遊びと娯楽の違い

遊びと娯楽の違い

 

面白い記事を発見!!

あそび

娯楽

プレイ

エンターテイメント

日常的

非日常的

能動的・自ら遊ぶ

受動的・遊んでくれる

蓄積

消費・消耗

継続

一過性

全生活

余暇・暇つぶし

(21世紀のコラム様から引用)

 

ぜひ、こちらを読んで!21世紀のコラム様から


“遊んでいる?”と聴くと、みな娯楽のことをイメージしますでしょ?
美味しいレストランでお酒を飲んでワイワイ、勿論それもOK!
だけど、これだけだど、段々心身も消耗してしまう。

そして”娯楽”だけで心を満たしていると、そういう目で物事や人や、世界を見て判断するようになる。
本質を見る目が養われるかちょっと疑問です。


遊びとは、体験を通して社会性・感性・感動する心
と、記事にはあります。

遊びこそ、ずーっと心の中でも育つものであり、Happyのタネになる。
これがどれだけあるかが、今は勿論この先の老後の豊かさにつながると私は考えています。

思い返せば、私の子ども頃は、子どものうちから娯楽に参加することはそうそうありませんでしたね。


 

私はこの遊びの定義にある“遊び=全生活”というのが、好き!


 

そう、人生が遊びだもの。

遊ばなきゃ!












 



お知らせ!
魔法の質問キッズインストラクター養成講座シンガポール