【キネシオロジー】

タッチフォーヘルスは魔法使い?の巻 その②

 

 

タッチフォーヘルスでの、

バランス調整では、

主に42個の筋肉を使います。

 

 

42個と聞いて、

 

 

多い!!ポーン

と思いましたか?

 

 

少ない!!ポーン

と、

思いましたか?

 

 

私は、少ない!!

と、思いました。

小さい筋肉が、

いっぱい有りそうな気がしていました。

 

 

実際に、この本を見ると、

 

 

42個以上の筋肉の名前が書かれていますが、

(面白そうで買ったけど・・・ちょっと細か過ぎた滝汗)

 

 

タッチフォーヘルスでは、

42個の筋肉でバランスを整えますグッド!キラキラ

 

 

昨日のブログにも書きましたが、

筋肉は体を動かすと言う重要な役割の他に、

感情や、体験を記憶しています。

 

 

私の復習もかねて、

紐解いて行きたいと思います。

 

 

以前、セッションをした時、

クライアントの問題は、

ーーーーーーー

何週間か続く咳、

胸の息苦しさ。

薬を飲んでも、どうにも治らない・・・。

ーーーーーーー

でした。

でも、この問題がタッチフォーヘルスの

セッションでクリアりなるとも、

思っていなかった様です。

 

 

原因はどこに有るだろう・・・?と、

進めて行くと、

 

 

何と、19歳の時の母との関係が出てきました。

 

 

筋肉の反応を見ながら、

少しづつ絞り込んで行くと、

時期や状態が解ってきます。

 

 

実際、本人は何が有ったのかな???

解らないな?と、一瞬はなるけど、

少しすると、

 

 

「あっ、もしかしたらこの出来事かも?」

 

 

と、言う風に不思議と思い出します。

だって、体が反応するくらい、

そして、封印してしまいたい様な、

本人にとっては重要な出来事なんです。

 

 

それを、ずっと閉じ込めていて、

今の、咳や、胸の息苦しさと

体がリンクしたのです。

 

 

理由が解れば、

崩れているバランスを調整すれば、

今の不調が改善されていきます。

 

 

本人が、過去の出来事に気づいた瞬間に、

ふわ~。と、不調が消えていったりもします。

 

 

何時も体は、

自分の為に頑張ってくれています。

 

 

そして、自分でバランスを取っていますが、

でも、色んな事が押し寄せて、

オーバーワークになってしまった時、

中々元に戻れない時もあります。

 

 

 

そんな時に、体からの声を聞いて、

整えてあげると良いかも知れません。

 

 

 

と、言うか。

体の声を聞いてみたいですよねウインク

 

 

 

5月13日に体験会をしようと思っています。

興味がある方は、ご参加下さい♪

無料です。

 

詳しくは次回のブログでお知らせします。

 

 

 

schule しゅーれ

谷口ミカ

 

【キネシオロジー】タッチフォーヘルスは魔法使い?の巻 その①

 

 

始めて、タッチフォーヘルスの体験をした時、

施術者は、魔法使いかと思った。

※タッチフォーヘルスとは

 

 

どんな意味が有って、

その動きをしているのかも読めないし、

始めて見る動きと共に起こる変化に、

何の魔法?

 

 

と、思った。

 

 

それまで、

体の調子悪い時は、

マッサージとか、整体に言ったり、

よっぽど悪い時は病院。

 

 

心の調子が悪い時は、

家でゆっくりしたり、

気分転換したり、

元気になるのを待つみたいな。

 

 

そんな風に生活をして来た。

 

 

それなのに、

体と心は繋がっていて、

バランス調整をすると、

 

 

体も、心も、元気になる!!

と、いう事が起こる。

 

 

え!!

ほんとに?????????

 

 

と、言う体験だった。

ほんとに、不思議だった。

 

 

その調整をしてくれた方は、

80歳で、ご自身の体の不調が改善かれて、

タッチフォーヘルスが大好きです。

と、おっしゃっていました。

 

 

医療行為ではないので、

体を治す!!と言う事は言えませんが、

 

 

心の問題が体を悪くし、

体の問題が心を悪くもするのだなー。

を、知る体験だった。

 

 

 

次回は、

体にある筋肉の話しをしようと思います。

 

 

筋肉は、ただ体を動かす為にあるのでは無いのです。

実は、感情や、体験を記憶しているのです。

 

 

私も、知った時は、びっくりぽん!!だった。

ふふっ。

お楽しみに♪

 

 

 

schule しゅーれ谷口ミカ

 

自分の生きたい様に生きる。

 

そう何年思ってきたか。

でも、自分の生きたい様にが、

今一つ、解らなった。

 

 

多分、

育って来た過程での躾や、

人からの目とか、

色んな物で、自分が形成されて行って

本来の自分はどんな人間だったのか

解らなくなっていたと思う。

 

 

でも、魂の部分で、

ずっと追い求めていた。

 

 

本当に自分らしく生きることを。

そして、自分の生きたい様に生きる。

 

 

今、娘の出産で、

娘の家に来ていて、

 

 

ふと、部屋を見渡すと、

ピュアな生活感が私の周りに溢れている。

 

 

上の子のおもちゃや、

可愛いクッションや、

細々したもの。

 

 

人生を語るのには、

少し、違和感を感じつつ、

自分にスポットを当ててみた。

 

 

あ、チビちゃんが起きてきた。

 

 

続きはまたあした。

 

 

schule しゅーれ

谷口ミカ

 

 

 

 

 

 

 

【子育て支援事業】

私には何が出来るのか?

そして、何をすれば良いのか?

 

 

今月末から4月半ばまで、

娘の出産に伴い、高知を暫く留守にする。

なので、その前に片づけておかないといけない事が

山積み・・・笑い泣き

 

 

今、来年度の幼稚園での子育て支援の

毎月のカリキュラムの内容を考えている。

明後日には仕上げて出したいと思っているが・・・。

 

 

 

さて、さて、

 

 

 

2016、2017と講師として

入らせて頂いて、毎回参加してくれる方も増えて、

「来年度は夏期大学みたいに

レベルを上げた内容にしましょうか~!!」

と、少々、冗談交じりに言うと、

 

 

「あー、それ良いですね~!!」

と、返事が返って来た。

 

 

 

え!!滝汗

 

 

 

そうなん。

そんなレベルを求めてる。

 

 

だったらと、

それも踏まえながら考え始めた。

 

 

やっぱり基本は、お母さんの意識。だと、

思っているが、

ただ、自分を紐解くカリキュラムばかり

やっていても、

子育てに結びつけるのは中々難しい。

 

 

 

今、世間では、

とても重要と言われている。

 

 

「非認知能力」

 

 

簡単に言うと、生き抜く力のこと。

 

 

 

やり抜く力・好奇心・自制心

→人生を成功に導く力だ。

 

 

これは、育った環境や、親の関わり方で、

大きく変わってくる。

恐ろしくもあり、教育の課題だとも言われている。

 

 

 

で、

 

 

私には何が出来るのか?

そして、何をすれば良いのか?

 

 

と、こうなったニヤニヤ

 

 

 

2018は、

「発達と心」をテーマにしようと考えていたが、

夏期大学か~。

 

 

 

何か良い案が有ったら教えてほしい。

 

 

さあ、何個か練ってみるか。

 

 

 

schule しゅーれ

谷口 ミカ

 

 

辛口ですが・・・、第三弾 

<自分に自信を持つまでのストーリー>

 

辛口ですが…、第一弾 

https://ameblo.jp/green04/entry-12356927352.html

 

辛口ですが・・・、第二弾

https://ameblo.jp/green04/entry-12357218000.html

 

