おっちゃんのブログ

日々のことを書いています


テーマ:
ふと 思い出して25年ぶりに友を訪問

携帯をして15分程で職場に帰ると言うので ナビに住所を入れ走り出した

ふと 思ったのが 以前の住所と違っているはてなマーク

然程遠くなかったので 事務所に到着 彼も今帰ってきたようだ

仕事の依頼も有ったので それを済まし 近況確認

20年前の震災で前の事務所が倒壊して 使えなくなり この場所に変わってきたと

以前は3人で仕事をしていたはずなのだがはてなマーク 仕事も減り今は一人でしてるとかショック!
電話番も居ないので 携帯に転送している物の急な仕事には対応が出来ないとか

確か彼には子供が二人いたのだが 今は如何しているのか聞いてみた

次男はニートだと言う それならば 手伝って貰えば良いじゃ無いのかと言うと

彼の話では 有名な大学を卒業し 名古屋の大学院を卒業し 就職した物の

精神的な病で退職し 今は実家で引き籠もっているとか 外出すら出来ない状態だそうで

もう一人の子供は事故で脊髄を痛めて今は車椅子が離せないとか

何だか凄い話だな 25年の時はこうまでも人の人生を変えるものか

それにしても本人は気丈にも明るい

俺は涙が止めども無く出て友の顔を見ていられなかった

何を言って励ませば良いのか 言葉すら浮かんでこない

彼の人生も家族の人生もこれからで有る

彼曰く俺は現実を受け入れ これからも頑張るから心配いらんよと

俺に出来ることは 朝夕彼の家族の現世安穏を祈ることしか出来ない

いずれにせよ 人生は何が起こるか解らないのである

共々に悔いの無い人生を歩んで行ければ幸いであると 

心に誓った次第です



ペタしてね





/>


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日の事

月に一度 かかりつけの内科クリニックで服用の薬を貰うために、電話予約携帯

午前中に取りに行きますと、連絡をする。

倉庫の整理もそこそこにクリニックへ車(MPV車)

クリニックの周りは少し道幅が狭いのでゆっくりと走って行くと、一台のOld Miniが薬局の前に止めてある!?

偶に有ることなので 余り気にもしないでクリニックの駐車場に車を止め

受付へ 薬の処方箋を貰って薬局へ歩く

まだ駐車しているな…… と思って横を通り ふと車中を見ると老夫婦が乗っていて後部座席にお爺さん 運転主席には奥さんらしき初老の婦人がいる。

薬局に入って 処方箋を出し 薬を待っていると  

先ほどの婦人が入ってきた

先に出していたのか 名前を呼ばれて婦人が薬を受け取り 説明を聞いて帰った 2 3分程の時間だったと思ったのだがはてなマーク

すぐに婦人が戻ってきて お爺さんが居なくなったと言うビックリマーク

クリニックにでも戻ったのか それとも用足しに行ったか

薬局の人が 表へ すぐに帰ってきて近くにいた人が東の方へ歩いていったと言っていたと

じゃ先に帰ったのかと思って薬が出来るの待っていたが

何故か心穏やかでない !?

薬の出来るのが 自棄に遅いかお

ふと脳裏に浮かんだ  ひょっとして さっきのお爺さんは認知症なのかはてなマーク

何となく 気にかかるので 薬を貰って 車に乗り込み 歩いて行ったという方向へ車(MPV車)走らす

あれから 何分をたっていないのだから近くを歩いているはず 

200㍍ほどで 二股に多分 婦人は真っ直ぐ行ったんだろうと思って左へ

すぐ分かれ道 右へ行けば寺の方へ 真っ直ぐ行けば住宅街

迷ったが右へ周りの空き地家陰をを見ながら進み 少し左へ曲がったとき
 


左側を あのお爺さんらしき人が歩いている 

ふと足下を見ると靴を履いてないはてなマーク 

20㍍ほど後ろに靴が脱ぎ捨ててあるショック!

やはり 認知症かなと思って 追い越し少し前で車を止め 車を降りて

声をかける 「お爺さん靴履いてないょと 返事がない」

やはり 「靴履こかと言うと 脱いである場所まで歩いてきて履き始めた」

さて これからどうしたものか汗

とりあえず クリニックへ携帯連絡

婦人に連絡を取ってくれると言うので 待っていたのだが

同じ場所で2分と居ると 歩き始めようとするあせる

その時一台の車が ひょっとして施設の車かなと思ったのだが… 違ったショック!

