Good Luck Tripのブログ

旅行ガイドブック「地球の歩き方」を発行、訪日外国人向けフリーマガジン「GOOD LUCK TRIP」を発行しています。
訪日旅行に関するマーケット情報などをアップして行きます。ご質問やコメントなどお気軽にどうぞ!


テーマ:
今週は、中国の大型連休、国慶節の真っ只中。何億人もの中国人が世界中を旅している最中です。

訪日外国人を相手にビジネスをするなら、各国のお休みを把握し、それに合わせてしっかりと対策を立てるのが
大切です。

今回は、中国の休日について、
主なお休みといえば、春節(1,2月の1週間)、労働節(5月前半)、国慶節(10月1日からの1週間) ですが、
旧暦のため、毎年、日が変わるので、注意が必要です。
正式には、12月に決まるので、以下はあくまで予想となります。

祝日名

法定祝日 休日期間 連休
元旦 2017年 1月 1日(日) 12月31日(土)~ 1月 2日(月) 3連休
春節 2017年 1月28日(土)  1月27日(金)~ 2月 2日(木) 7連休
清明節 2017年 4月 4日(火)  4月 2日(日)~ 4月 4日(火) 3連休
労働節 2017年 5月 1日(月)  4月29日(土)~ 5月 1日(月) 3連休
端午節 2017年 5月30日(火)  5月28日(日)~ 5月30日(火) 3連休
中秋節 2017年10月 4日(水) 10月 1日(日)~10月 7日(土) 7連休
国慶節 2017年10月 1日(日)

ちなみに来年度の春節は、1/28~。 1/27が大晦日になるので、1/27-2/2までがお休みとなります。
また、そのほかにも記念日や休日がいろいろありますので、ご紹介します。

1. 女性の日 3/8

毛沢東が、「天の半分は女性が支えている」と男女平等を唱え、3/8は 女性は半休だそうです。

2. 独身の日 11/11

ニュースでも紹介されているので、知っている人も多いと思いますが、アリババグループが毎年11/11に実施するバーゲンセールのこと。
ECの売り上げはこの日だけで1兆円を超えるというからものすごい購買パワーです。 
この日にあわせてセールを組むのも得策だと思います。

3. 教師の日 9/10

教師の地位向上や、師としての感謝を伝える日。教員はお休み。生徒たちが先生にプレゼントをする日だそうです。
生徒からはアクセサリーやチョコレート、花などをプレゼントします。

父の日、母の日だけではなく、こういう休日需要を取り組むのも大切ではないでしょうか。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

瀬戸内国際芸術祭2016を取材する機会を頂いた。2009年に直島を訪れた時から瀬戸内海の島巡りをしたいと思っていたので、非常に楽しみにしていた。

まず、香川県文化芸術局 芸術祭推進課 今瀧さんからお話を聞いた。

「この芸術祭は、瀬戸内の島々などを舞台に、アートを通して地域の活力を取り戻し、再生を目指すことを目的としたイベントです。3年に一度の開催。2010年 第一回 93万人。2013年の第2回は107万人。そして第3回の今年は、
さらにその数を越す勢いです。

参加者は女性7。香川県外が61%。 平均滞在日数は2.48日。2泊以上がなんと45.9%
海外からも年々増えていて、今年は
15%程度が外国人になるのではないか。国は、台湾、香港、中国、韓国、フランス、アメリカ、イギリス、オーストラリアからの来場者が多いです。

2013年の経済波及効果は 132億円と我々の想像以上でした。」

お話を聞くだけで、いかに成功しているイベントかがよくわかる。  

そして、私がもっとも感嘆したのは、移住者が増えているということ。

小豆島は人口3000人。移住者は300と増えている。人口の10%が移住しているとは人口減、少子高齢化の日本で、
すばらしいこと。 男木島は移住者が増えたので、休校だった小学校が開校し、学校も新しく改築され
道路もできているそうだ。移住者の多くは東京や大阪からで、
IT関連の方が多く、オフィスにいかなくとも仕事が出来る方が多いという。 

