く爆笑的な魅力を持っていた。

 

 

そのメンバーの一人エリックにはギターウルフのツアースタッフと

して数年お世話になる。彼はかつて、有名なハードコアバンドの

Voだったが、一切そんな風を見せず、自分とギターウルフを

素直に尊敬してくれていた。

家業だという大工の腕も確かで、一見大雑把だと想像していた

アメリカ人の細かい作業への偏見を見事に覆させてくれる几帳面さ

を持ち合わせ、機材の故障やネームのスプレー塗装など、

こうじゃないと気が済まないという丁寧な作業を追求する姿勢に

何度も驚かされた。

 

 

そのハンスコンドルを一度日本に呼んだことがある。

それまでの感謝の気持ちもあったが、それ以上に彼らとの

日本ツアーは自分の一つの夢であった。

絶対、間違いなくおもしろくなる!

ワクワクする確信と共に始まったこのツアーは、途中から

キングブラザーズが加わり、思った通りの破天荒さで、

ライブ+打ち上げは毎日がお祭り騒ぎだった。

このツアーの中で、特にハチャメチャさが浮き上がってきたのが、

意外にもいつも冷静沈着さを感じさせていたエリックだった。

「お前ら、オレが飲むビールまで全部飲むなよな!」

ギターウルフ車には、ライブ直前に飲むビール・水をあらかじめ

搭載してある。会場に着く前から車の後部座席に載せたハンスの

連中がメチャクチャ盛り上がってんなと思ったら、そのビールを

全部飲みやがった。だが本当はもちろんそれでもいい。

ロックンロールだ。

しかしこの時のエリックの酒のあおり方は半端じゃなく、

挙げ句の果てにはライブ中にゲロを吐きながら演奏するという

凄まじさで、かつて知っていたUSAでの彼の姿ではなかった。

「セイジ、アメリカに帰りたくない!」

打ち上げの最中にエリックはオレに叫んだ。

今まで見たことのないご満悦な表情で酔いしれる姿を見て、

オレは正直嬉しかった。束の間ではあるが、ハンスコンドルに

日本でのロックンロールライフをプレゼントできてよかったと

思った。

だが反面、エリックに一抹の不安を持ったが、それは遠慮がち

だった彼が、やっと自分に心を思い切り開いた証なのかもと

思うようにした。

 

 

ギターウルフは今、EUを激しくロックしてまわっている。

そんなさなか、エリックが自らの手で命を絶ったと言う訃報が

USAから届いた。

前日の移動の車の中で、ドラムのクラチャンはエリックの事を

ぼんやり思い出していたらしい。

確かに日本から帰ったエリックは、にわかに体調を崩した、

それでもその翌年のギターウルフのUSツアーの時はスタッフ

としてやってきてくれたが、意識朦朧とする場面が何度もあり、

それでも一生懸命尽くしてくれる姿が痛ましかった。

そして時折、

「もう他の事はしたくない、一生ツアーをして生きていたい」

と刹那的に口走る彼の姿は、もう完全に以前の彼ではなく、

過度の飲酒と何らかのドラッグでやられている事はあきらか

だった。

残念であったが、去年のUSツアーのスタッフは断らざるを

得なく、その時、ひどい言葉がギターウルフのUSAのスタッフ

に返ってきたと聞かされた。あきらかに穏やかでまじめな

エリックにありうべからずの事ではあったが、何か孤独の中で

苦しむ彼の悲しみが伝わってくるようでやりきれなかった。

それでも近い将来、心底わかり合った仲間として、

必ず笑顔でまた会えると信じていた。

 

 

ロックンロールは一見華やかな世界だが、決して安全な仕事

ではない。

一度限界を超えたステージを経験した者は、必ずさらに高見を

めざす。毎日同じ事の繰り返しの中で、ハイテンションを

保ち続けることは並大抵ではない。

そこから一段降りて、気楽に音楽を楽しむという方向に

スイッチできる者はいいが、そうでない者にいつも襲う

ギリギリの精神状態、そこにロックンロールと命のやりとりが

生まれ、オレはたくさんの悲劇を見てきた。

死んでいった者、重度のアルコール、ドラッグ障害になる者、

栄光の後、すべての精魂が尽き果てたような人生を送っている者、

打ち上げ中に肝臓が爆発した者、または精悍だったさわやかな

青年が、ずるい女たらしに豹変した者、様々だが、彼らは

一様に命がけのロックンロールライフに生きようとした者ばかり

だ。つまりまじめなのだろう。不良はまじめな者がなると

思っている。

まじめだからこそ、巻かれようとしない、突っ張ってしまう。

ACDCの曲、

It's A Long Way to the Top if you wanna Rock’n Roll

目指す者は、いつもヒリヒリする危険な崖っぷちに立っている。

オレがその中に片足を突っ込んでいるのは確かだが、

タフな者だけが許されるライセンスがあると信じている。

そのライセンスの更新がいつまで続くか今のところ未知数だが、

そのヒリヒリする崖っぷちの中で、

オレは必殺の閃光を見せ続けてやる。

 

