慎重派と挑戦派

テーマ:

 

12月11~13日

 

名古屋支部では日商検定試験の申し込みでした。

 

 

10月の検定試験の結果が出てから1か月弱。

 

「試験の申込用紙がほしい人~!」

 

と聞いてみると

 

真っ二つに分かれました。

 

 

「まだ○級の練習に入ったばかりなのに

 

受けれるわけない」 派と

 

「受けたーい!」「受ける!」派。

 

 

慎重派と挑戦派。

 

 

 

おいおい・・・

 

 

「受ける!」と決めて練習する人と

 

「できるようになったら」 と思って練習する人

 

どっちの人が早く上達するかなあ。

 

 

 

小1Tちゃんは

 

10月の検定試験で3級に合格して

 

2月に受けるのは1級。

 

申込書をもらいに来たときは

 

「受かる方を受けたい」といって

 

2級にしたのですが

 

申込書を持ってきたときは

 

「やっぱり1級を受ける」といって

 

変更しました。

 

残り2か月の練習期間で1級を目指す1年生合格

 

 

10月の1級の試験で1問で落としてしまった小5Rくんには

 

「段位にしなさい」と伝えたところ

 

「1級にする」と返事チーン

 

おんなじレベルなんだし初段なら取れる力も十分ある。

 

なので課題を出しました。

 

『1級満点合格』キラキラ

 

 

 

中2Tさんは中断していた1級満点合格狙いを再開。

 

段位認定試験とダブルで受験しますグッ

 

 

 

さて、

 

今回の試験は止めておくといったみなさん!

 

6月の検定試験の合格を目ざしてがんばるよ炎

 

2月に受けない分は

 

しっかり暗算の練習に力を入れてもらうからねウインク音譜フフ