2020年8月4日 

 

 junです いつも有難うございます。暫くの間、過去のブログをピックアップさせて頂きます。
 
★ 勝手ながらコメント欄閉じさせて頂きました ご容赦お願いします.

 

 

2013/7/6に菩提寺の玄関に飾っています。

 

 

~ 菩提寺の玄関へ ~

 

 

18、トリアシショウマ(ユキノシタ科チダケサシ属)

 

深山の林内や草原に生える多年草、花期は6~8月、花茎は40~100㌢になり、茎の上に五弁の白色の小さな花を円錐状に沢山付けます。

和名は鳥足升麻で、丈夫で真っ直ぐな茎を鳥の足に例え、葉がショウマに似ていることによります。

山野草・還風庵JUNのブログ


18、トリアシショウマ

 

山野草・還風庵JUNのブログ


18、トリアシショウマ

 

山野草・還風庵JUNのブログ


160、一ッ葉ショウマ(ユキノシタ科チダケサシ属)

 

  本州の関東地方西南部に分布。山地の沢沿いの岩場に生える多年草。高さ10~30㌢。花期は6~8月。

  茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花を下向きにつける。

  葉の長さは4センチから8センチくらいで、三角形に近い広い卵形をしている。葉の先は3つに浅く裂け、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。

  花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。

  フォッサマグナ要素の植物で、丹沢、箱根、愛鷹山などに分布域は限定される。チダケサシ属の他の仲間と違って単葉であることが大きな特徴で、それが名の由来ともなっている。また、同属の中では小形である。


本コメントは――ネット上からのコピー貼り付けです。

 

山野草・還風庵JUNのブログ

 

  花の名前間違っていましたらご教示下さいませ。

 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ

 

 

2020年8月3日 

 

 junです いつも有難うございます。暫くの間、過去のブログをピックアップさせて頂きます。
 
★ 勝手ながらコメント欄閉じさせて頂きました ご容赦お願いします.

 

 

2013/6/30に菩提寺の玄関に飾っています。

 

 

~ 菩提寺の玄関へ ~

 

左から  

斑入りギボウシ、一ッ葉シダ、十和田アシ、アポイギキョウ、ヒメカンスゲ

山野草・還風庵JUNのブログ

 

155、 斑入り姫ギボウシ

 

 斑入りの葉がキレイな姫ギボウシです。夏場には紫の花を咲かせて楽しませてくれます。完全な日陰よりは半日陰程度の場所の方が花付きはよくなります。(このコメントネット上よりコピー貼り付けです)

 

山野草・還風庵JUNのブログ

 

156、一ッ葉シダ

 

ウラボシ科の常緑シダ植物。本州南部以南に分布。硬くて長い 根茎から柄の長い葉を一枚ずつまばらに出す。葉身は長さ20~30センチメートルの 披針形で革質、裏面に白色の星状毛を密生する。[季]夏。
このコメントはネット上より検索コピー貼り付けです。

 

山野草・還風庵JUNのブログ


119、十和田アシ

 

山野草・還風庵JUNのブログ


157、アポイギキョウ(キキョウ科キキョウ属)

アポイギキョウは北海道のアポイ岳などに自生する草丈の低いキキョウに付けられた俗名。アポイ岳は日高地方の810㍍の山で超塩基性の岩床が露出し、特異な植物が数多く分布。特別天然記念物に指定されている。

 

山野草・還風庵JUNのブログ

 

677、ホソバカンスゲ

 

主に本州の日本海側の山地の樹林内に生えるスゲの仲間。匐枝はなく株をつくる。花茎は高さ25-40cmになる。葉は幅3-6mmでカンスゲより細い。葉の上半部の縁は上向きに、基部近くの縁は下向きにざらつく。小穂は3-5個つき頂小穂は雄性で長さ2.5-4.5cm,、側小穂は雌性で円柱形で長さ1.5-3cm。愛知県の分布は南限にあたる。花期:5-6月。

――ネット上よりコピー貼り付けです――

同上に斑が入っている感じです。(本項2020/8/2記す)

 

山野草・還風庵JUNのブログ
 

   花の名前間違っていましたらご教示下さいませ。

 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ

 

 

 

   

 

2020年8月3日 

 

 junです いつも有難うございます。暫くの間、過去のブログをピックアップさせて頂きます。
 
★ 勝手ながらコメント欄閉じさせて頂きました ご容赦お願いします.

 

 

2013/6/23に菩提寺の玄関に飾っています。

 

 

~ 2013年6月23日(その二)菩提寺の玄関へ ~

 

十和田アシ他の寄せ植え、コバギボウシ、イワレンゲ 

下の画像、中央が十和田アシ他の寄せ植え、その右がイワギボウシ、一番右端がイワレンゲです。

 

山野草・還風庵JUNのブログ

 

 

119、十和田アシ 寄せ植え(他、ニガナ黒、イグサ、キキョウ、ショウマ等)

 

所持する図鑑に掲載はありません。

 

丁度この季節、涼やかな綺麗な葉を見せてくれます。株元の枯葉を掃除し、水盤に置くと姿になります。けと土にさし穂をすれば簡単に増えて行きます。

山野草・還風庵JUNのブログ
 
 
136、コバギボウシ(ユリ科ギボウシ属)

 

日当たりのよい湿地に生える多年草。根茎は横にはう。

葉は斜めに立ち、長さ10~20㌢、幅4~8㌢、つやがなく表面の脈はへこみ、基部は急に葉柄にそって流れる。

高さ30~60㌢の花茎をだし、長さ4~5㌢で淡紫色の花を下又は横向きに開く。

花被片は花のころには反り返る。筒部には透明線があり、へこまない。 花期は7~8月。

山野草・還風庵JUNのブログ


148、ツメレンゲ(ベンケイ科キリンソウ属)

岩上または屋根の上に生える多年草。葉はロゼット状にそう生し、披針形で長さ3=6㌢、先端に短い針状の突起がる。

高さ10k~20ッ㌢の花茎をだし、穂状花序に数百の花を密につける。

花期は9月~11月。

(花の名前自信ありません・・・)

 

山野草・還風庵JUNのブログ


  このコメントの一部は――日本の野草 山と渓谷社――より抜粋しています。

  花の名前間違っていましたら、ご教示下さいませ。

 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