2018年11月18日(日)月組エリザベート東京千秋楽。

すなわち、ちゃぴザペート最終日。

トップ娘役・愛希れいか、憧花ゆりの組長が宝塚歌劇団を卒業する日です。

七海ひろき退団発表衝撃の余波を抱えての、ちゃぴラストデイ。

…ですが、エリザベート東京千秋楽ライブビューイングを観に行ける事は、とても嬉しいです。
気遣って下さった友人・知人に感謝を捧げます。

芝居本編は本拠地・宝塚大劇場上演時に比べ、一人一人の演技がかなり変化していました。

特に感情表現が、観客にわかりやすく伝わるよう工夫されていたと思います。

例えば、歌のフレーズに強弱をつけ、より台詞っぽく歌ったり。

ゾフィ皇太后(憧花ゆりの)は、そういった工夫を取り入れ、強く色濃い影の女帝を演じ上げていました。
宝塚大劇場でご自身が演じたゾフィを超える説得力を感じました。


暁千星の皇太子ルドルフ、ますます磨かれましたね。
不安・焦燥・喜び・希望・恐怖・絶望……感情が次々と溢れてくるのね。

繊細でありながら、まっすぐ伝わってくる、ありちゃんの演技。
訴求力の高さを感じました。

歌唱も音が綺麗に響き、耳に心地良かったです。
ありちゃんの着実な成長を感じました。


そして、宝塚在団最後の日を迎えた、ちゃぴ。

マックスパパ(輝月ゆうま)との絡みは、風来坊の父親を慕い、影響を色濃く受けた少女そのもの。

輝月マックスと愛希シシィの場面、本当に大好きです。
エリザベート番外編で、輝月マックスパパと愛希シシィの日常とか演ってほしいなぁ。
見果てぬ夢ですが。

ちゃぴの歌唱は、とても伸びやかでした。
少女時代からサヨナラショーに至るまで、力を放出し切った濃密さと爽やかさが両立していました。

 特に『私だけに』や『Dream Girls』は圧巻でした。

個人的に、フィナーレショーとサヨナラショー、それぞれの珠城さんとのデュエットがツボ過ぎました。

フィナーレのデュエダンは、ちゃぴとたま様の身体能力あってこそ可能な技の数々。

サヨナラショーは『グランドホテル』…芝居心たっぷりに歌い、演じてくれました。

サヨナラショーでは泣いているとは思えぬほど、張りのある声で歌い通してましたね。
腹筋はじめ、鍛えている効果を感じました。

それでは、卒業ご挨拶とカーテンコールの様子を、記憶の限りメモってみます。
科白はニュアンスです。

憧花組長も、ちゃぴも、伝えたい事を簡潔に凝縮した、聴き応えのあるご挨拶でした。

まず、すーさん(憧花)
大階段の途中で立ち止まった時、男性の声で「すーさん!」
驚いてそちらに目線を向けつつ、嬉しそうににっこり。

同期のお花は、元・月組の城咲あいさん。
ちょこっと楽しそうにお話しされてました。

組からのお花は、美弥るりか。
ほっそり華奢な美弥ちゃんが、すーさんと並ぶと大きく見えますね。

憧花さんの組配属されて最初の舞台が、当時の月組トップ・真琴つばさの退団公演だったそうです。

卒業のご挨拶で、マミさん(真琴)が『今日の反省が、明日の希望になる』と仰った事が胸に響いたそうです。

7人のトップさんと舞台を創り上げてきた憧花さん。
感極まり、言葉が途切れたりもしつつ、最後までしっかり月組スピリッツを引き継ごうとされていました。

憧花「19年間、本当にありがとうございました」


そして、ちゃぴ(愛希れいか)
光月るう副組長から、名前を呼ばれ、「はい!」

珠城りょうが、組からのお花を。
たま様が笑顔で話しかけ、ちゃぴもにこにこ応えていました。

同期からのお花は、95期全員で。
主にまゆぽん(輝月ゆうま)が渡し、組からのお花と合体させ、ブーケにしてあげてました。

愛希「とても幸せな宝塚人生でした」

