小学生がペン習字

テーマ:

3年ぶり?


そんなことはともかくシレっとブログ再開です。



昨日の書写教室で、6年生女子2人が「ペン習字」を始めました。



この二人は、かきかた教材の楷書(H教材)を終え、行書(I教材)をやっていたのですが、

行書のひらがなを区切りにペン習字に切り替えることにしました。



「ペン」に対するあこがれがあることと、

中学生になってからでは、新生活に入り、新しいことにばかり出合う時期に、

書写教室での筆記具まで変わっては、負担になるかもしれないこと、、、



「ぺん」はデスクペンを使用します。

慣れないから大丈夫かなあ、と心配しましたが、

2人とも大喜び。


おそらくマンガを描くペンみたいに思って喜んでいたような気もしますが、

「ペン習字」2Aの1から6を一緒にやってみました。



さすがに「かきかた」教材を終えただけあって、お手本の見方がしっかりしています。

お手本が十字リーダーのどこから始まり、どの位置を通って、終わりがどこかを

無意識ながらしっかりと間違いなく書いてくれました。



後は持ち方、横画、縦画の書き方などの基本を指導。



すごいなあと思ったのは、えんぴつよりデスクペンの方が

誤った持ち方をした時にインクが出ないので、

正しく持つしかないということを子どもたち自身が発見したこと。



手が未発達の10歳未満くらいの子ども生徒には難しいかもしれませんが、

ある程度書く力が付いている子どもにはどんどんペン習字を

進めてもいいのかもしれませんね。



これからが楽しみです。






急に寒くなりましたね。



夏が暑かった分、冬は寒いのでしょうか?

嫌ですね~。



私は冷え症なので、少し寒くなってくると途端に手足が冷えます。

文字が書きにくくて…。



昨日テレビでしょうがが冷え症に効くとやっていました。

しょうがミルクティーとか試してみようかと思っています。





さて、いつの間にかもう10月は終わりですね。



前回のブログが9月も終わりやねーの内容でしたのに…。





9月の無料体験学習では、親子や主婦、大学生の方々が入会をしてくださいました。





いやー、ほんと、実は、大学生の入会がとても嬉しい!


(もちろん、他の方々も嬉しいですが!)



初の大学生なんです。しかも2人。



私自身が社会人になってから公文書写を始めて、


何とシステマティックで、素晴らしい学習方法なんだろう!

習字と言ったら、ただただ書いてるだけというイメージだったのに、

これなら、字がうまくなる実感が持てる!楽しい!


と、感動、…で、先生にまでなってしまったわけです。




社会人になってからじゃなくて、大学生の時に出会っていたら、

時間もたくさんあって、もっと練習できたのになあ、


とか、思っていたので、


教室近くには、京都工芸繊維大学もノートルダム女子大学も府立大学もあるわけです。


大学生さん、いらっしゃ~い!


と待ち伏せていたのですが、これがどうも反応がなく、

少々さみしい思いをしていたのです。



教室開設から1年、やっと念願の大学生が、しかも2人いらっしゃったのは快挙です!




そうそう、大学生と同時に独身の社会人なんかも待ち伏せてます。(笑)

今もいらっしゃってますけどね。


私自身、独身社会人の時に公文書写と出会って、

字が上手に書けるようになる実感を持てたことはとても生活をイキイキさせてくれたからです。



近くに左京区の総合庁舎もできますし、またOLさんなどもいらっしゃるといいなあと思っています。




それにしても、大学生や独身の社会人に限らず、

お子さんでも、主婦の方でも、年配の方でも、

全年代の誰にでも心からおすすめできる仕事をさせていただいていること、

本当に幸せなことですね。




年内の無料体験学習は11月で終わりです。


次は、3月までありませんので、興味をお持ちの方はぜひお問い合わせください。






9月も終わりますね…

テーマ:

昨夜は十五夜で、近くの神社のイベントに行ってきました。


曇り空が広がるなか、イベントの終わりの方では、

眩しいくらいの満月が顔を出してくれました。


今年の秋の訪れは、少しばかり遅かったですが、

暑さ、寒さも彼岸まで。

これからは涼しくなるんでしょうね。




ブログもずいぶん滞ってましたが、

また少し復活してみようかと…





9月の体験学習では、


お母さんと小学校5年生の女の子、

育児休暇中の中学校の先生、

中学生のお母さん、

大学生等、

またまた多彩な方たちがいらしてくださいました。


みなさん、字が美しくなりたいという思いはいっしょ。



既に体験学習者のうち、半分以上の方が入会を決めてくださいました。


学びの秋です。


また新たなメンバーでがんばっていきたいですね。

遺伝子学者と脳科学者と

テーマ:

先日、うまい具合に5時に起きれて、7時前まで自由時間を確保できました。

(いつも、2歳の娘にくっつかれていて、自由時間の確保に四苦八苦なのです。)


そこで、昨日図書館で借りてきた本を読みました。



遺伝子学者と脳科学者の往復書簡 いま、子どもたちの遺伝子と脳に何が起きているのか/村上和雄
¥1,260

今年の全国の書写指導者のつどいには、この村上和雄先生が講演にいらっしゃるらしい。

でもな。東京で開催なので、私はたぶん行けないんですけどね…。

本は、くもん出版から出されているもので、

公文の本部から書写の指導者への月毎のお知らせの中でも紹介されていました。




版元には申し訳ないですが、ばっちり図書館でゲット。


京都市の図書館は本当に便利で、ネットで京都市中の図書館の蔵書を検索でき、

予約しておけば、最寄りの図書館で用意しておいてくれるのです。

しかも到着してまっせ、とメールもくれるし。


(昔は京都市もこんなに便利でなかったけれど、今はどこの都市でもやっているのかな?)


特に、私のような小さな子供のいる母親は、

図書館に行って自分が借りたい本をゆっくり見る、なんてことは不可能に近いので、

新聞とか雑誌とかでちらりと見た本を図書館のサイトで検索して、あれば予約できるなんて

本当に便利。


しかも無料。税金の支払いがいあり!ありがたや~。


てなわけで、図書館ヘビーユーザーの私は、この村上先生の著書を何点か既にに読んでいたので、

この度目新しいことはあまりなかったのだけど、また新たに書写指導へのヒントも見つけました。


これは、また次回。


ホタルを見に

テーマ:

昨日、ホタルを見に松ヶ崎の疎水に行ってきました。

すこーしだけ、ちらりちらり。

まだ、今からなのかしら?


梅雨に入って雨が続くようだから、

いつがピークなのかよくわからないですね。


そういえば、3,4日前に、自宅マンションのベランダにもホタルがいました。

近くに小川が流れているからかしら。


自然豊かな松ヶ崎でございます。