近くだったら・・鬼楽(奈良) | ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

テロワールにより造り手により 変幻の妙を見せるピノ・ノワールの神秘を探る


テーマ:
先日高知に旅行した際、高知市内で乗ったタクシーの運転手さんが、妹夫婦が住む奈良には
美味しい寿司屋がない、と言っていた。
妹夫婦に寿司を食べに連れて行ってもらったそうだが、あんな不味い寿司は高知にない、
と言って笑っていた。

その時は反論しなかったが、実は奈良にも魚が美味い店がある。
昨年12月に巨大なクエを食した、奈良の畠田駅前にある「鬼楽」がそうで、
ここの大西洋まぐろの味を知ると、普段食べているまぐろはいったい何なんだ、と思ってしまう。

ただしこんなにトロリと脂の乗った握りや造りは、一度にたくさん食べられるものではない。
今回は5月28日に訪れたが、にビールと静岡の磯自慢を片手に、幸福な時間を過ごしたのであった。

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
大将のうしろには、大きなクエの魚拓
今年3月にあがったもの。昨年12月に食したクエは34キロだった。

true
先付け

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
大西洋まぐろの握り 左から、中トロ、大トロ、赤身

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
大西洋まぐろの造り

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
鯛の造り

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
大きな鳥貝 調理前


暴れる鳥貝

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
鳥貝 調理後

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
自家製からすみ

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
あんこう 
さっきまで水槽にいたもの。肝が美味い。

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~ ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
あんこうと桜エビの天ぷら あんこうの握り

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
あんこうの味噌汁

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~
大西洋まぐろのネギトロとわさび巻き

わたしはフレンチもイタリアンも好きだが、年のせいかやっぱり和食が一番性に合うように
なってきた。
しかし、この店の最大の問題点は、自宅から遠いことである。


griotteさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス