今日は、

数年前から、『2チャンネル』で

話題になっていたお話に、

自分のイラストを添えて、ご紹介いたします。






----------------------------


『大きな壷と大きな石の話』






ある大学でこんな授業があったという。

 
「クイズの時間だ」



オチつき大五郎え日記


教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。


その壺に、彼は一つ一つ『大きな石』を詰めた。



オチつき大五郎え日記


壺がいっぱいになるまで石を詰めて、彼は学生たちに聞いた。



オチつき大五郎え日記


「この壺は満杯か?」


教室中の学生たちが「はい」と答えた。



オチつき大五郎え日記


「本当か?」


そう言いながら教授は、


教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。



オチつき大五郎え日記



そしてじゃりを壺の中に流し込み、


壺を振りながら、石と石の間を砂利で埋めた。


そしてもう一度聞いた。


「さあ、この壺は満杯か?」


学生たちは答えられない。



オチつき大五郎え日記


一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。


教授は「その通りだ」と笑い、


今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。



オチつき大五郎え日記



それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、


三度目の質問を投げかけた。


「どうだ、この壺はこれでいっぱいになったか?」



オチつき大五郎え日記

 
学生たちは声を揃えて、「いや違う」と答えた。


微笑んだ教授は水差しを取り出し、


壺の縁までなみなみと注いだ。



オチつき大五郎え日記


そして彼は学生たちに最後の質問を投げかける。


「私が何を言いたいのか、わかるだろうか」


一人の学生が手を挙げた。


「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」



オチつき大五郎え日記


「それは違う」と教授は言った。


「重要なポイントはそうではない。

いま見たことが

君たちに示してくれる真実は、

大きな石を先に入れないかぎり、

それが入る余地は、

その後二度とないという事なんだ



オチつき大五郎え日記


君たちの人生にとって"大きな石"とは何だろう?


と教授は話しを続けた。


「それは、仕事であったり、志であったり、

愛する人であったり、家庭であったり、

自分の夢であったり・・・。

ここで言う"大きな石"とは、

君たちにとって最も大切なことだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。

そうしなければ、

君達はそれを永遠に失う事になる。

もし、君達が小さな砂利や砂、

つまり自分にとって重要性の低いものから

自分の壺を満たしていくなら、

君達の人生は『重要でない何か』に

満たされたものになるだろう。

そして大きな石、つまり自分にとって

最も大切なことに割く時間を失い、

その結果・・・それ自体を失うことになるのだ。」





end

----------------------------






数年前に、他のブログで紹介されていたモノを

思い出して、抜粋させていただきました。

『2チャンネル』って、中傷批判ばかりで

正確な情報がない場所のように

思ってましたが、たまに、

こういう『深いい話』があったりするようですね(´▽`;)


もし、この話を、

俺が大きな十字架を背負う前に

聞いていたら・・・

じじ様の49日の法要を優先していれば・・・

罪人になることもなかったでしょうね。


俺は、この話を聞く前に、自分の体験によって、

自分の中の『価値観』が変わりました。

何が、自分にとって『大切なもの』なのか・・・

『大きな石』がどれなのか、そして、

その重要性に気づけたのです。


『大切なもの』は、人それぞれ違います。

『価値観』の違いです。

それが『個人の個性』にもなっているから、

俺は、たとえ『価値観』が違う人に会っても

その人を拒絶することはないでしょう。

なるべく理解して・・・

たとえ、受け入れれなくても

認めることはできます。

その人にとって『大切なもの』を

否定することはないです。


俺にとっての『大きな石』は『最愛の人』です。


ほかにも、『夢』とか『家族』とか

『絵を描き続けること』とか『友達』とか

たくさんありますが・・・

俺は、真っ先に『最愛の人』を

自分の『壷』に入れたいんです。


『仕事』とか『成功』とか・・・

そのために頑張っている人にしたら

「は?」って怒られちゃいそうですが、

それらは俺にとって、

『砂利』であり、『砂』であり、『水』です。

『大きな石』と『大きな石』との間を満たすモノ・・・

そう捉えています。

だから『必要のないモノ』というわけじゃないです(汗)

なかったら、もちろん困ります(;´Д`)ノ

でも、優先順位を考えたら・・・

俺は『大きな石』を優先します。

最愛の人が、瀕死の状態のときに

俺は、仕事なんてできません。

その仕事が、巨額の仕事だろうと、

好きな絵描きの仕事だろうと、

それをしなければクビにされるとしても、

最愛の人のためになることに

時間を割きます。

最愛の人が「寂しい」って感じているなら、

それを解消させるために時間を使います。


人間の人生で、

もっとも限りのあるものは『時間』です。

人の平均寿命は、3950週。

あなたが今、30歳ならば、

もう1560週は使ってしまったことになります。

40歳ならば、2080週使ったことになるし、

51歳なら、平均寿命まで1300週しか残ってません。


あなたにとって、何が『大きな石』ですか?

『砂利』で満たして、

「幸せだ」と思い込もうとしてませんか?


先日、テレビで『ディープインパクト』という

映画が放送されてました。

俺はDVDで見たことあった映画でしたが・・・

地球最期の日になって、

世界中の人間が、『大切なもの』に気づいて、

それを抱きしめて、

最期の時を待つシーンが多かったです。

人類最期の日に『仕事』を抱きしめている人は

一人もいませんでした・・・。

人間て、最期の最期に、

追い詰められて、ようやく『大きな石』に

気づくんですよね(汗)

できれば・・・失ってしまう前に

気づいて欲しいのです。

そう思って、この話を思い出して

描いてみました(´▽`;)







人気ブログランキングへ"人気ブログランキングへ"

  ↑

「初めて聞いた」と「ことりーず」もビックリ!?