Toshihiko Nakazawa ~dancing New York~ 

Toshihiko Nakazawa ~dancing New York~ 

ニューヨーク在住、ダンサー中澤利彦による、アメリカ生活をお届け!

◆ブログに訪問頂きありがとうございます◆
中澤利彦
Toshihiko Nakazawa
🕺ニューヨーク在住プロダンサー🕺
🔥夢をテーマに学校企業等で講話🔥
🇯🇵世界で戦う上で大事な事と日常をお届けします🇺🇸
主な経歴
・アポロシアター、アマチュアナイト 2年連続優勝🏆
・全米ダンスコンテスト番組 So You Think You Can Dance ラスベガス本戦出場📺全世界39カ国放映🌍
・エンタメバスツアー、The Rideにて日本人唯一のストリートダンサー🚌

細かいプロフィールはこちらから
https://profile.ameba.jp/me

【好きな場所で、好きな事をして生きる】

 


 
7月になりました!!
Here comes July!!! How are you doing guys!?
 
※長文ですが、お付き合い頂ければ幸いです🙏
 
ニューヨークではようやく経済再開の兆しが見えてきました。レストランでは外での飲食なども開始され、小売やアパレルなども人数制限を設けて少しずつニューヨークっぽい日々を取り戻しつつあると感じてます。
 
私自身は3月16日一時解雇になり、それから120日以上。状況はまったく変わっていません笑
 
でも、この3ヶ月でオンライン上で本当にたくさんの人と会うことができました。
 
そのほとんどが、直接会った事が無い人達。
スマホ1台で誰にでも、どこからでもきっかけは与えられるので、あとは自分の小さな勇気のみ。
 
この期間に知り合って、まだお会いした事の無いみなさんに直接空間を共にできる事が楽しみです。
  
学校も再開しつつありますが、アメリカでは、過去最大の第二波がきております。
 
アジア人は感染しづらいというデータも出ていたりするようですが、少なくともワクチンができるまでは、落ち着かない状態が続く可能性が十分にあります。また、抗体ができても一定期間が過ぎると無くなってしまう事も示唆されていたりします。
 
僕は何があってもいいように、その準備をして、いつでも向かい入れる体勢を整えておきたいと思っています。
 
 
好きな場所で好きな事をして生きてけるように。
  
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【安定と一定】
 
3月16日から
 
パフォーマンス 6回
講演、セミナー 16回
ダンスレッスン 8回
テレビ出演 3回
新聞掲載 4回
(事前告知)FBライブ配信 20回
Youtube動画投稿数 34回
Instagram毎日配信 36日(継続中)
 
くらいの活動をしてきました。
自分を前に進められるのは自分だけ。行動しなければ1mmも動かない。
 
会社に勤めている人だって基本的にそうだ。
安定とは成長し続けること。つまり成長率を維持すること。
ただ同じ場所に立ち止まっているのは、一定。
 
僕たちの世界は形にならないものを表現する世界が故に、数字では表しづらい事も事実。
 
だからこそ、たまに立ち止まって、自分がやってきた成果をこうやって目に見える形で記録し、伝えていく事も大切で。
 
タイムカードの無いこの世界を選んだのも全部自分。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【伝われなければ意味がない事もない】
 
「伝わらなければ、伝えてないのと同じ」
 
''ダンス''と''パフォーマンス''の大きな違いの一つにそこがあると思っています。
 
''見せる'' と ''魅せる''
 
当然ですが、いかに相手の事を意識して作品を作るかどうかは、その完成度が変わってきます。
SNS等でも、見てくれる人が何を求めているかを考慮して発言する事で、たくさんの人が見てくれる可能性が高くなります。
 
ダンスだって、ただ一人で鏡の前に立って踊っているだけでは、誰にも何も届かない。
一人でも、お客さんがいたら、その人にどうやって届ける事ができるのかを試行錯誤して考えて踊る事で、感動させる事ができるかもしれない。
 
昨今、ネットの世界では誹謗中傷なども多く、取り締まりが強化されている。一方、発言する方も、それを恐れて発言はできる状況ではあるのに、何かを恐れて言いたい事が言えない人も多いのではないか。
 
モラルや道徳が月単位で、時には週単位で変わっている世の中。
ニューヨークなんて、昨日許されていた事が、今日許されなくなる事も多い。
それだけ時代の動きに早く対応していく事も必要とされている。
 
そんな中でも、自分の主張を発信し続ける事。自分の軸を持ち続けていく事が改めて大切だと考えさせられる。その姿勢で信用できるようになり、信頼が生まれる。
 
好きな人しかいない世の中を作るには、自分が嫌われる事を恐れない事だ。
相手がどう思うのか、を考えすぎて行動できない事の方が僕はもったいないと思う。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【中心に置くべきは自分の軸と価値観】
 
会社のため
家族のため
人のため
 
自分以外のために生きる事が続くと、バランスが崩れ依存状態になってしまう。
 
自分の人生を納得できるものにするために、明らかな答えの無いものの答えを考え、自分の軸をはっきりさせる事。
 
僕は3月から、世界最多の新型コロナ感染都市になったこのニューヨークで表現を続けてきた。
当然感染のリスクも多くあるかもしれず、治安が悪くなるであろうとも言われて、
「ニューヨークに住んでいる」
だけで距離感を感じてきた。
 
 
だけど、僕は残る事を選んだ。
この状況を伝えていきたいと強く思った。
 
「今の僕にしか伝えられない事がある」
 
と強く感じたから。

 
3ヶ月前はSTAY HOMEをしていない人が叩かれ
2ヶ月前はお店や従業員を存続させるために店舗運営をする人が叩かれ
1ヶ月前は反人種差別デモに参加する人が叩かれ
 
結局何をしても誰かに叩かれる。
 
時代に合わせて、不確実性に対する柔軟さを持ちながら、大切なものを見極めて行動する事も大切だけど、理屈でわかっていても、譲れないものもあるだろう?
 
