【9/14 引け後発表の好材料銘柄を紹介】 | 株初心者でもわかる!! ”超越トレード”ー富への道しるべー (Glove Bamboo Co.,Ltd.)

株初心者でもわかる!! ”超越トレード”ー富への道しるべー (Glove Bamboo Co.,Ltd.)

☆銘柄情報&相場観を毎日更新☆ 優良な株式情報がここにあり!!
GloveBambooホームページはこちら⇒http://glovebamboo.jp/

引け後に発表された好決算、材料株などを紹介致します。
なかでもより注目される銘柄は【ピックアップ銘柄】として見通しなどを紹介致します。

発表された好決算、業績修正銘柄

スマレジ<4431> 決算発表。
終値3875円(前日比-135円-3.36%)
5-7月期(1Q)経常は61%増益で着地。

ヤーマン<6630> 決算発表。
終値1122円(前日比-13円-1.14%)
5-7月期(1Q)経常は86%増益、上期計画を超過。

日光電<6849> 業績修正発表。
終値4045円(前日比+75円+1.88%)
上期経常を36%上方修正、最高益予想を上乗せ。

MSOL<7033> 決算発表。
終値3120円(前日比+20円+0.64%)
11-7月期(3Q累計)経常が42倍増益で着地、5-7月期も2.9倍増益。

ギフト<9279> 決算発表。
終値2415円(前日比-32円-1.30%)
11-7月期(3Q累計)経常が3.5倍増益で着地、5-7月期も17倍増益。

ピックアップ
MacbeeP<7095> 決算発表。

終値7570円(前日比-310円-3.93%)
Webデータを活用したマーケティング分析サービス「ハニカム」展開(成果報酬が主)のMacbeeP<7095>(マザーズ)が決算発表。
22年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は前年同期非連結比2.4倍の3.3億円に急拡大。
併せて、通期の同利益を従来予想の10億円から10.6億円と6.0%上方修正(前期は7.8億円)。
株価はここまで、週足チャートの26週移動平均線(6918円)などサポートに上昇トレンドに乗る。
足もとでは、同チャートの13週線(7356円)上にも浮上し、チャート形状は良好。
発表された決算も刺激材料にトレンドは一段と上方向に振れるか。

その他、注目の材料株

coly <4175>
終値3415円(前日比-185円-5.13%)
フジテレビジョンと協業開始。
上期経常は6.8億円で着地。

ペルセウス<4882>
終値673円(前日比-30円-4.26%)
赤血球が異常に増殖する疾患であるPVの患者を対象に、PPMX-T003の投与における安全性及び体内薬物動態を確認する第I相試験を開始。

CRGHD<7041>
終値517円(前半+6円+1.17%)
アップセルテクノロジィーズと資本業務提携。

コプロHD<7059>
終値1189円(前日比+4円+0.33%)
バリューアークコンサルティングを子会社化。
30万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合3.14%)・3億5000万円を上限に自己株式を取得。

ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、買い場など詳細をGlove Bamboo会員様(有料)には配信。
その他にも株式情報が盛りだくさん!!
ご入会、心よりお待ちしております。

Glovebambooサービス内容など詳細、会員登録は下記のURLよりホームページにてご確認願います!!
http://glovebamboo.jp/

ブログの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
(メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)


無料メルマガ限定の特典もあり
(GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。

登録は下記画像をクリック!!
まぐまぐ


**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**

当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負えませんのでご注意願います。

助言する株式のリスクについては、次のとおりです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、売買に支障をきたし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連デリバディブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

**-----------------------------**

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑
ランキング参加しています
応援クリックお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