愛希「ですが、高い壁が立ちはだかる事もありました」

そんな時、『ひとかけらの勇気』を胸に乗り越えてきたそうです。
ご存知、『スカーレット・ピンパーネル』の挿入歌ですね。

ちゃぴは歌詞を一部、暗誦してくれました。
そうやって歌詞を幾度となく噛みしめ、様々な事を耐え忍び、クリアして来たのですね。


さて、トップと退団者だけが現れた、2度目かな?…のカーテンコール。

憧花組長は「これからも月組をよろしくお願いします」と、さすが組長。
最後まで、組のことをお考えなんですね。

卒業セレモニーでも、その後のコーテンコールでも、目を大きく見開き、客席をご覧になられていました。

憧花「この光景を、目にしっかり焼きつけておこうと思って」

珠城「すーさんと同じ舞台に立てて幸せでした。本当にありがとうございました」

すーさんに、丁寧に御礼を述べてからの、

珠城「では、ちゃぴ?」

愛希「泣かないと決めてたのに、泣いてしまいました…(泣き笑い)」

潤んだ瞳で笑顔をみせる、最高にチャーミングなちゃぴ。

愛希「今までたくさん泣いたので、泣かないって決めてたのに…」

そして、ファンと観客、月組の皆さんへ感謝を捧げるちゃぴでした。

4回目位かな?…のカーテンコールでは、月組ジャンプをする事に。

珠城「前回の月組ジャンプで、小池(修一郎)先生からダメ出しが出ました」

もっと腕を上げ、足を折り曲げて上げるように、との事。

珠城「客席は狭くてやりにくいと思いますので、ご無理のないように…」

と客席を気遣いながら、

珠城「音頭は、ちゃぴとすーさんに取って頂きます」

おもむろに足首を回し始める、すーさん。

憧花「急にジャンプして、怪我しないように気をつけます」

「月組、万歳!!」の声と共に、舞台に立つ全員がジャンプ!

この後、鳴り止まない拍手に応え、上手カーテン前に、たまちゃぴ登場。

たま様に促され、挨拶することになるも、恐縮しきりなちゃぴ。
ファン・観客らに感謝を述べてから、たま様に向き合い、

ちゃぴ「本当にお世話になりました」

珠城「予科の時からだもんね」

ちゃぴ「予科の時からずっとお世話になりました」

珠城「お世話してきました(にこにこ)」

たま様とちゃぴは、気の置けない仲なんだな、と改めて感じるやり取りでした。

珠城「本当に予科からずっと、ちゃぴと一緒にやって来れて良かった。ありがとう、ちゃぴ」

…と、たま様からも改めて、今までの感謝を。

その後も、締めの挨拶はしつつ、最後の最後は、ちゃぴにもう一度ご挨拶するよう促します。

珠城「ちゃんと言っといた方がいいよ?」

たま様の面倒見の良さが伝わってきます。

ちゃぴ、すーさん、卒業おめでとうございます。

それでは最後に、月城ルキーニ本日のアドリブ。

月城「今日は千秋楽だから、全員参加型でいくぜ?」

映画館にいる人も油断するな、と。

月城「ちゃぴとすーさん最後の日で淋しい人!」

手を上げる月城ルキーニ。
私も映画館で手を上げました。

月城「二人に辞めて欲しくない人〜!?」

これまた、挙手しました。

月城「今日でアドリブ終わって嬉しい人! はーい!!」

心底うれしそうな月城ルキーニ。

月城「それじゃ、全員写すよ。鳩が出ますよ〜〜!!」

ちゃぴ、すーさん、素敵な舞台の数々を魅せて下さって、ありがとうございました。

…そうだ、最後にトート閣下に一言。

昇天したエリザベートを胸に抱き、最後の最後にその顔を覗き込み、涙を浮かべてました…よね?

あの時のトート閣下は、紅い血になってたように思います。


▽ブログ村さんのいいね
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村