 
人生の選択において
完全なる正解というものは無い
大切なことは
自分で選んだ選択肢を正解にすること。
 
僕も引き続き、あがきながら、もがきながら、ありのままの発信を続けていきます。
 
 
その時、この時期にあった人類共通のストーリーを一緒に笑って話せますように(^o^)
 
 
8月に一時帰国する事になりました🇯🇵
お会いできるのを楽しみにしてます😁

ニューヨークのブロードウェイのパフォーマンスが1月3日まで中止になりました。

 

予想はしていたけど、いざ決定すると・・・

更にオンラインで活動できる幅を広げていく必要がありますね。

 

出典

https://www.broadway.com/buzz/199499/broadway-performance-suspension-extended-through-january-3/?fbclid=IwAR16FNEGTl1srl8pBrJeL3aEnbWTQ5coOC6m5w5NGzzEcrYqhouvfd0EBhs

 

僕の地元、新潟を本社に置く、
暖房機器メーカー「コロナ」(新潟県三条市)
さんが、先日地元の新聞、新潟日報で広告を出しました。

 

 


小林一芳社長から出された、メッセージ広告は、
特に子どもたちに向けて「人々のために働く両親に誇りを持ってほしい」
という想いが込められているそうです。
 
雪国新潟では、ストーブなどは欠かせませんし、全国の学校の教室で置かれている事も多く、皆様にとっても馴染みの深いものかもしれません。
 
風評被害も考えられますが、親とかがコロナの会社で働いているという事が友達にも伝わったら、子供達の間で話題に出てくるかもしれません。
 
だけどその時、子供達の口から、このように誇りを持っている、と自分の口から伝える事ができたら。
そして周りもそれを受け入れる事ができたら。
そして大人の僕たちがそれをはっきり伝えていけたら。
 
NYでもコロナパークという大きな公園があります。
全世界でもコロナビールというメーカーもあります。
アメリカでは台風にも名前がつくため、それによって不快な想いをする方も少なくないそうです。
 
名前や見た目による偏見が、これをきっかけに少しでも無くなればと本当に思います。
 
 
とりあえず僕はこの冬、コロナさんの暖房器具で体と心を暖めてもらう予定です⛄️
(エアコンもあるらしいですよ⛱)
 

 

「キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです」

https://www.youtube.com/watch?v=zGiAVM5MEh8
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
新聞の広告に出された文章はこちら↓
 
 
コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ
 
まだまだ、せかいじゅうが、しんがたコロナウイルスで、
たいへんなことになっているね。
 
そとであそべなくなったり、マスクをしなきゃいけなかったり、
つらいこともたくさんあるとおもいます。
 
そんななかでも、わたしたちコロナは、
くらしをゆたかにする“つぎのかいてき”をつくろうと、
きょうも、がんばっています。
 
コロナではたらいてくれている、
キミのおとうさんやおかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、
おじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんも、
いっしょうけんめいです。みんな、じまんのしゃいんです。
いえにいるときのイメージとは、ちょっとちがうかもしれないけど。
 
もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、
キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、
ほんとうにごめんなさい。
かぞくも、キミも、なんにもわるくないから。
わたしたちは、コロナというなまえに、
じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています。
 
キミのじまんのかぞくは、
コロナのじまんのしゃいんです。
 
かぶしきがいしゃコロナのしゃちょう より

アメリカ・ニューヨークの抗議デモに参加しました。

全編はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=XN0C8ny6nYk&feature=youtu.be
 

 


 
平和的デモと一部の略奪、暴動は違う。
 
「黒人差別は日本ではないから関係ない」
もしかしたら、僕も日本にずっといたらそう思っていたかもしれない。
 
これは政治の話ではなく、人間のモラルの問題。
アメリカだけじゃなくて世界中でデモが起こっている中で、黒人差別だけじゃなく、国籍差別や性差別、偏見とか社会のモラルの問題を本気で考えるきっかけとして捉えてもらいたい。
 
僕もこうやって参加したり、発信したりする事で、もちろん自分と違う意見があったり、反対される事もあるかもしれない。
 
 
「知らなかった」
「うちの国には関係ない」
は通用しない世の中。
 
自分自身、ダンスや音楽、もちろん友人を通して、たくさんの影響をブラックカルチャーからも強く受けています。 
まずは、知ることから。
  
情報は受けるだけじゃなく、自ら考える事が大切だと思ってます。 
一緒に考えていきましょう。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、ダンス以外の投稿をたくさんしている事で、
『ダンスの投稿はしないんですか?』
『ニューヨークで何をしているんですか?』
『期待外れです』
などとコメントをもらったりする事もありました。
 
今、僕がニューヨークに残っているのは、意味があると思い、今自分が伝えられる事や情報、ダンス以外のエンタメなども届けていきたいと思っています。
 
「信頼関係」というものはあっても、「期待関係」というものはありません。
 
10人の人がいたら、2人には嫌われ、2人には好かれ、残り6人はどちらでもない人になると言われます。
限られた人生の中で、自分の同じ方向性を持った人と1秒でも多くの時間を共有したいと思っています。
 
どうぞ、生身の中澤と今後もお付き合い頂ければ嬉しいです。