新大久保 マンゴスチン | アジアンエステ攻略法 ~ある回春男の体験記~
2009年12月21日

新大久保 マンゴスチン

テーマ:エステ体験記 新宿区

ダンセンさんの満蘭の書き込みを見て、私は東新宿のタ・ワンという激安タイマッサージ店に行くのを楽しみにしていた。

衛生面にやや難があるということだが、初回2時間8Kは凄すぎる。
しかもサービス精神が旺盛なのだという。

 

私は副都心線の東新宿で降りて、大久保通りに向かった。

しかし店に行ってみたら、誰も居ないようだった。

どうやら休みになっているようだった。

 

慌てて携帯からホームページを確認したが、定休日や臨時休業などの告知は無かった。

休みたいときに休んでいるのだろうか?

運が悪いとしか言いようがない。

 

「マイペンライだ。」

 

私は大久保通りを新大久保駅方向に歩いた。

駅のそばまで行けば、ナーリークラブなどタイ式の店は多い。

和を通り過ぎる。

頭の中がタイ式マッサージモードになっているので、今日は見送ることにした。

マンゴスチンの看板を見つけた。

私は吸い込まれるように店に入って行った。

 

店に入ると、陽気なタイ人が受付をしていて、しきりに単価の高いコースを勧めてきた。

オイルマッサージ一時間8Kは昔なら普通だが、タワンから比較すると随分と割高な感じがした。

私はとりあえず90分の料金を支払った。

 

部屋は上が空いた造りで、カーテン仕切り。

ホテルのベットメイキングのようにシーツが花柄模様になっていたのが好印象だった。

 

担当は30代後半と思われるタイ人女性で、マッサージはそこそこだった。

全裸でも大丈夫で、玉袋にも指がときどき当たった。

そこにあるものなど関係ないという感じの施術だった。(笑)

 

「ココハ、アトニセンエン」

 

彼女はチップを要求したが、今すぐに払えとは言わなかった。

私は首を縦に振る。

心地よい玉もみが始まった。

 

「おお、サバイサバイ!」

 

タイ人は笑っている。

 

彼女は私の右手をとって、股間の方に持っていった。

どうやら自分で処理しろということらしい。(笑)

私は丁重にお断りした。

 

最後にシャワーを浴びて、チップを手渡した。

お茶を飲んで私は帰路についた。

 

帰宅した私に更なる試練が待ち構えていた。

奥方がパンツを穿かないで、私の帰りを待っていたのだ。

 
「マッサージ屋で処理してこないで良かった。」(心の叫び)

 

そう思った時には、私はすでに襲われていた。

 


グーデリアンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス