ハリアー「ステアリングコラム」変えてみた♪ | Grazio&Co.社長日記

テーマ:

 

フフ・・・・ラブラブ

 

ですよ、これに尽きますチューラブラブ

 

 

 

じ~~~っくりと

 

試行錯誤を重ね、(職人の方々が)

 

遂に攻略を果たしましたキラキラ

 

 

 

 

この

 

「ステアリングコラムカバー」

 

ですよ爆  笑チョキ

 

 

”覆す”

 

まさに常識とか固定概念ですよねひらめき電球

 

なによりも僕自身が

 

(無理だろってばよ・・・・・・アセアセ汗

 

と、

 

内心思っちゃってたんですからねあせる

 

 

 

そんなわけで、

 

もの凄く時間がかかり

 

叡智を結集したビックリマーク

 

 

・・・・・・割には交換が妙に簡単えーんガーン

 

 

という(笑)

 

コラムカバーの交換方法など

 

ご紹介してみますねグッド!

 

 

 

 

まずですね、エンジンを掛けて

 

頂きましてステアリングを90°に。

 

するとネジが見えますよねはてなマーク

 

これを外します。

 

 

 

 

今後はステアリングを

 

反対側に切って、逆サイドにも

 

同じようにネジがありますので

 

外します。

 

 

 

あ、

 

ちなみにこの作業

 

 

「クリップ折らせたら都筑No.1(15年連続)」キラキラ

 

 

金字塔金田がお届けしてますのでチューチョキ

 

 

写真に写ってないけど、

 

すぐ横にピット長が

 

”ガクブルで”ガーン

 

ず~~~~~~~~~っとあせる

 

見てましたから大丈夫っすよ照れチョキ

 

 

 

で。

 

 

 

真下にもネジがあるので

 

外します。

 

合計3ヶ所です、全て同じネジなので

 

ごちゃ混ぜにしちゃいましょう~爆  笑花火

 

 

 

 

その後メーターから伸びている

 

防埃カバーを外します。

 

パチン、パチン

 

と簡単に外れますグッド!

 

 

 

 

そして パッカーーーンクラッカークラッカー

 

と ”上蓋” からやっちまって下さい音譜

 

 

 

そして次は

 

 

 

下側を外すんだけど、

 

車両が オート調整 の場合

 

写真の位置にノブが出ていますあせる

 

 

向かって左ですよね、

 

カバー下半分の左側を

 

少し意識してふくらますように

 

すると避けてくれますひらめき電球

 

 

ノブにカバーが触れるたびに

 

うぃ~~~~ん

 

 

ステアリングが上下したりしますが

 

ここで引いたら負けですのでパー

 

 

「一切動じていない」

 

 

という事を外観上アピールしましょう注意

 

(笑)

 

 

 

 

そして上下のカバーが

 

外れましたら

 

上からウインカーレバーや

 

ワイパーレバーの源流(?)など

 

(なるほど・・・・・・)

 

と思いつつ眺めます照れキラキラ

 

 

 

 

 

逆の手順で組み込んで

 

3本のネジを固定したら完了ですグッド!

 

 

組み込む際に 革 に傷をつけたり

 

してしまうのが不安な場合は

 

予め製品を養生しておくと

 

いいかもですよ花火

 

 

 

最後に

 

 

念の為、各レバーの動作や

 

電動チルトなどの動作、

 

それとステアリングを回してみて

 

シャーシャーガーン

 

と干渉してないかはてなマーク

 

 

 

などのチェックも忘れずに

 

お願いしますね注意

 

 

 

だいたい僕がやっても

 

10分位。

 

既に ご依頼のオーナー様(!) の

 

作業を先日ピット長が

 

やりましたら2~3分でしたおーっ!あせる

 

 

 

ロープーは違うぜ・・・笑い泣き

 

 

と、思いましたひらめき電球

 

 

 

 

ということで、最後は恒例の(?)

 

 

「交換前~交換後」

 

 

の景色などご堪能下さいラブラブ

 

 

 

 

こちら交換前、純正時。

 

 

 

 

こちら交換後照れ音譜

 

ステッチワークがこの上なく

 

満足感を高めてくれます。

 

 

 

 

 

面積の大半を実は ”下カバー” が

 

占めているので

 

こんな角度からも。

 

 

 

 

車の外からドアを開けた時など

 

「おおお~~~びっくりハッ

 

となります(笑)

 

 

 

 

反対側ですと

 

 

 

純正ではこうでしたが・・・・・・

 

 

 

 

こんな風になりますキラキラ

 

 

弊社デモ機の場合は

 

”ダッシュアンダーカバー”

 

もレザー仕様となっているので、

 

この連動性がね・・・

 

 

皆までは申しませんっ爆  笑チョキ

 

 

 

みんな欲しくなっちゃうからチューラブラブラブラブ

 

(笑)

 

 

 

最後にこの角度、

 

 

 

これが純正時で、

 

 

 

 

これが交換後です。

 

ステアリングをにょい~~~んと

 

一番手前に引っ張り出すことで

 

ステッチの見える範囲が

 

どんどん広くなります花火

 

 

ステッチを見せたいからといって

 

変な運転姿勢を

 

無理に実践しないように注意

 

 

・・・・・一回やってみたけどチューあせる

 

 

 

 

 

と、いうわけで

 

いよいよここまで煮詰められた

 

「ハリアー・レザーEXCLUSIVE」

 

でございますキラキラ

 

 

最初 ”Aピラーパネル” で

 

皆様のご機嫌を伺った頃は

 

 

(高けぇわ・・・)

 

とか

 

(アホかこの人)

 

などなど満載でございましたが爆  笑クラッカークラッカー

 

 

 

つか、ホントに


そのへんの感覚が

 

アホなのかもしれませんがあせる

 

「折れない心」

 

が実を結びましての

 

現在の工場大忙しビックリマークビックリマークおーっ!ハッ

 

へと開花致しました・・・(涙)ガーベラ

 

 

 

 

というわけで最新作

 

「ステアリングコラム」

 

交換手順及び装着比較の

 

レポートでございました音譜

 

 

 

 

 

でわでわロケット

 

 

 

 

 

 

●60系ハリアー 「レザーEXCLUSIVE」

http://www.grazio-co.com/60harrier_mc/su602_pvc.html

 

*ご用命の際は

 前期 または 後期、と合わせまして

 手動 または オート をご指定下さい。