 

エリックよ、馬鹿だなお前自分で死んじまうなんて。

生きたくても生きられない人はこの世にたくさんいるのにさ。

そんなにきつかったのかい。

しかしありがとう、君と出会えてよかった。

日本ツアーの時に見せてくれた君の最高の笑顔を今思いだし

ながら、君の冥福を祈る。

 

【ダイヨン惑星原宿】

【ダイヨン惑星・原宿】

 

 

 

 

 

 

 

原宿ラフォーレ交差点近くに、カフェドロペというカフェがあった。

その昔、岩城滉一や舘ひろしが在籍していた頃のクールスがよくたむろしていたという。まだ売れる前の松田優作も顔を出したことがあるらしい。

そう聞くとなんだか物々しい雰囲気で、入るのも覚悟がいりそうだが、

自分が原宿にいた頃のロペはおしゃれで、美人のウエイトレスが揃っていた。

気にはなっていたが、一度も入ったことはない。

 

 

ただ、仕事帰りに、原宿の仲間と行く飲み屋が、ロペの角を曲がった先にあったので、曲がるときには中を、チラっと見て通り過ぎた。

目当ての飲み屋はOH GODと言った。

この辺りでは有名なガンさんと言う人がオーナーだった。

ガンさんはかつて、アラン・ドロンの日本の用心棒をしていたという話があり、

腕っぷしが丸太ん棒のようで、いつも着ているTシャツがはちきれんばかりだった。

一見優しそうだが、みんなに恐れられていた。

ロック関係者にも顔が利き、内田裕也や安岡力也、そしてもう当然有名な松田優作が飲みに来ているのを見かけたことがある。

そう言えば、松田優作主演の探偵物語の最終回で、松田優作が刺されて死ぬ場面も、このOH GODの店の前だった。

そんな雰囲気もあり、この店に出入りすることは、原宿の不良のステイタスであり、日曜なんかは、ホコ天で踊るローラーが革ジャン革パンリーゼントで口をひん曲げて、大勢たむろしていた。

 

 

ある夜の事だ。

仕事帰りにフラっと一人で、OH GODに立ち寄った。

店はすいていて、仲間はだれもいない。

今日はパスして帰るかと思った視線の端に、最近よく見かけるハーフの女の子がとまった。

一人レジ横に座っていた。

わずかに黒が混じった肩くらいまでのブロンドで、ブルージーンズのミニスカートに白のTシャツ。

その子もオレが来てハッとした様子があったが、声なんてまさかかけられないすごい美人だ。

一旦帰りかけた足は、その子の前を通り過ぎて、カウンターの席に腰掛けた。

誰かを待っているのだろうか?

一人で来たのかな?

ウイスキーの水割りを頼み、誰か知り合いが来ないかなと待つ。

だが、一人で渋くウイスキーを飲むには、自分は若すぎた。

女の子ともチラチラ、カウンター前の鏡で目があったりする。

チッ、様にならねえと、一杯飲んだところで、お金を置いて店を出た。

オレはいったい何を期待してんだ、バカバカしい。

 

 

ある雨の日だ。

雨の原宿は嫌いじゃない。

特に、日が落ちて、傘を差さなくてもいいくらいの雨は心地いい。

昼間はあふれかえる竹下通りが、ボーッと夜の明かりにしっとり濡れて、この街に生きる人間だけが感じる清涼感があった。

そんな時、原宿に何かストーリーが生まれるような予感がして、心がちょっとだけわくわくする。

年に1,2回、原宿にはロマンチックな魔法にかかる時刻があった。

オレは仲間の待つ居酒屋に向かって竹下通りを歩いていた。

目指す居酒屋は、明治通り裏のトンちゃん通りにある。

この日は、東郷神社の裏から明治通りに抜ける道をとった。

原宿という街は東郷神社と隣接している。

神社の入り口は明治通りに接しているが、裏口は、竹下通りの中くらいにある

クレープ屋さんを左に折れるとすぐにある。

そこを通れば、明治通りまでちょっとだけ斜めにショートカットできる。

 

 

