(藤田真央の演奏動画 フランク ショパン モーツァルト ラヴェル) | たまにしか書かないけど日記。~クラシック音楽コンサート鑑賞記 in 関西~

たまにしか書かないけど日記。~クラシック音楽コンサート鑑賞記 in 関西~

クラシック音楽のコンサート鑑賞記です。関西が多いと思います。
また、好きな音楽や、日々の諸々などを、思いついたときだけ書きます。

今回は演奏会の感想でなく、別の話題を。

好きなピアニスト、藤田真央の演奏会が昨日サンクトペテルブルクで行われ、その演奏動画がネット配信された。

動画はこちら。

 

 

曲目は、

 

César Franck: Sonata for Violin and Piano

Mark Bushkov: Fantasia for solo Violin

Frédéric Chopin: Introduction and Polonaise brillante, Op. 3

Wolfgang Amadeus Mozart: Piano Concerto No. 20 in D minor, KV 466

Johann Sebastian Bach: Sarabande and Gigue from Cello Suite No. 3 in C major, BWV 1009

George Frideric Handel (arr. Johan Halvorsen): Passacaglia for Violin and Viola

Maurice Ravel: Piano Trio

 

演奏は、

 

Marc Bouchkov (violin)

Sergey Dogadin (violin)

Zlatomir Fung (cello)

Mao Fujita (piano)

 

である。

いずれも2019年チャイコフスキー国際コンクールの第1位または第2位受賞者たち。

藤田真央の参加する曲は、フランクのヴァイオリン・ソナタ、ショパンの「序奏と華麗なるポロネーズ」、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番、そしてラヴェルのピアノ三重奏曲。

いずれの曲も、彼ならではのロマンティックで繊細な美演が聴ける。

 

 

ちなみに、噂によると彼らによる室内楽の演奏が数日前にミュンヘンで行われ、あまりに好評だったので急遽サンクトペテルブルクで再演が企画され、開催に至ったとのこと。

おまけに協奏曲も加わり、さらに動画配信までされるとは。

ロシアのお国柄なのか音楽愛の強さか、謎のフットワークの軽さに私たちファンは喜ばされる。

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

↑ ブログランキングに参加しています。もしよろしければ、クリックお願いいたします。