Toshihiko Nakazawa ~dancing New York~ 

Toshihiko Nakazawa ~dancing New York~ 

ニューヨーク在住、ダンサー中澤利彦による、アメリカ生活をお届け!

◆ブログに訪問頂きありがとうございます◆
中澤利彦
Toshihiko Nakazawa
🕺ニューヨーク在住プロダンサー🕺
🔥夢をテーマに学校企業等で講話🔥
🇯🇵世界で戦う上で大事な事と日常をお届けします🇺🇸
主な経歴
・アポロシアター、アマチュアナイト 2年連続優勝🏆
・全米ダンスコンテスト番組 So You Think You Can Dance ラスベガス本戦出場📺全世界39カ国放映🌍
・エンタメバスツアー、The Rideにて日本人唯一のストリートダンサー🚌

細かいプロフィールはこちらから
https://profile.ameba.jp/me

【迷いながら生きていく】


“This is HipHop Dance!” Tour.

先週に引き続き、文化庁主催による、『巡回公演事業』にて、ダンス公演を行ってきました!







公演の内容は、ヒップホップダンスの歴史や背景を伝えながら、ロックダンス、ポップダンス、ブレイクダンス、そして口から音を出すヒューマンビートボックス等、実演しながら進行していき、最後はみんなで踊ったり、質問コーナーがあったりと、ボリュームたっぷりの90分となっています。


3週目に入り、メンバーとも公演中だけではなく移動も共にする中で、色々話をして、僕自身も非常に刺激をもらっています。


今回初めて会うメンバーも多いですが、共通して言えるのは、ダンスを続けてきたことだけ。それだけ。でも、それだけで良い。


この瞬間までダンスを続けてきたって事だけで、全てを語る必要のない、その中でしか生まれなかったであろう、苦しみや葛藤が、話さなくても伝わって、感じる事ができるから。





長年ダンスに関わってきた中で、途中で投げ出したくなったり、離れたくなったりした事もあったかと思う。

僕のように途中でサラリーマンをするために中途半端に辞めてしまって、再び始めた人もいるかもしれない。


だけど、この舞台の上で一緒に踊るという事が、それまでの各々のバックグラウンドが自然とステージに現れる。



目の前のことに飽きて、別の刺激を求めるようになることの衝動エネルギーのことを「迷い」と呼ぶ。


迷いながらもまたこのレールに乗ることを決めた僕たちの、エネルギーが、言葉がなくても見ている子ども達にも伝われば。


これからも毎日の奇跡をしっかり残していきたいと思います!



この動画は、最後のフィナーレの様子です。

ダンサーだけではなく、舞台を作ってくれているスタッフの皆様のおかげで、一生に一度あるかないかというこの瞬間を創り出す事ができています。感謝です。



実施団体:NPO法人国際文化交流協会カルティベイト


動画は使用許可済










【収益公開】

チャンネル登録者1000人の1か月の収益を発表!

 

 

 

おかげさまで、Youtubeも先月無事に収益化ができるようになりました!

そして、あっという間に1ヶ月が立ちました。

 

そこで今日は、Youtuberとしての初めての1ヶ月の収益を公開します!!!

 

Youtube・・・夢がありますね♪

 

フォローしてね

 

 

 

【文化庁主催、これがヒップホップダンス!】

 

先週に引き続き、今週も学校ダンス公演ツアー🕺🏫

 

Done Dance WS in elementary schools!!

今週は5校6公演と、たくさんの場所でパフォーマンスする機会を頂きました。

 

今回はNYで知り合った先生のつながりの学校もあったりと、海を飛び越えて日米で活動できることは、また灌漑深いものがあります🗽

 

また、一緒に周っているダンサーさんやスタッフさんとも、約1ヶ月を共にしているので、その人となりやダンスに対しての考え方など、学ばさせて頂く事も多いです。

 

個人的にも、普段1人でダンス講演などをする時は、

進行の全てに気を使う必要があり、

音響やマイクのチェック、

子供たちの入退場、

司会進行、

など、通常舞台を作り上げる上で必要なことを1人でやっているので、

このように、現場に行った時点で全ての準備が整っている事で、我々は全てを踊りに集中する事ができます。

 

なので、その有り難みを十分に噛み締めながら、怪我と体調だけには気をつけて、残り公演残り2週間を過ごしていきたいと思います。

 

 

 

後悔とは

すべきでない事をした事と

すべき事をしなかった事

 

自分らしさを発見し、個性を発揮する勇気を持てば、後悔せずにすむ

 

今は子ども達も大きな声を出して歓声をあげる事ができなかったり、僕たちも直接触れられない場面もあったりと、制限はあるのですが、

 

舞台で表現し続けることに、人生の大半を注いでいる我々のその覚悟を通して、

瞬間を凍結する、つまり瞬間を心に焼き付けるような体験を子ども達にも感じてもらえたらと思います。

 

 

レッツラゴ〜!

