Grazio&Co.社長日記

 

 

 

でも黒でもない。

 

グレーですよ・・・照れOK

 

 

数多く存在するトヨタ純正色。

 

 

その中でも好きなカラートップ5

 

に入ってくる

 

”1G3グレーメタリック”

 

な50系RAV4でございます風船

 

 

 

川崎市よりお越しのK様、

 

この度は弊社製品のご用命とご入庫

 

誠にありがとうございました!

 

 

 

今回ご依頼を頂きましたのは

 

 

エンブレムデアソベUMAくん

 

 

 

 

全部で8カラーある選択肢より

 

”マットブラックカラー”

 

をご選択頂きまして、その模様を

 

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

まずはリヤのTマーク。

 

 

お馴染みですよね、純正メッキ。

 

背景にはブルー意匠のプレート。

 

 

 

これを・・・

 

 

 

 

 

大きく印象が変わるこの仕様へにやり花火

 

 

ソリッドカラーエンブレムより

 

「マットブラック」

 

を装着した1G3でのケースとなります。

 

 

 

これを機にK様には

 

”ハイブリッドプレート”

 

ともお別れして頂きまして風船

 

この姿となりました。

 

 

 

 

 

 

コチラのRAV4ロゴも同じように・・・

 

 

 

 

 

 

「マットブラック」

 

仕様でかなりスパルタンな印象にOK

 

 

 

なんかもうここへ来て

 

すっかりこの仕様は

 

”アドベンチャーの代名詞”

 

となった感がありますが・・・

 

 

 

そんなことない!

 

 

HYBRIDオーナー様もぜひ

 

お好みを優先してご選択頂きたいとルンルン

 

 

 

 

今回はこの2点の交換でございましたが、

 

例えばアドベンチャーとの違い

 

 

より訴求したいな~なんて時には

 

 

 

 

 

 

ぜひこんな

 

「4レリーフ」

 

なども併用して頂きたいですねグッ

 

 

 

エンブレムは ”マットブラック”

 

なんだけど

 

「4」 だけはレッド花火

 

 

・・・とかですよね、

 

すごく良いと思うんです照れチョキ

 

 

 

 

というわけで、今回は

 

 

 

 

 

こちらのご入庫時から・・・

 

 

 

 

 

 

このリヤビューへキラキラ

 

 

ちなみに今回、右サイドの

 

”シナジードライブ”

 

はオーナー様のご意向により

 

撤去させて頂きましたOK

 

 

 

パット見はホントにガソリンモデルみたい!?

 

 

 

でも・・・

 

セルが回らず、音もないスタート・・・

 

ということで

 

 

 

おおっハッハイブリッドかよ・・・タラー

 

 

 

 

っていうですねゲラゲラおいで

 

 

 

うん、ボクの大好物系ですなチューラブラブ

 

 

 

 

 

 

というわけでK様、

 

この度は弊社プロダクトを

 

ご用命くださいまして

 

誠にありがとうございました!

 

 

 

ぜひまたのご来店もお待ちしております。

 

 

 

 

 

それではまた~バイバイビーグルあたま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●50系RAV4 「エンブレムデアソベ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車高が低いなっおーっ!ハッ

 

 

という常連様にご入庫頂きました花火

 

 

神奈川県内よりお越し頂きますT様、

 

いつもいつも本当に弊社をご愛顧頂き

 

誠にありがとうございます笑い泣き

 

 

 

 

それにしても・・・

 

 

エアロレス車だと

 

更に輪をかけて車高が低く感じます。

 

 

ナチュラルに低い

 

 

と言いましょうか照れグッ

 

 

 

”他の力を借りてない”

 

と言えばいいのか・・・

 

 

そんな気がしますね音譜

 

 

 

という80系でございますが~

 

今回は 「同色」 をテーマに

 

お届けして参りますよ!

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちらのカット。

 

 

はい、ロワグリルねラブおいで

 

うちのお客様がさ~せんねあせる

 

 

ギラギラ

 

 

照れキラキラ

 

 

 

というこのカットでございますが、

 

今回はグリルじゃない。

 

 

その横!

 

ダクトなんです。

 

 

 

 

 

 

 

こちら花火

 

 

同色でございますグッ

 

 

この使い分け、お見事っ!

 

 

 

 

 

 

 

グリルは202ブラック。

 

ダクトは070パール。

 

まさにこれこそ適材適所ですねびっくりハッ

 

 

 

白くなったことで

 

 

「ダクトがよりダクトに」

 

 

なったような印象もございますね音譜

 

 

”横スリット” がハッキリと

 

見えるようになるからなんでしょうね。

 

参考になります。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、全体的に黒いと

 

よくわからなかった事としましては

 

 

”向こう側に貫通している”

 

 

事がかなり明確になります爆  笑おいで

 

 

 

これもパール仕様のメリットかな~と

 

思いましたチョキ

 

 

 

 

 

そして。

 

 

 

「同色」 と言えばもうひとつ!