雨の神社は暗く、いきなりひっそりしていた。

上空を見上げると、繁る木の間から降ってくる雨の線が結構太いのに気付く。

やはり傘くらい差した方がよかったかなと思った。

東郷神社。

日露戦争の時の日本海海戦で、当時無敵と言われたバルチック艦隊をことごとく海に沈めた

軍神・東郷平八郎が祀られている。

山口の母方の祖母から、彼が亡くなった時の事を聞いたことがあった。

「東郷元帥が亡くなった時は、そりゃあ国を上げての大騒ぎだったとよ。」

まさかそんな人がこの原宿に祀られているなんてと小さな驚きがあったが、

この武張った神社と正面にある明治神宮の存在は、若者の街・原宿とのはっきりしたコントラストを作り、それが絶妙に重なり合い、他の街とは一線を画する独特な街を形成していた。

そう言えば自分は、一度もこの東郷神社にお参りしたことはない。

雨を避ける気持ちもあり、境内に足を踏み入れた。

 

 

踏み入れた瞬間だ。

すれ違う傘の下から目がキラッと光った。

先日OH GODで会ったあの子だ。

「お参り?」

思わず声が出た。

彼女は無言で、そのまま出て行った。

「チェっ、返事くらいしろよな」

お賽銭をチャリンと入れて、鈴をジャランジャラン鳴らし手をあわせる。

雨はこころなしか強くなってきているような気がした。

白い砂利が敷き詰められている境内を出た。

すると横手の木の下で傘を差したその子が立っていた。

なんでこんなところに立っているのだろう?

まさかオレを待っていた?

軽い警戒を持ってその子に目で会釈をした。

すると彼女も目で返した。

 

 

「お参り?」

「はい私、よく神社にお参りします」

「へえ~」

「変ですか?」

「変じゃないけど、なんか不思議な感じが」

それくらい彼女の髪はブロンドが鮮やかだ。

「私、日本で生まれました」

入り口の鳥居にむかって二人は歩く。

彼女は手にした傘を幾分か自分の方に傾けてくれていた。

雨の音が耳元近くでパラパラ大きくなった。

「でも私、もうすぐママと一緒にオランダにいくかも」

今日のお参りはその事と関係があるのだろうかと思ったりしたが、口には出せないまま気がついたら鳥居まで来ていた。

「名前は?」「ローラ」

本当はと、彼女は舌を少し巻いて「ラウラ」と発音して少し笑った。

「あなた原宿駅前のテントで働いているよね」

駅前は目立つ。

そこで働く人は自分に限らず顔をよく知られていた。

「じゃあ」と自分はここで明治通りを渡る。

「私ロペで働いています」と彼女はラフォーレの方に歩いていった。

 

 

それからまもなく、ロペで彼女を見かけた。

彼女が、ウインドウ越しに座るカップルのオーダーを取っているところだった。

「おっ!本当にいた!」

のぞくウインドウのオレに彼女も気がつく、すると一瞬だけ、子供のような人懐っこい笑顔をこちらに向け、小刻みに小さく手を振ってくれた。

 

 

今ギターウルフは、ヨーロッパをツアーしている。

オランダでは3日間ロックする。

オランダの町並みは他の国に比べてどこか質素だ。

人柄は朴訥だが、意外に頑固でプライドが高いように感じる。

あの子は今、オランダにいるのだろうか?

あの夜彼女は、傘を少し傾け、右肩に雨をポツポツ受けていた。

ずいぶん華奢で、オランダの大柄でがっしりした女の人とイメージが違う。

ひょっとしたら彼女は、あの後オランダに行ったけど、オランダが合わず日本に帰ってきたんじゃないだろうか?

勝手な想像だが、オレはあの後すぐに原宿を出たし、OH GODに行く回数もめっきり減ったから、その後のローラの事はわからない。

 

 

惑星のような街・原宿。

オレは原宿が好きだ。

世界中でこの街だけが、POPな恋とPOPなエネルギーにあふれている。

嫌な事もドロドロした事も、この街で起きた事なら、結局POPな記憶に変わってしまう。

自分はこの街に3年いたが、その後の年月の比重はその3年にかなわない。

あの街で起きたことは、まるで異次元で経験したような不思議で素敵な出来事ばかりだった。

もしかつて月に住んでいて、そこで恋をして笑ってケンカして、泣いたりしていた時があったとして、そして今、地上にいて地球の上空にぽっかり浮かぶ月を見上げたら、あそこであった出来事は、本当にあったことなのだろうかと思うだろう。

 

ただあの夜、天空から降る雨が、東郷神社に繁る木の間を抜けて、歩く二人の傘の上にパラパラと落ちた事は本当だったのではないかと思う。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>