グッドネーバーズ・ジャパンのブログ

グッドネーバーズ・ジャパンのブログ

~世界中の子ども達に笑顔を~ 
グッドネーバーズは、世界40カ国以上で子どもの教育支援、人道開発援助、緊急支援活動に取り組む国際NGOです。

東北のハワイ、いわき市。

綺麗な海が広がり、朝日は美しい。
いわき市の魚にも指定されている「メヒカリ」は是非食べたい逸品だ。

 

海岸で、散歩する地元の方と話をした。

「絶対津波は来ねぇって、逃げなかった奴もおるんだ」

3.11、東日本大震災。

 

海岸沿いを走ると、真新しい、整備された道が広がる。

内陸側には、開発途中だろうか、整備区画に家が点在する。

曇天の東の空から一瞬、朝日が差した。

 

8年後、いわき市を台風19号が襲った。

人口34万人の都市に全戸避難が発令された。

再び時が止まった。

 

被害は甚大だった。

夏井川は溢れ、平、好間、平窪、赤井、小川地区を始め、川沿いの多くの地区が被災した。

住家被害件数は約6,000世帯。

 

当時の話を聞くと背筋が凍る。

真夜中、あっという間に大水が来たそうだ。

家屋は水没し、見るも無残な現場と化した。

 

 

 

家の中は泥や瓦礫が散乱し、公園は水害ゴミで覆い尽くされた。

畳や瓦礫を全て外に出し、道路沿いがゴミだらけになった。

家を乾燥させるため、日中は窓を開け、夜は街から光が消えた。

 

それでも日々、時は進んで行く。

みんなが協力しあい、ゴミが片付いていく。

家が綺麗になっていき、街が綺麗になっていく。

 

鉄道が復旧する。

お店が営業を再開する。

ボランティアのニーズが減っていく。

 

まだまだ今までの生活に戻れない人もいる。

2階で暮らしている人、避難所で生活をしている人、まだまだたくさんいる。

でも、少しずつでも、復興に向けて日々前進している。

 

こんにちは。

11月よりいわき市の災害ボランティアセンターに派遣されております、グッドネーバーズ・ジャパンの原田と申します。

市内外、全国各地から来られたボランティアさん達に必要な資機材を用意し、送り出す役割をしております。

 

たまの休日にボランティアにも入ったり、常連メンバーと仲良くなったり、いわき市の方々をはじめ、全国各地からいわき市を応援に来てくださった方々に良くしていただき、本当にいわき市に来て良かったです。

被災者の方からも、「今まで夫婦二人で一生懸命頑張ってきたけど、何とかしてあと10年、この家に住みたいんだ。」というお声に、ボランティアさん一同、泥かきや崩れた法面(切土や盛土により作られる人工的な斜面)の補強など、みなさんが協力しあった結果、「生きる希望が持てました。お家も喜んでいます。」と感謝の言葉をいただきました。台風から2ヶ月以上、年末も近づく師走の日でした。

 

遠慮していて、なかなかボランティアを頼むことができなかった方もいます。

もう住めないからと、諦めた方もいます。

1階にあった家財道具は全て水に漬かり、見るも無残な状況になった方もいます。

 

10月末、いわき市に入った時は畳や家財道具、土のう袋が町の至る所に積み上げられていました。

お店は閉まり、夜は街に明かりがありませんでした。

家は汚れ、浸水規模を物語っていました。

 

台風被災から2ヶ月、少しですが街に明かりが灯り、閉店していたお店も再開しました。

全国各地からボランティアさん、運営スタッフも含め、多くの方の協力がありました。

涙するほど感謝の言葉をいただきました。

 

福島県いわき市に来て2ヶ月。

本当に大切な時間を過ごすことができました。

これからもいわき市に関わっていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

皆さんこんにちは。長野市北部災害ボランティアセンターにて復興支援に携わってきた原口です。

 

長野市北部災害ボランティアセンターではこれまで柳原ボランティアセンター及び大町サテライト、りんごの郷サテライト、津野サテライト、赤沼北サテライト、赤沼南サテライトの6つのサテライトの運営を行ってきました。

 

私はこれまで主に柳原ボランティアセンター及び赤沼地区のサテライトの運営に携わってきました。柳原ボランティアセンターでは団体の受付、送迎バスの操配、そして赤沼地区のサテライトでは受付、軽トラックの操配、ニーズ調査等に従事してきました。

 

社協スタッフと共にニーズ票の確認をする原口スタッフ(右)

 

発災から約2ヵ月半が経過する中、のべ6万2000人以上のボランティアの方々と共に復興へ向けて努力を続けてきました。

 

ボランティアの方々にお願いする作業内容は多岐にわたります。

水に浸かってしまった家財の運びだし、家財の洗浄、泥だし、床剥ぎ、壁取り、室内清掃をはじめ、住民の方々からの個々の依頼に対してもできる限り対応していただきました。

床剥ぎ、壁取りを終えた赤沼区公会堂の一室

 