 

人気のパートがございます花火

 

 

 

 

 

 

 

こちら、「ドアミラー」ですね~音譜

 

 

T様はご覧の通り、カバー側に

 

”ソニックチタニウム”

 

という

 

LEXUSカラーを採用されておりますグッ

 

 

これが既にこの段階で

 

個性的な存在感となっておりますが・・・

 

今回はさらに!

 

 

 

 

 

 

この仕様へとヴァージョンアップ上矢印上矢印

 

 

カバー部分の

 

”ソニックチタニウム”

 

は、そのまま継承して頂きまして

 

本体は全面に及び外板塗装の

 

 

「カラードドアミラーASSY」

 

 

でございます照れキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

サイドからの変化度合いも。

 

これがご入庫時の頃となりまして、

 

 

 

 

 

 

こちらが交換後となっております音譜

 

 

 

今回、本体を全面070とするにあたって

 

T様は相当悩まれておりましてあせる

 

 

このLEXUSカラーを継承するか?

 

このタイミングでカバーも070か?

 

 

 

と、すごく悩んでました。

 

 

だけど、

 

「カバーなら即時変えられるし~グッ

 

の、一言で解決爆  笑おいで

 

 

 

 

まずはソニックチタニウムとの

 

コンビでこの日はお帰り頂くことに

 

なった次第なんですOK

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、逆サイドからの眺めは

 

ご覧の通りの艷やかな塗装品質で

 

070が全周行き渡る景色にキラキラ

 

 

 

運転中でも本当に気分が変わりますし、

 

なによりも

 

高級感が断然違う

 

というのがこのドアミラー照れ音譜

 

 

 

 

 

更に輪をかけて、冒頭にご紹介の

 

 

 

 

バンパーサイドダクトの同色仕様

 

もございますので、

 

この雰囲気ですよ照れラブラブ

 

 

 

 

いろんな魅せ方があって

 

それぞれに個性がある・・・

 

 

やっぱりひとえにクルマいじりと言っても

 

奥が深いですよねっチューあせる

 

 

 

 

というわけでT様、

 

今回も大変楽しい時間を

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

「ブラウン革」

 

ぜひ、ご期待下さいませOK

 

 

 

 

それではまたロケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●80系ハリアー 「エクステリア純正然」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しく浮かび上がる紫の粒子・・・

 

スパークリングブラック外板

 

60系ハリアーでございます照れルンルン

 

 

 

このカラーは本当に60系で初登場してから

 

60系ハリアーの代名詞的

 

な存在かなって思いますよ!

 

 

現在は219へと移行しているけど・・・

 

 

80系で 「220」 があったらどうなるか?

 

なんて思いを巡らせたり

 

してしまいますね~

 

そんなハリアーでご入庫頂きました

 

神奈川県内よりお越しのK様風船

 

この度はご来店ありがとうございました。

 

 

 

 

昨今のトヨタ各モデルでは

 

急速に純正採用が加速しました

 

”車内USBポート”

 

なんですけどが~

 

当日記読者の皆様は

 

御存知の通り花火

 

 

もういち早く ”純正然な” 車載USBの

 

ご提案を行っておりました弊社照れチョキ

 

 

 

 

 

 

 

もうおなじみのカットとなりますが

 

60系ハリアーはこの場所に風船

 

 

 

 

 

セットいたしますにやりOK

 

 

このフィット感、そして存在感。

 

まるで 純正OP かのような

 

佇まいが多くの ”事情通” な皆様より

 

評価を頂けました

 

 

「POWER USB 4.2TT」

 

 

がこちらでございますキラキラ

 

 

 

 

 

 

従来はこの 長方形 な規格サイズ、

 

コレに合わせてジャストフィット花火

 

となるように設計された

 

 

 

 

 

高いフィッティング精度にこだわった

 

製品でございます。

 

 

 

画像は 「消灯時」 ですが、

 

イグニッションONとともにふたつの四角い

 

差込口が発光キラキラ

 

 

夜間でも差込口の認識を

 

向上させる狙い、

 

それと単純に室内のライティングという

 

演出効果もあるんですよOK

 

 

 

 

今でも、”現行規格”のオーナー様より

 

 

「照明機能付き出ないの?

