おもに立ち食いそば

立ち食いそばを中心とした食日記。

NEW !
テーマ:

書き仕事が続いておりまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩がこるし腰もヤバいので、週に2回ほど、整骨院に通っているんだ。

そこの担当のU田先生(30歳)はヒップホップ・ヘッズなので、いつも腰を押してもらったりしながらヒップホップ談義をしているんだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の話題は、新作『MoBB Life』がヤバすぎるBAD HOPですね。

そういう話ができる先生のいる整骨院が近所にあって、マジよかったわー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それはともかく一日の大半を書斎で過ごすような毎日でありますので、体を動かす必要があるのです。

そこで整骨院の帰り、お昼を食べに自転車で西荻まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠置そば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書いたことがあるけど、なかなかクオリティの高いそばを出してくれるところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんにしよーかなー?

 

 

 

 

 

揚げものも充実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう秋だよ。これからは、会うことも少なくなるよね……」ってことで、冷やしたぬきそば+生卵)にしばしの別れをすることにした。

 

 

 

 

 

もう肌寒いんで、ここまで清涼感アピールされても困るんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そばがおいしいことで有名なこの店は、冷やしの場合きちんとそばを水で締めてくれるので、コシの強さがたまRUN DMC。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼んだかい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼んでナイス&スムース。

 

 

 

 

ナイス&スムースでーっす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリがないですね、すみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ、西荻の笠置そばはやっぱりおいしいというお話でしたよ。

 

 

 

 

 

たったそれだけのことで、ここまで引っぱる無駄。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【別件】

本日発売の「ミュージック・マガジン」10月号で、ライムスターにインタビューしてます。8ページの超ロングだぜ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハイレゾのセッティングに不具合が生じ、いつも助けてくださるS良さんがヘルプに来てくれました。

感謝。

 

しかも幸いにして問題点はすぐに解決したので(申し訳ナイス&スムース)、やしろ食堂へ行こうということに。

でも、その時点で21時ですよ。

 

やしろ食堂は22時閉店だから、なんとなく気分が落ち着かないよね、ということで同じ教会通りのネパール料理店「KENTA」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネパール料理店なのにちょうちんが下がっている謎の店。

前にSNSにもアップしたけど、ちょうちんが味わい深くてですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イソド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうちんはあるわ、メニューにはホッピーセットもあるわで、そのあたりには違和感ありあり。

 

前に理由を聞いたら、日本人のアドバイザーがいるらしいんですよ。つまりそいつその方が「ホッピーもメニューに入れるべきだ」とか、とんでもないアドバイスをしているらしいんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、こういうお店にホッピー求めないんで」と反論したことが前にあるんだけど、店主は純粋な方で、謎のアドバイザーの助言を信じきっている様子。

まぁ、仕方がないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに夫婦ともにネパール人なのですが、日本が大好きなので息子に「KENTA」という名前をつけて、それを店名にしたんだって。

 

いい話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人アドバイザーのせいでイメージが悪くなっている部分はあるのですが、実はここ、なかなかおいしいんですよ。

荻窪でトップのインド料理店は「ナタラジ」だが、こちらも捨てがたいよ。

 

その根拠として、厨房が磨き上げられていることを挙げたい。

そういうところ、すごく大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはネパールビール。

 

 

 

 

 

お通し的なもの。

 

 

 

 

 

豆のサラダ。

 

 

 

マサラパパド。

 

 

 

サモサ(ケチャップにピントが合っていることは気にしない)。

 

 

 

チキンティッカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題はですね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも文句なしにおいしいのに、値段がどれも500円以下なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに安くて経営は大丈夫なのか?