向かいの家庭菜園に車を止めて 40前後の婦人二人が降りてきた 全くこちらには気がつかない様子しょぼん

声掛けをしようとしたのだが お爺さんは反対方向へ歩こうとするので それも無理あせる 

クリニックの方へ指さし 「こっちへ行こかと」言って歩き始める

無理に行こうとすると 興奮して怒るプンプン

暑いといって 上着を脱ぎ捨てる汗

しかし 無言で居ると 立ち止まっているし 話をしてないと歩いてくれない

たわいもない話を繰り返し 話すあせる

再度携帯するのだが 婦人とは連絡が衝かない様子

看護婦さん来ると言うので クリニックの方へ向かって歩いていると言って歩き始める

その間 何台かの車は通りすぎたのだが 婦人の車ではなかった

立ち止まり 歩きを 繰り返して ようやく元の分かれ道まで来たとき看護婦さんの姿が

居た場所を教えて お爺さんをお願いして 車のところへ寂笑

以前にも 同じような事が有ったのだが

午後9時過ぎに地域での打ち合わせをしていた時 隣のお婆さんが家から居なくなったと 気がついた時には30分は経っていたという

そこにいたメンバー6名で手分けして探したのだが 見つけ出すことが出来ず
警察へ捜索依頼をしたとがある

幸いに6㌔ほど離れた場所で ある婦人の人が コンビニの空の袋を持ってトボトボと歩いている お婆さんが居ると警察へ連絡して頂いたおかげで見つかりましたが

今回はお昼の時間帯で怪我もなく良かったですが

TVでも 報道されていましたが 高齢者の行方不明の人の多いのにはビックリです ガーン

人ごとだと思う 無関心ではいけないと思う今日でした



 



ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:


おっちゃんのブログ


今年も伊川の土手の桜が八分咲きとなりました桜


明日日曜日花見の人で賑やかになりそです好


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりにダチと飲みに出た


何時もの居酒屋で近況の出来事を暫し話して


何時しかゴルフ談義 


何時も思うのだけれど 人それぞれ目的が違うのだから  


ゴルフに対しても捉え方が違うのは当たり前のことで有る


競技会を重点に置いて居る人


プライベートラウンドだけを楽しんでいる人


しかしながら ゴルフを楽しんでいるのには違いない


何時しか話が盛り上がり 最後に何時かはパブセンに出ようと言うことで決着する


ゴルフの話になると 熱くなるのはどうしてでしょうか


最後にカラオケということに なるのだが 今回はおとなしく帰宅のとに着いた

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日突然のメール


闘病中だった友が 永の旅路についたとの事~ワオー


この世に生を受け まだ半世紀も経たないうちに來栖へと旅だった


今 俺は悔しくてならない><


一度は挫けそうになり  また 友の激励に命を燃やし続けた 友よ


どれほどか 悔しかった事か


本人にしか解らない事で 理解などしたくない


ただ 言える事は短い時であったが、共に戦いに明け暮れた時の事を思い出す


君は今の時代を混迷を悔い怒っていたくりぼー


その戦いを見届けるかのように 今日霊山へと旅だった


来世へと新たな命を受けるために


俺は君の訃報を受け取ったとき、 友と少しばかりも祝杯を挙げていた


今思うに 一日 1時間 1分 1秒 君のために祈れなかった事に悔いが残る


新しい生命で生まれ変わって来る 


君よ、いずれ出会うことがあるだろう


そのときは 笑顔で向かい合いたい


その時 馬鹿な俺を許してくれ


穏やかに健やかな寝顔で 今 君は何を考えてるのか


その寝顔が心休まるとき 俺は安堵する


いずれ出会うときが来るのは、間違いない


その時は いつものように爽やかに声を掛けてくれ


元気かって




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

己の幸福感とは!?