 

 

などのお問い合わせを頂くことがあります。

 

確かにYARISにもハリアーにも

 

RAIZEにも・・・

 

 

「純正でUSBポートが付いた」

 

 

のは喜ばしいことなんだけどアセアセ

 

 

 

・・・ごめん、

 

これじゃないんだよな真顔タラー

 

 

 

 

というお気持ちも

 

ものすごく良くわかります!

 

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらが充電中。

 

オレンジ照明ですOK

 

 

 

 

~で、

 

そんな 現行規格 のモデルに

 

お乗りのオーナー様へ向けても

 

実は・・・

 

 

 

製品進行中

 

 

なんですよゲラゲラおいで

 

 

 

 

規格サイズ自体が

 

かなり小型化されちゃったので、

 

そういう意味では控えめなのかもアセアセ

 

 

でも、

 

照明機能を内蔵していて

 

純正ジャストサイズで・・・

 

 

という進化版も実は進行しています。

 

 

 

 

 

最後少しCMのようになったけどアセアセ

 

 

従来規格のオーナー様には

 

まだまだ人気の

 

”POWER USB 4.2TT”

 

をぜひご検討下さいませルンルン

 

 

 

 

 

 

 

というわけでK様、

 

この度は改めまして弊社へのご入庫

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

まだまだハリアーライフ花火

 

 

大いに楽しんで頂きたいですにやり風船

 

 

 

 

それではまたバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●「POWER USBシリーズ 専用ページ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味・趣向性が極めて高い車種・・・

 

 

代表格じゃないかと思いまして。

 

 

 

”シンプルにまとめる”

 

 

のは、弊社のブランドアイデンティティ

 

ではあるんですけども・・・

 

 

 

色々と考えまして真顔ひらめき電球

 

 

 

 

 

 

最初、こんな意匠のものから

 

ご紹介させて頂こう!

 

 

~と、考えました。

 

 

綾織レッドカーボン

 

 

でございますキラキラ

 

 

 

もちろん、本物です。

 

”リアルカーボン”

 

でございます。

 

 

 

 

 

 

こちらのパートは

 

「シフトゲートカバー」

 

となります。

 

 

ちょうど中央の空洞には

 

シフトブーツがセットされる場所。

 

 

 

 

 

 

 

赤いケブラーと黒い炭素が織りなす

 

このギラついた表面・・・

 

 

妖しさは満点

 

 

でございます照れ100点

 

 

 

それと、もうひとつは

 

ドアセクションにですね

 

 

 

 

 

 

こんな感じです音譜チョキ

 

 

2つのアイテムが同時に映っています。

 

ひとつは

 

「ウインドウSWベース」

 

となります。

 

 

もうひとつは くの字 のような・・・

 

ブーメランのような?

 

 

「ドアベゼルアクセント」

 

 

と命名致しましたOK

 

 

 

 

 

 

この急カーブですよ注意

 

 

この形状、小さいながらも

 

”腕の見せ所”

 

でございます花火

 

 

 

 

 

 

 

ほら!こんなに鋭角なのっびっくりハッ

 

 

よみうりランドの ”ランド坂” みたい爆  笑おいで

 

 

 

 

ちなみに、このアクセントが収まっている

 

全体のパネル。

 

これは後ほど

 

「レザーエクスクルーシブ」

 

にて再登場致しますので

 

お愉しみして頂きたいですラブチョキ

 

 

 

 

 

 

これはウインドウSWベース。

 

 

この瑞々しいトップ皮膜・・・

 

お伝えできておりますでしょうか爆  笑OK

 

 

 

これがGRヤリスの室内にね・・・

 

 

 

装着されたらどうなるかな?チュー

 

 

 

楽しみです、まだ付けてません。

 

 

 

 

 

今回インテリアは相当本格的に

 

着手するつもりです。

 

 

 

一番は 「レザー&ステッチ」 ですね音譜

 

 

そして ”Ultrasuede” にも

 

相当出番がございますグッ

 

 

 

更には今回先陣を切ってご紹介致しました

 

「リアルカーボントリム」

 

という大まかな構成となります。

 

 

 

 

 

ちなみに、ノーマルのGRヤリス。

 

 

 

 

 

うん・・・アレだね真顔汗

 

 

 

チョット待ってて!おーっ!ハッ

 

 

 

という感じで、

 

本当にスーパースポーツを凌駕する

 

ミッション節度やハンドリングに

 

ブレーキング性能ラブチョキ

 

 

 

やっぱり

 

 

 

 

 

このくらいぶっ飛んでても

 

良いんじゃないのかな?