謎の日本人アドバイザーに騙されているのではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ思うのですが、おいしいのでぜひ足を運んでいただきたい。

 

そのアドバイザーは僕だったとかいうオチはないので、ぜひとも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにテイクアウトの利用率は定着しているみたいで、僕らがいる間にも次からつぎへとテイクアウトのお客さんが訪れるのでした。

 

だったら店内でも食べてごらん。

清潔だし、居心地いいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、2人だったので、野菜のカレーをシェアしたころには食べすぎ信号が鳴り響いたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この店、これからも応援したい。

まじめで誠実で、いいお店だからね。

「KENTA会」を企画したら、来てくれる人はいるかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「すっごい緊張してます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A出版のK内さんは、顔を引きつらせながら言うのでした。

いや、「ぜひ連れてってください!」と頼まれてたんですよ、三益に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、「おじさんが怖いよ」とか脅かしすぎちゃったようです。

大げさなこと言っちゃって申し訳ない。

決してそんなに怖くはなく、たまに「もう来なくていいから!」って追い返す程度なのにね(初心者には十分こわいわ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな日常。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「印南さん、ひさしぶりだよね。春木屋に並んでるとこ見たから、『あー、それで来ないんだな』って思ってたよ」

「だから言ったじゃないですか、春木屋でバイトしてるんだって」

 

 

 

 

 

いつものお約束の会話。

マンネリという言葉は、ここでは通用しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焦げが目立つ餃子も、三益だから許されるのだ。

「この餃子、めっちゃめちゃうまいっすね!」と、K内さんもご満悦。

おじさんからも気に入られ、いろいろツッコマレてたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャーシューも出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、「なに食べますか?」と尋ねたところ、ラーメンを選ばず、「焼きそばも気になってるんですよね」とK内さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう選択肢があったか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみると、三益で焼きそばを食べようだなんて考えたことがなかった。

そもそも僕は、日本のごはんに欠かせないソースってやつをあまり信用していないのです。

あれって味が強すぎるからさー、かけたが最後、どんな素材もソース味になっちゃうじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺の色に染まれ!」と言われているようで、それがちょっと気に入らない。

 

俺は貴様に指図されたくない。

ソースには、ついついそんな感情を抱いてしまうのです(たかがソースでめんどくせえ)。

 

 

 

 

だから正直、期待はしてなかったんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは正しい!

 

 

 

 

 

なんといいますか、日本の正統的な焼きそば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どものころに食べたアラビヤン焼そばを思い出させるような。

合成着色料バキバキの紅生姜もいい感じじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして麺だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさん自慢の自家製麺は、焼きそばにしても香ばしくおいしいんですよ。

ソースに負けていない(もうすっかり、ソースは悪者だな)。

 

 

 

 

 

毎朝5時から、この製麺機でつくってるんだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日清のいちばん高い粉使ってるから!」という言葉は、井手隊長の「あれはオーションっていう、日清でいちばん安い粉です」という無慈悲な言葉によって覆されてしまったが、いやいや、値段がどうという以前に、ここまでの風味を引き出せるのはおじさんのヤバスギルスキル Part1000000000000のたまものですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれK内さんも気に入ってくれたようだし、紹介してよかったと思ったのでした。

帯状疱疹に悩まされていたおじさんの体調もよくなってきたみたいだし、いろいろ安心しました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨晩は、約1年ぶりで高円寺の秘境こと「バーミィ」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エスニック料理屋なのに店内はエスニック要素ゼロ。

しかもレコードが2万枚もあるという、非常に素敵なお店です。

料理もおいしいしね。

 

 

 

 

 

オーナーのおふたりと知り合ったのは、彼らが荻窪でロック飲み屋をやっていたころ。

だから30年以上のつきあいになるんだな。

 

 

 

 

 

好き嫌いの分かれる店かもしれないけど、居心地抜群。

お連れした知人も、とても気に入ってくれました。

だから大いに盛り上がり、2人でワイン2本空けてしまうことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで一夜明けたきょうのお昼、急に思ったんですよ。

考えてみると、「江戸丸」のそばをしばらく食べてないなって。

 

そう考えたらいてもたってもいられなくなり、昨日に続いて高円寺まで自転車飛ばして行ってきたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この風景は変わりませんなぁ。

完全なる男の世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉そば+卵を注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに特等席で環七の排気ガスを浴びながら食べるつもりだったんだけど、あいにく埋まってますな。