どの時限に定めるかによって大きく変わってゆくくりぼー


愛おしい人と穏やかな時間が過ぎラブラブ


目の前の微笑みにww


心休まるとき至福の喜びを感じ好


事の収まりに達成感が得られ矢印


穏やかな日々が続くらぶ2


人の価値観はそれぞれに違う


ただひとつ言える事は如何なる事でも


一握りの安堵感がなくては得られないビックリマーク


今 ここに有る事が当たり前のように思えるのは


ここに至るまでの相方の努力と度量の大きさに他ならないにこ


時には子供に接するが如く


又 ある時は鬼母の如く荒れ狂い


又 あるときは大海原の母の心で


遙か彼方から慈愛ある眼差しで包み込み


過ぎ去りし日々が走馬燈の如くww


打ち続く試練に、くじけそうになった時には、


天を仰ぎ、大きく息を吸ってみることだ。


王者赫々たる太陽の笑顔が、


必ずや励ましてくれるに違いない。


大きな慈愛の心に包まれながら、


今年も暮れようとしている。






ペタしてね



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年 還暦を迎えたにこ


特に変わった事も無く、日々忙しく過ごしていますさくらんぼ


還暦と言って、余り変わった事が無いのですがビックリマーク


少し 淡泊になったようなアハハ


拘りが無くなったような汗


物事に対して拘りはあるのだがクリボー 


極端に言うと一つの事に対して 全くと言って良いほど関心が無くなりかけているえー


歳を取った事もあるのだが、到達点の無い事に挑む事は出来なくなった↓↓


少し前なら 何とかなるだろうと色々考えたモノだがビックリマーク


最近はどうでも良い事の様に思える事が多いあはは・・・


人生を3分の2以上生きてきたのだから、今までの事を振り返って見るのも 


いいのかも知れない好



今年も40日余り 政界では何かと賑やかになりそうなこの時期


ふと こんな事を考えてる俺は  やはり歳ですかねうーん



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

結果として


「覆水盆に返らず」


ホントに溢れた水は決して盆に戻らないのか


太公望の故事に基づく (太公望は若いときに 毎日何もせずに本を読みあさっていた、それを見た妻は愛想を尽かして出て行った。後に太公望が出世した事を知り、妻が復縁を求めたが、盆の水をまいて、「この水が元に戻るなら、貴女と元に戻ろう」と言ったのが語源となっている。


夫婦というものは、強絆で繋がっているように見えて、紙よりも薄い繋がりだったとは、蟻の一穴と言う事は、まさにその通りなのか


唐突と結論を出した訳ではない


それまでに 複線は多々あったはず


それに気付かなかったのか? 気づいていて無始してきた結果なのか


去年の9月頃 こう言われたそうである。


父ちゃん 「最近おかしいょ 浮気してるんとちゃぅん?」と


本人は浮気なんかしていないし、「何を言ってるん」と思ったらしい


思えば ×1であり 結婚して12年になるという


長女 長男 次女の3人の子供がいる 次女は今年一年生になったばっかり


世間で言う 普通の子煩悩な父親である


奥さんとは一回り以上歳ははなれている


本人も妻の事は 友達に惚気るほど好きな事には違いない


それなりに 妻の事を大事にしてきたのだろう


では なぜ歯車が噛み合わなくなったのか


確かに 仕事の為の付き合いの良い奴であることは、間違いない


週に三四日は飲みに出るような事があったようだ


自分から進んで飲みに行くのでは無いだろうけど


決して そんな雰囲気は嫌いな方と言うより好きな方だ


確かに ゴルフの付き合いも多い


それも 仕事の営業の一環だと自分では思っていたのだろう


たまに 酔いつぶれて車の中で寝てしまったり 朝帰りも度々あったようだ


決して 浮気で外泊した訳では無いので 本人は疚しい事は無いと自分に納得させていたに違いない


男と云うものは 独身で付き合っているときは彼女を女として見ているのだが


何時の日か女として見なくなるのだろう


食事に遊びに行くときもそうである


いつから女から妻・家内となって 少しばかりの気遣いさえしなくなる


何も妻も 如何なる時も女として扱ってほしいとは思ってはないと思う


たまには女として見てほしいと思うのは普通では


これが 逆の立場だとどう思う


見も知らぬ女と食事に行くのなら 私を連れて行ってと思うのはごく自然で 当たり前である


これが反対の立場なら 激怒するに違いないと 妻に言われて 返す言葉が無かった


私との食事では 楽しくないか 美味しくないか と言われれば 答えなど無い


奥さんは去年の始めから 体調が思わしくなかった


下腹部に出血がたまにあり あるTV番組を見ているとき さの内容に気になる事があって


精密検査を受ける  一ヶ月後子宮頸ガンの初期であり摘出した方がよいとの診断だった


子供も小さい事もあって 暫く落ち込む様になった


その状態を見て 本人は自分の責任を痛感したそうである


その頃 よくこんな話をしていたのを覚えてる


ガンにしたのは 「俺のせいだから嫁さんを大事にしなくては」と


検査結果から手術までの頃は 僕の記憶でも余り出歩くような事はしていなかったと思う


いつの頃だろうか 術後の検査で異常が無いと言われた頃だろうか


また いつものように出歩くようになったのは


彼を弁護する訳では無いのだが 自分からでは無かったと思う


奥さんもその頃は情緒不安定になっていた時に 出歩く旦那を許せなくなったのも知れない


その頃から 旦那の携帯メールを見るようになったらしい


本人としては 何も疚しい事は無かったので女性からのメールをそのままにしていた


そこには 色っぽく艶っぽい文章もあったに違いない


それで 「浮気」と言う言葉が出たのだろう


それでも 本人の行動はいつもと変わらなかったのだろう


そして 1年後溜まりに溜まって爆発したのであろう


ボイスレコーダーまで車に忍ばせていたと言う事は 確定した証拠を欲しかったのだろう


全ての女性からのメールを書き残して 音声まで再生されて突きつけられたらしい


本人曰くは仕事の付き合いで飲みに行ったし 浮気はしてないから 許して欲しいと土下座したらしい


彼がどう見繕っても言い訳としか聞こえ無かったに違いない


今 本人は僕の横で後悔の念を持って話している


最後に言われたそうで 一つ屋根の下では暮らせないって


子供が成人したら別れるって


言われたみたいだが?


やはり 決意はかたいのか




 









 










いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。