社長と結婚して2年目のことです。

それまでは 東京都福生で 地盤改良工事 つまり薬液注入工事業

を営んでいたのですが 長男出生を機に久喜市に移りすんだのでした。

駅前の公団パークタウンが建ったばかりで 3LDKの住まいと久喜市

北に一軒家を借り 社員さんを住まわせ その庭に六畳一間のプレ

ハブを建て 事務所にしました。事務机 ふたつでいっぱいになるので

お客様が見えると立ち話です。雨の日は傘をさして 商談......

 

冗談みたいなほんとのはなしです。カッター車二台から 営業をはじめ

たのですが はじめの頃は 電話の前で首をなが-くして 仕事の電話

を待っても 週にやっと一回くらい 電話がくるとうれしくて うれしくて。

 

社長ははじめ ただで仕事をして合同テック 当時は合同企業の名前

を売りました。いっしょに埼玉道路さんに営業に行ったときのことです。

 

機動力について 質問があり 社長はたった二台しかないのにうちは

10台 動かしますから 機動力は心配ありません と平気で大風呂敷

をひろげるので わたしは ヒヤヒヤしました。

 

父が土木事務所の次長をしていたことから わたしは浦和土建さん

で 働いたことはあるのですが 管理の方で 現場事務ではなかった

し 請求書を書くのもはじめてなら 集金もはじめて 気持ちがのらない

月は請求書も出さないし 集金にもいかない とのさま商売でした。

 

それでも 日本中が元気だったあの頃 仕事も 働き手もいっぱいだ

ったあの頃.....あっという間にお客さまもふえ 仕事もふえ 軌道にの

っていたのです。....ところが..... つづきはあした。