 

 

 

 

 

残念だけど、空いてないなら仕方がない。

きょうは、足元の傾斜がきつい店頭カウンターでいただくことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BGMはNHKラジオ。

正しい選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ました。

おばちゃんが「熱いので気をつけてください」って声をかけてくれたけど、

 

 

 

 

 

本当に丼が熱すぎて困った。

ぬるいよりはいいけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺はボソボソ、つゆは甘み控えめ、そして肉は硬い。

 

 

 

 

 

だけど、それがおいしいんだよなぁ。

 

 

 

 

 

なんだかホッとするんですよ。

しかも、ほどよく二日酔いに効く感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べていたら、隣にタクシー運転手さんが。

どうやら常連らしく、お店のおばちゃんたちと親しげに話している。

 

タクシーを、近くのコインパーキングに停めてきたらしいよ。

 

 

 

 

 

「高いそばだよ」とか言ってたけど、駐車場代を払ってまで食べに来たくなる理由は、なんとなくわかる気がしたのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

午後イチ、ラジオのゲストコーナー収録のため、いつもの赤坂のスタジオ。

 

終了後はお昼を食べようと思って、前にフラれた長寿庵の赤坂本店に行ってみたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どどーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいかわらず偉そうな立派な外観ですな。

前回はかなり早い時間にしまってたけど、今回は

 

 

 

 

 

営業中ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうことだったらしい。

だから前回は閉まってたんだな。納得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがは赤坂本店で、こじんまりとしてはいるものの、きちんとしていて清潔な内装。

 

この雰囲気でBGMがJPOPってーのは違和感あったけど、まぁよしとしよう。

 

 

 

 

 

それはそうと、なにをいただきましょうか?

ランチメニューは終わっていたし、グランドメニューは意外に少なくて、なにを頼んだらいいのかわからなくなってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またそのパターンかよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めんどくさいことこの上なし。

でも、こんなことが書いてあるよ。

天せいろ(看板の逸品)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぅ、せっかくそこまでおっしゃるなら、それにしましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

日ごろから、天ぷら好きじゃないって言ってるのにね。

わけわかんないね。

 

 

 

 

 

自分でも、そんな自分がわからないんだから責めないでおくれ。

でも、お店のお姉さんがかわいかったから許すよ(まったく意味不明問題)。

 

 

 

 

で、その愛想がよくてかわいいお姉さんが持ってきてくれたのがこれだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そば(見ればわかる)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いたって普通ですが、そもそも僕は、十割そばがどうとか、そういうことはどうでもいいと思っています。

 

 

 

 

 

そばは、そば。

 

 

 

 

 

それでいいじゃないですか。

そういう意味において、ここのそばは合格。

普通だけど、しっかりコシはあるしシャッキリしているし、これはこれでよろしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は天ぷらだ。

 

 

 

 

 

いや、お店の名誉のために書いておくと、天ぷらのクオリティに罪はまったくありませんでした。

 

 

カラッと揚がっていて、素材の味がしっかりしたしね。

つまり、これは富士そばの紅生姜天しかわからない(やや極端)僕の好みの問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「とにかく、この天ぷらをなんとなしなくちゃ」という謎の使命感に押しつぶされそうになりながら、天ぷらをクリアすることばかりに意識が集中してしまったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまで天ぷらが苦手なら、たとえおすすめだろうが頼まなければいいのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんという不器用さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はもっと心を落ち着けて、本当に食べたいものを食べよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか、そば屋で注文するだけのことで、どうしてそこまで話を複雑にしなきゃならないんですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でもわからないんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところでいま、レッド・ツェッペリンのファーストを聴きながらこれを書いています。

ハイレゾだと違うわー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはともかく、このタイミングで「コミュニケーション・ブレイクダウン」が流れてきたので、自分のことをツッコマレてるみたいで、なんだか笑っちゃいました。

 

 

 

 

 

クヨクヨすんなよ。

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。