2021年7月30日                 7月30日撮る

 

 

 7月30日記す

 「土用の朝曇り」と祖母や両親からよく聞かされていました こんな日は日中 猛烈な暑さに見舞われます ここ、三四日は全くこの通りの状態が続いています。蒸し暑い!

 この暑さですが親の命日です先祖への月参りです 菩提寺に行きます。

 

 山野草はスズムシバナが昨日から咲き始めています 出掛ける前に今朝撮りましたお盆頃には数多くの花を付けてくれることでしょう。白花の別鉢もあり楽しみです。

 

 

スズムシバナ 2019/8/7の開花画像です

 

 

487、スズムシバナ(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)尚スズムシソウと併記あり

 

 山地の林下に生える多年草、茎は四角で直立し、30~80㌢になる。葉は対生し柄があり、広卵形でふちには鈍い鋸歯がある。両面にまばらに毛が生える。秋の頃、枝先に数個の柄のない花をつける。

 花冠は淡紫色で長さ3センチほど、花は朝開いて午後には散ってしまう。花期は9~10月。分布は本〈関東地方以西〉、四、九。

(このコメントは――日本の野草 山と渓谷社――抜粋記載)

 

 

~ スズムシバナ 咲き始めました ~

 

鉢、置き場所の関係で葉焼けが目立ちます 枯れ葉を取り除き遮光にも注意します。

 

少し角度を変えて上から撮っています。

 

昨日から咲き始めました この花は二番花です。この「スズムシバナ」一日花で夜明けに開花し、午後二時から4時頃には萎れます。翌日は、また別の花が咲いてくれ10~20輪程度毎朝の開花です 8月一杯は楽しめます。別鉢に白花もあり楽しめます。

 

同上花のアップ画像です。美しい花色です。

 

左側の鉢は白花です もう直ぐ開花が始まるでしょう。枯れ葉を取り除きました日焼けしないように置き場を工夫します。

 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ

2021年7月30日                 7月29日撮る

 

 

 7月29日記す

 今日も暑さは強烈です 10時頃から日陰で植木鉢を持ち込み雑草取りをメインにボチボチ作業をしています 流石に午後二時過ぎに堪らず冷房のきいているへやに退避です。

 午前中に2~3鉢手入れをしただけで後は中止です。

 

 山野草は、タンチョウソウの鉢が乱れておりますので葉を刈り取り掃除です 枯れ葉が多い関係でダンゴムシが棲みついています ダンゴムシ退治の粒剤を散布しました。 

 一昨年2020/2/8 10年以上になりますので二鉢の内一鉢を植え替えもう一鉢は掃除に止めました。置き場を少し日当たりに移動した結果かよく花が付きました。植え替えた右側の鉢は株の充実不足か来年あたりからよくなるでしょう。

 結果的には適度な日当たりの欲しい植物です。

 

 

タンチョウソウ開花画像

二鉢のタンチョウソウ昨年2月、左側が植え替えなし掃除のみ、右側が植え替えをしました 根の腐りも多くかなり縮小して植え付けです。

今年、2021/3/22撮る 同日ブログアップしています。

 

下の画像 2016/4/2にアップしています 菩提寺の玄関にて撮る

 

 

270、タンチョウソウ(ユキノシタ科イワヤツデ属) 

           別名:イワヤツデ

 

 中国東北部、朝鮮半島の北部、中部に分布、低山の渓谷や岩場などの湿った場所に自生する。長い花茎の頂上部分に花がいくつか咲く。花は白っぽい五弁。雄しべの花粉が赤く見え、この部分を見て丹頂鶴をイメージしたと思われる。茎の高さ20センチほど。葉はヤツデの葉を小さくしたような手のひら形の葉です。

(このコメントはー山渓名前図鑑ーより記載)

 

 

~ タンチョウソウ 来年に向けて 掃除 ~

 

左:A鉢  右:B鉢

タンチョウソウ 二鉢 今の姿です。

 

A鉢 株元です 乱れた葉と飛び込んで蔓延ったカタヒバです 掃除します。

 

同上(A鉢) タンチョウソウの葉を切り取りましたカタヒバが残っています これも抜き取ります。

 

B鉢 株元です 乱れた葉と飛び込んで蔓延ったカタヒバです 掃除します。

 

同上(B鉢) タンチョウソウの葉を切り取りましたカタヒバが残っています これも抜き取ります。

 

左:A鉢  右:B鉢 

ダンゴムシ退治の粒剤を散布しました  半日蔭で立春ころ迄管理、その後日向に移動します。

 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ

 

2021年7月29日                 7月25日撮る

 

 

 7月29日記す

 今日も暑さは強烈です 10時頃から日陰で植木鉢を持ち込み雑草取りをメインにボチボチ作業をしています 流石に午後二時過ぎに堪らず冷房のきいているへやに退避です ブログ記事が書けておりませんのでこの時間を利用して・・・

 

 今日の山野草は菊の小品盆栽のことです。jun初めての菊盆栽3月~9月の7回で『明石市菊花盆栽教室』に参加しています。

 全く知らない世界、教えて頂くことが日頃の山野草栽培にも応用できるとの思いで参加です。3月から始まり7月24日が5回目でした。

 

 講習の翌日7月25日に針金掛けを前日の先生の言葉を思い出しながら針金を掛けて見ました。

 jun日常は山野草を触っており、盆栽の針金掛け殆ど無知の世界です。力加減が難しく枝の付け根を何か所か折ってしまいました。折った箇所は軽度な場合、接着剤で復元させながらやっています。接着剤での復元させる方法も今回お教え頂けました。

 何がともあれやれるだけやって来月の講習に持参し、見て頂く予定です。

 

 

~ 菊の小品盆栽 針金掛け ~

 

7月の作業・剪定と手入れ

7月の作業の実際を栽培中の教材に基づき講義があります。

(同上は7月26日に一度アップしています

 

7/24 講習会当日この状態で持参です

左から「高山の女神」、奥「源氏」、「竜白」、石付け「花王」、右端「神代の柳」

 

 

7/25 自宅に持ち帰り針金掛けです

 

柳つくり「神代の柳」

7/25 点を17センチ以下に留め針金を掛けています。

 

同上のアップ画像です。

 

夫々にできる範囲で針金を掛けました。この状態で管理し8月の講習会に持参しご指導いただく予定です。

 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