観光=ツーリズムの究極の目的は、地域交流、国際交流から更に発展し、移住し、その地域の担い手が増えることだと思っているので、まさに、その成功例がここにあった。 

この芸術祭のコンセプトは、

NATIVE その場の固有性を生かす 
LOCAL 都市、中央でなく地方、地域から
COMMUNITY 
他者との関わりや協働の中から

「観光が島の人の感幸」であること。「あるものを活かし、新しい価値を生み出す」 考えの下、アーティストと住民、国内外からのボランティアの協働によって生み出される作品が、世界からの来訪者との交流を瀬戸内の小さな離島が生み出して いる 年々、海外からのボランティアスタッフも増えているそうだ。

男木島を歩いてみると、島民の方々とすれ違い、挨拶を交わし、話す機会もある。
皆さんとっても気さくな方々だ。目の前には海があり、のんびりとゆったりした時間が流れている。

空気がおいしく感じられ、見上げればビルにさえぎられるものなどなにもなく、見渡す限りの青い空。

また、蝉の鳴き声の大音量には驚かされる。地元の公園で聞く蝉の声と比較すると、少なくとも蝉の数は
10倍以上多く感じる。それだけ自然が豊かということ。 

高松に行くには、フェリーで40分。いつでも都会に移動も出来る。移住者が増えるのもうなずける環境だ。

芸術祭は、空き家を改築してアーティストがイマジネーションを膨らませて表現する舞台となる。
それと同時に、空き家を改築して、移住者が暮らし始めている。問題になっている空き家対策にもなっている。日本の会社制度は、在宅勤務も増えてきていることもあり、今後も移住者は増え続けるだろう。昨年、ツーリズムの発展、拡大に貢献したとして「第
1回ジャパンツーリズムアワード」を受賞したのも十分うなずける。

さて、今回の芸術祭の舞台となるのは、12の島と2つの港。アート作品は全部で206
すべてを見て回るには、
1週間は必要とのこと。私が今回、見学したのは男木島。人口179人。平地が少なく、斜面に民家が密集する島。車が通れる道路も少ない。 
この島には、
16の作品がある。効率的に回れば、半日で見て回ることは可能だ。

坂道が多く、炎天下の中を歩くのは結構ハードではあるが、作品を見ながら歩くのはとても楽しい。
ここでは、私が特に気に入った
3つの作品を紹介する。

1.       男木島の港を降りて目に飛び込んでくる島の案内所。案内所自体がアート作品になっている。53

ジャウメ・プレンサ作 (男木島の魂) 世界の言語を組み合わされて作成されている。

2.       オンバファクトリー 56番 坂道がとにかく多い島なので、荷物を運ぶオンバ(乳母車)が必需品である。 ここでは、島民の人から「こういう用途で使いたいのでこんな形にしてほしい」と要望を聞き、すべて手作りでオリジナルを作成している。カラフルなペイント を施し、日常的に使えるアート仕立てになっている。ここでは、島民がリクエストしたものを見ることが出来る。まさに、アートと日常が一体となっていること が伺える。カフェも併設されている。島民以外でも発注することも可能。1作品3万円~。

3.       今年の新作 58番 アキノリウム 松本秋則さんの作品。竹を使ったアート。
天井裏と床に数多くのサウンドオブジェを設置、風と音の世界が広がる。

開催期間は春、夏、秋とある。是非一度訪れて欲しい。詳細はこちら。

最後に、香川県の観光課の方から
「芸術祭の成功は、直島の成功があったから。直島が観光地として知られるようになり、
人気が出るまで
30年かかった。その土台があるから実現できた」とおっしゃっていた。

やはりいきなりの成功はなく、地道にコツコツと観光地の魅力作りをする以外に成功の近道はないと実感。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりのブログ更新です。

毎日、新聞記事でインバウンドのニュースがない日はないぐらいになってきましたね。その中で、大きなトピックとして、Air bnb に代表される旅館業のない施設の短期宿泊について
国はこれまで、結論を先送りしてきました。

今回、経済特区の大田区では、短期宿泊を認めると国が正式に発言をしました。
そうなると、これまでこのビジネスの参入をうかがっていた不動産会社各社がいよいよ
本気モードになると思います。
https://www.airbnb.jp/
つまりAir bnb のビジネスが認められることになるので、これは大きな変化です。
個人で借りて外国人に貸すこと自体が容易になりますから。

それにしてもAir BnB よく出来ています。 ここで収益を上げている会社、個人がたくさんいると思うと、思わず、うちも参入を考えたくなります。<笑>


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。