 

主催 :文化庁

事業名:文化芸術による子供の育成事業-巡回公演事業- 

実施団体:NPO法人国際文化交流協会カルティベイト

 

 

【夢を実現した人たち】

If something you hope for, wish for, or dream of comes true, it happens.

 

 

 

今週は5校の学校公演に行ってきました!

今回から、通常行っているダンスの指導や講話より更に、パフォーマンスをメインとした、

「芸術鑑賞会」のような時間を子ども達と一緒に過ごしていきました。

 

僕以外のメンバーも、世界大会でも優勝してしまうようなメンバーや、日本を飛び越してガンガン世界中で活躍している方達ばかりです。

 

そのような中で、3年連続、こちらの事業で踊らさせて頂ける事、特にこのような時期に実施できた事は本当に有難い限りです。

こちらの公演はダンサーだけではなく、写真のように、音響、照明、特殊効果など、様々な舞台装置を外から体育館に持ってきて、一つの大きな舞台を作ります。

 

おそらくこれだけの装置を学校で見れることは、子ども達にとってもほとんど経験が無いと思います。少なくとも僕は無かったです。

 

身体表現だけではなく、一つの舞台としての芸術が、子供達の心に焼き付いて、それが誰かの中にある芽を出るきっかけになって欲しいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「夢を実現した人は、実現していない人より幸せ」

当たり前といえば当たり前の話なのですが、

面白いのは、

「夢を持っている人は、持っていない人よりも幸せ」

ということもあります。

 

僕たちは、昔持っていた一つの夢を叶えました。

だけどもちろん終わることはない。

 

「もっと大きな舞台に立ちたい」

「もっともっと上手になりたい」

「もっともっとももっと勝ち続けたい」

 

僕たちは夢を持っているので幸せだと思います。

ちなみに、今の日本人で「夢をもっている人」は約半数(51.9%)

と言われてます。

 

あなたが夢を持っていたら、隣の誰かは夢を持っていないかもしれない。

だったら伝えてあげよう。

良いものは人に伝えたくなるように、美味しいものは人に紹介したくなるように、その夢も同じように。

 

 

 

主催 :文化庁


事業名:文化芸術による子供の育成事業-巡回公演事業-


実施団体:NPO法人国際文化交流協会カルティベイト

【僕はダンスを教えない】

I visited some school to share our dream.

 

今週は、

・新潟県

村上市岩船小学校

加茂市下条小学校

・山形県

米沢市第四中学校

南陽市宮内中学校

に行ってきました!

 

新潟の隣の県、山形県の学校にも訪問してきて、ダンスや講話を行ってきました。

こちらでは、中学生との活動だったので、また通常と違った雰囲気になりましたが、

静かに話を聞いてくれたり、ダンスも全力で踊ってくれました。

 

中学生といえば、お年頃全盛期、自我が確立しつつある時期なので、恥じらいなども出てくる年齢ですが、熱心な先生方の指導のおかげもあり、とてもメリハリを持って活動しているのが印象的でした。

 

僕はNYで以前、毎週決まった日にダンスを教えていた事があったのですが、1年で辞めました。

ダンスの技術を教えないダンサーなのです。

 

個人的には、ダンスが本気でやりたいという人にだけ、そういった技術や精神論を教えたい。

ダンスを踊りたくない、という人に無理やりダンスを踊らせる事だけはしたくないから。

この学校での活動は特に、当然ながら全ての子ども達が、踊りが好きというわけではなく、

恥ずかしかったり、苦手だったり、中には嫌いな人もいるだろう。

 

ステージの上から見ると、すぐ分かります。意外とみんなの表情も見えるよ。

ただ、そこで感じて欲しいのは、

踊る事が大切じゃなく、

できない事に、嫌いな事に対して、自分がどう立ち向かっていくか。

 

苦手なものに対しての向上心と、

知らないものに対しての好奇心。

 

 

別に笑顔で元気で踊る必要はないよ。もちろん踊ってくれれば嬉しいんだけど、

でも、その姿勢はこの先のミライで、

 

必ず大切なものになってくる事は間違い無い。

と、

間違いなく言える。

 

 

食べてみよう。意外と美味しいかも。

今では小学生からSNSをやっていて、もしかしたらこの文章も今まで全国100校以上行った中で出会った児童や生徒達も見てくれているかもしれないから、

また次に会った時、僕はそんな事を考えてダンスをしていることを、感じとってくれたら嬉しく思います。

さあ、僕もみんなに元気をもらったので、明日から1ヶ月ほど新潟にいません。

 

関東を中心に出没しますので、怖がらずにお声をおかけくださいね!

 

 

文化庁主催創出事業 、学校による提案型

実施団体:特非)国際文化交流促進協会カルティベイト