 

 

 

というのがボク個人の意見でした。

 

 

ですが、もちろんひらめき電球

 

 

”ブラックカーボン綾織”

 

 

も登場致しますので

 

ご安心下さい。

 

 

 

 

 

レッドカーボンが成功したので

 

調子に乗っているわけじゃないんですが・・・

 

 

”イエローカーボン”

 

 

とかですねキラキラ

 

 

”718 GT4オプション内装”

 

 

みたいな雰囲気で良いですよね・・・照れラブラブ

 

 

やってみたいですアップ

 

 

 

 

ボクの構想の中では、今回の

 

一番の魅せ場というのが

 

 

”ドアライニングASSY”

 

 

という究極素材による完成形のもの

 

をご用意したくてですねキラキラ

 

 

 

 

ドアも2枚しか無いしチューおいで

 

 

 

 

 

 

外見は大迫力!

 

 

さらに。

 

 

中を見てまたビックリびっくりハッ

 

 

~な、GRヤリスを創ります。

 

 

 

 

見ててね爆  笑チョキ

 

 

 

 

 

でわまた~カクテル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●「GRヤリス・メインページ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライズ号ですキラキラ

 

 

フロントドアの内張りです。

 

 

最近この話題多いですあせる

 

この後 GRヤリス 

 

控えておりますチューおいで

 

 

 

 

 

この内張りをですね?

 

 

 

 

 

 

こうしたいなぁ~照れ虹

 

 

 

・・・って、思ってまして。

 

 

黄色い所はレザーキラキラ

 

青い所は塗装加飾音譜

 

 

 

 

リヤドアも・・・

 

 

 

 

 

こんな風に素材を使用すれば

 

見違えるぞっ爆  笑おいで

 

 

 

・・・っていう目論見。

 

 

 

 

というか、

 

目論見でした・・・

 

 

 

と言ったほうが良いのか汗

 

 

 

 

 

 

 

早速、弊社のオーナーに

 

 

 

「ねぇねぇ、内張り無しで1ヶ月くらい

 

過ごしてくんない?お願い

 

 

 

「業務命令だけどニヤキラキラ

 

 

 

 

 

と、言って

 

完封シャットアウト!グッ

 

 

 

 

さて・・・。

 

 

 

この内張りが問題だが汗

 

 

 

 

 

 

 

驚愕のっ!!アセアセハッ

 

 

 

一体成型!?びっくりハッ

 

 

 

 

外装部品並の金型?おーっ!あせる

 

 

 

 

 

 

 

熱着もはるか後方に

 

追いやられてますな・・・

 

 

 

まさかの

 

 

フル一体成型笑い泣きチョキ

 

 

 

 

ちなみに

 

”インサイドハンドルベゼル”

 

は・・・?

 

 

 

 

 

 

まぢでか・・・ガーン

 

 

 

 

!?

 

ちなみに ”アームレスト” は??ハッ

 

 

 

 

 

 

 

これ・・・

 

なんでくっついたまま

 

置いてあるのよおーっ!汗

 

 

 

 

 

 

 

こうしたいのよっ真顔汗

 

 

 

 

 

 

 

くっついて見えるよっびっくりあせる

 

 

 

 

 

 

 

凶暴かよっえーんチョキ

 

 

 

 

 

 

 

全部、部品が1コやん・・・基本笑い泣きおいで

 

 

 

 

 

でも、ドアポケットとかはさ

 

造形的に言っても

 

・・・だって

 

型からどうやって抜く?

 

 

 

 

って、

 

 

 

 

 

 

1コやん・・・アセアセガーン

 

 

 

 

 

・・・ちっむかっ

 

 

 

どうすんべ!?あせる

 

 

 

 

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

 

 

・・・・切る?真顔ハッ

 

 

 

 

 

また?

 

 

メーターの時みたく・・・!?アセアセあせる

 

 

 

 

 

「切って良いかどうか」

 

 

は、

 

 

誰が聞くの・・・?真顔ビーグルあたま汗

 

 

 

 

 

 

そもそもさ・・・

 

 

 

熱着じゃないものを切って、

 

それこそ

 

元に戻せんの?アセアセ汗

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう

 

やりとりでございましたキラキラ

 

 

 

 

 

 

・・・ええ。

 

 

 

もちろん切りますがね照れグッ

 

 

 

 

 

元に戻らなければ・・・

 

 

 

弁償コインたち

 

 

 

ですな爆  笑おいで

 

 

 

 

 

 

 

しかしライズ・・・

 

 

ドア内張りの部品構成が

 

 

1台分で4点構成おーっ!ハッ

 

 

とは・・・

 

 

2000万パワーズ

 

 

でも敵わないぞえーんあせる

 

(バッファローマンとモンゴルマンのタッグですね)

 

 

 

 

 

 

 

ぬぬぬ・・・見てろよ、ダイハツっムキー炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく ビーグルあたまプリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●Grazio&Co. 「トヨタライズ メインページ」