ゴールデンウィーク中は、かなり読書に励みました。
その中でふと思ったこと。


「株の本は多いけど、外貨の本はまだまだだなぁ。」


その中でも、「外貨証拠金取引」についての本が少ない。
最近興味がでてきたところなので、もっと詳しく知りたいのですけども。
個人的には、不動産を狙うよりもこっちのがいいかなぁとか思ってたり。

これについては、また機会をみて書きます。


クライアントで外貨預金はあるけども、さすがに証拠金はみたことがないなぁ。

GWも半ばになり、少し一息つけるようになりました。
なのでぼちぼち再開モードに入ろうかなと。
時間を食われていたものが目処ついたのが大きいです。

とりあえず、最近の相場状況を振り返ってみると、
オンラインゲーム相場がひと段落かなと。


ガンホー
アエリア
コーエーネット


ブロッコリー


といったあたりが爆発してましたが、
あれってちょうど地合が悪くなるのと逆歩調だったんですよね。
ですから地合の回復と共に下がってきている気がします。

さて、次になにがくるかなぁと思ってみると、
「携帯関連相場」なんてどうでしょう。
いろいろ注目している銘柄もありまして、
「本多通信工業」なんかにはかんばって欲しいなと。
IPO後の2年間が過ぎて、
そろそろ真価が問われるところですよね。

ということで、決算発表吹き荒れるGW明けになりますが、
それに応じてぼちぼち復活モードでお願いします。

お詫び

しばらく更新しておりませんで申し訳ありません。
リアルのほうで忙しく時間がなかなかとれていません。
F-1ネタすら書けない時点で、
お察しいただけるとありがたいです。

アメブロのほうも4月からリニューアルするようで、
それにあわせて再開できればと思っていますので、
よろしければ引き続きお願いいたします。

ネタのほうはいろいろあるのですが、
なかなか更新できないというのが無念でもあり。。。
2月8日発表の、
「新公認会計士試験の実施について」
をさらさらと目を通してみました。

「短答式試験」の試験科目
・財務会計論
・管理会計論
・監査論
・企業法

「論文式試験」の試験科目
・会計学
・監査論
・企業法
・租税法
・選択科目(経営学、経済学、民法、統計学)

出題範囲の要旨という部分を読んでみると、
試験範囲の大項目が並んでいるのですが、
へぇーと思ったところをちょっと挙げてみます。

<管理会計論>
バランスト・スコアカードが入ってますねぇ。
とりあえず驚いたのは、「バランス(ト)」になっていることです。
コンサルの本では「バランス・スコアカード」が多いですが、
そこにあえて「バランスト・スコアカード」で載ってきました。
今後の名称論争に一石を投じたりするのかも。
ちなみに自分は「バランスト」派です。

その他、リアル・オプションやABC、
バックフラッシュ・コスティングやスループット会計、
SCM管理会計といったあたりも名前がみえます。
TOC関連が目立ってきました。

<租税法>
範囲がよくわかってなかったのですが、
「法人税法」「所得税法」「消費税法」
の3つがエントリーです。
税理士科目3つやるというのはしんどいだろうなぁ。
専門学校は教えてきそうですが。

<経営学>
MM理論やCAPMといった懐かしい単語が並んでいます。
ブラックショールズまではいかないみたいですね。

<経済学>
遺産動機がなにかわからない。。。
忘れたのかな。

<統計学>
単語は大学時代にやった気がしますが、
内容はさっぱり。。。
最近まったく更新していなくてすいません。
今まででもこんなに空けたことはないのに、
ちょっと最近激務です。
とりあえず今日のところは、
ニッポン放送の新株予約権発行差止で、
ちょっと思うところをつらつらと。

普通に考えたらやっぱりおかしいのでしょうが、
その通りに司法判断も出ることになりました。
さすがにこれを無視して強行するわけにはいきませんから、
フジテレビもちょっと小休止でしょう。

さて、立場かわってライブドアの会計問題。
新株予約権発行が認められた場合ならば、
間違いなく連結対象としての子会社にはなりません。
ところが今回、差止が認められましたので、
ニッポン放送の子会社化も視野に入ってきました。
あとは数量揃えて、それに関する処理を行うだけですが、
実際のところどうなんでしょうね。

以前のブログでは、負の連結調整勘定が発生して、
経常利益を押し上げる可能性があると指摘しました。
ここで気になるのがフジテレビ株式などのグループ株式で、
ニッポン放送が親会社的立場でなくなるのならば、
時価評価に切り替わる可能性もある?
このあたりはちょっと有価証券報告書を見ながら、
改めてチェックしてみようと思います。

その他の気になる点としては、
子会社化することによる影響がどの段階で開示されるかです。
業績が良くなる可能性が高いですから、
その発表タイミングは気になるところです。
現時点でも持分法適用会社としての影響はあるのでしょうが、
連結する業績は持分比率によることを考えると、
買取を終了する時点(51%獲得?)までは、
影響を確定できないとして控えるのでしょうか。
逆に言えば、ニッポン放送獲得による影響を開示したのなら、
買取は一段落ということになるのでしょう。

とりあえず議決権ベース過半数も近づいてきましたし、
ライブドアの3月中間を基準に反映になってきそうかなと。
以前、スカイマークエアラインズ<9204>
「200分割銘柄 スカイマーク エアラインズ」でとりあげました。
今回はそのフォローアップ記事です。

スカイマークですが、200分割という株式分割をしましたが、
売買停止期間を設けた点が他の分割銘柄とは異なります。
その結果の株価の動きはどうなったか?
その結果はこちらです。

結果的に、売買停止が終わった後の、
権利落ち日に大幅に下落しました。
他の超大型分割銘柄は、
権利落ち日から一上げしてますから、
違いがはっきりしているのではないでしょうか。

大型分割を実施した場合、
株価が乱高下することはご存知だと思いますが、
それに対する一つの方法として、
売買停止期間の設置は効果があるのかもしれません。
本日やっと確定申告に行ってきました。
なんだかんだで時間がかかりましたが、
今回一番時間がかかったのが、
株の譲渡損益ではなくて配当でした。

ご存知のように、
去年の配当課税は国税10%でしたが、
今年は国税7%の地方税3%になっています。
特に問題ないかと思ったのですが、
いざ作ってみると混乱してしまいました。

上場株式等の配当の場合には、
特に確定申告しなくてもよいのですが、
申告したほうが有利な人もいますので、
ついでにの人もいるのではないでしょうか。

このときに、配当の源泉徴収税額について、
申告書第1表についつい10%で書いてしまう。。。
最初これをやってしまって、
なんか計算あわないなぁと悩んでいました。
調べてみれば、すぐにわかったのですが、
確定申告するみなさんも気をつけてくださいね。
ちなみに、間違えて10%の源泉徴収で申告すると、
過少申告加算税や延滞税を収める状況になるとか。。。
源泉徴収税額が過大になってますから、
納税額が過少になってしまっているんですね。
余計な手間を増やさないためにも、
しっかり見直してから出してくださいな。

これって、個人の所得税でもそうですが、
法人の法人税でも起こりうる問題です。
去年とは違う計算がいりますから、
経理の方もおきをつけを。
本日は確定申告のついでに、
ちょっと映画を観に行ってきたり。
「ローレライ」を観て来ました。

話自体は海洋モノが好きなので、
結構楽しめました。
CG関係も結構凝ってたなぁ。
香椎由宇はかわいかったです、
ほとんど女性は登場してませんけども。

観客層を見た感じでは、
妻夫木聡目当てなのか女性も多かったですが、
戦争モノというのもあってか年配の方も結構。
いろんな人が観にきてた感じがします。