****************************

私の体験をもとに、

親に、あなたは頭が悪からと言われ続け、

自分は中途半端な人間だとずっと思ってきた私が、

自分で自分を認め、

自分に自信を持つまでのストーリーを書いて行こうと思います。

https://resast.jp/subscribe/63949

******************************

 

いや~、参った。参った。

 

スラスラと続けて書く予定が、

かなり空いてしまった。

 

気分が乗らないと書けない性分で、

ダメやな~ぼけー

 

 

でも気おとり直して、

第三弾を書きます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

長女を妊娠した。まで進みましたね。

やっと自分を取り戻せそうになって来ました。

 

 

「世界でたった一人なんだ・・・チーン

と言う気持ちは消えて、

心の芯が暖かくなって、

少しは、自分の価値を見出せたりもした。

 

 

まあ、自分の価値と言っても、

「人間を分けたら男か女、

 私は子供を産む女の方だった」

て、くらいの価値だったんですが。

 

 

その2年後、長男を出産して、

その4年後、離婚をした。

 

 

人生は、ただ時間だけが過ぎていくんだなー。

 

と、感じていた。

 

 

子育て中の楽しいことや、

大変だったこと、

お金で困ったことや、

彼のこと、

 

 

色んな時間が有ったと思うけど、

今思い起こしても、

余り思い出せない。

 

 

その時の事を、あえて言えば、

嫌いな食べ物を、

例えば、始めて食べたパクチーとか、

納豆とかのあの嫌な感覚。

口の中で、オエ~。

となる感覚を感じる。

 

 

だから、ただ時間だけが過ぎていくんだなー。

と、しか思いだせない。

 

 

将来はこうなりたい!!

いつかはこんな事したい!!

なんて事も一度も思った事が無かった。

 

 

でも、人生の転機と言うのは、

望んでいるから来るのでは無くて、

知らぬ間に、忍び寄って来て、

バコーンと頭を殴られたかの様に、

心に衝撃が走る。

 

 

42歳の時、

自分と向き合う人生が始まった。

 

 

う~ん。

今では一般的な言葉になってきたけど、

それってどういう意味?

よね。

 

 

自分と向きあうって何?

 

 

簡単に言うと、

自分の嫌な所を見る事で、

自分らしさが解り、

毎日が楽しく、幸せに変わる。

 

 

よけい意味不明かな・・・ニヤニヤ

 

 

まあ、自分から逃げていて、

悪いことは人のせいで、

人生はそう楽しい事何てない。

と思っていた。

から、脱出をしようと思った。

それが、自分と向き合うって事だと思う。

 

 

切っ掛けは、ブレインジムと出会いだ。

最初からインストラクターを目指していたので、

好きだ嫌いだと思う間もなく、

どんどん進んで行った。

 

 

上級クラスになる程、

自分の中の感情を見て行くので、

途中、パニック障害になった。

※克服できた理由は、またの機会に書きたいと思う。

 

 

毎回テーマを決めて、セッションを

進めていくんだけど、

 

 

毎回、毎回、

母親の事がテーマになった。

些細な問題で初めているのに、

結局母親との問題をクリアにしたい!!

と、強く望んでいる自分がいつも出てきた。

 

 

ある日のセッションで、

決められた動きをしながら、

「私は、母親を愛しています。」

と、アフォメーションを言わないといけなくて、

でも、どうしても言えなくて。

 

 

感情も入れずにただ言ったらいいやん!!

と、自分に言い聞かせてるのに、

どうしても、声にする事が出来なかった。

 

 

幸い、同じく受講している人達が、

言ってくれて、私はただ動きだけをしていた。

 

 

その時の光景は、

今でも、目に焼き付いている。

 

 

私は、そこまで母親を憎んでいたのか。

知らなかった。

 

 

 

第4弾に続く。

 

 

 

 

https://resast.jp/subscribe/63949

 

 

schule しゅーれ

谷口ミカ