住民の方々の復興への強い意志に加えてボランティアや運営スタッフの尽力もあり、町は日を追うごとに綺麗になっていったように思います。

100名以上のスタッフと共に行われた朝礼の様子

 

こういった状況を経て、長野市北部災害ボランティアセンターは現在一つの節目を迎えています。

これまで6つあったサテライトがそれぞれの地区での収束、統合を経て、これからは津野と赤沼の2つのサテライトを中心に運営を行っていくことになります。またこれから冬の寒さが厳しくなることや、様々な方面からの意向を考慮して、週末型(金・土・日)の運営に移行することとなりました。

 

確かに緊急期は過ぎたのかもしれませんが、長野市災害ボランティアセンターの活動はまだまだ続きます。加えて信州農業再生復興ボランティアプロジェクト(冬季休止中)や長野市生活支援・地域ささえあいセンターの活動も実施されています。

 

私は実際に長野市北部災害ボランティアセンターの事業に携わり、また長野県で実際に暮らしてみて、長野県民のボランティアに対する意識の高さには頭が下がる思いです。

長野県を少しでも良くしたい、困ったときはお互い様、今大変な状況にある人々に寄り添いたい、といった思いが随所で伝わってきます。また県外からも実に多くの人々がボランティアや運営スタッフとして参加されています。

 

こういった人々と共に運営スタッフとして復興支援に携わることができた経験や思い出は私にとっての大切な財産となっています。

 

ボランティアの方々との集合写真

 

私自身が長野市災害ボランティアセンターで運営スタッフとして携わるのはこれが最後になりますが、このような機会を提供していただいたグッドネーバーズ・ジャパンの支援者の皆様には感謝しています。私はこれからも引き続き、何らかの形で長野市の復興支援に携わることができればと考えています。

 

 

こんにちは。広報のいいじまです。グッドネーバーズ・ジャパンは、毎年夏にアメリカのインディアナ州にあるアーラム大学から、アメリカ人インターンを受け入れています。
語学力向上、日本の文化を学ぶ、日本での職業体験などがインターンシップの目的ということですが、グッドネーバーズ・ジャパンの事務所で翻訳や調べもの、また国内事業のサポートなど様々な業務をこなしてくれています。今年のインターン生、ビクターがブログを書いてくれましたので、ご紹介します!

 

こんにちは、ビクター・レーンと申します。アメリカから来た、グッドネーバーズ・ジャパンの夏期インターン生です。アメリカのアーラム大学と早稲田大学の両方の大学生です。私の出身はアメリカのニューヨークで、そこで育ちました。アーラム大学の一年生の時に日本語の授業を取って、とてもいい体験になったおかげで日本語の勉強を続けて、日本の文化にも興味を持ちました。そこで、大学時代には色んな日本でのプログラムに参加しました。2016年にエコプラスというNGOに夏休みの間にインターンシップをしました。エコプラスは自然を守って、少子高齢化に取り組む活動をしています。

 

新潟にて

新潟の限界集落にて(エコプラスのインターン活動中)

 

2017年、早稲田大学にダブルディグリープログラムで入学しました。そのおかげで日本に住んで勉強して、日本の文化的なことにもっと詳しくなれました。東京の日常的な生活とエコプラスのインターンした時の田舎に住んでいた体験はとても違います。実は東京に住んだ経験から、日本での無縁社会というものが分かりました。無縁社会では困っている人の問題が隠れてしまう。しかし、健全な社会は困っている人を支える社会だと思うので、グッドネーバーズ・ジャパンの活動に参加したかったです。グッドネーバーズ・ジャパンはひとり親家庭にご飯を渡すプログラムがあるから、とてもいい活動だと思って参加したくなりました。

 

さらに、グッドネーバーズ・ジャパンは世界中の途上国を支援していますよね。豊かな国は貧しい国に支援する義務があると思うから、その理由でグッドネーバーズ・ジャパンにインターンしたかったです。「子どもスポンサー」※1のコースで子どもを支援すると、その子どもと手紙のやり取りができて縁が作られます。(スポンサーさんと支援を受けている子どもの間で)よく手紙交換が行われているから、私のやった仕事の一つは、その手紙を翻訳することでした。

 

GNJP事務所

グッドネーバーズ・ジャパン事務所での勤務

 

「グッドごはん」※2で食品をを渡すことは私の一番好きな仕事でした。参加していると、本当に人の役に立っていると感じます。

 

日本国内のフードバンク事業「グッドごはん」で食品配布の仕事中

 

※1 子どもスポンサー:グッドネーバーズ・ジャパンが行っているスポンサーシッププログラム。発展途上国の子ども達が貧困から抜け出し健全に成長できるよう、継続的な支援を行います。スポンサーになると、支援を受けている子どもの成長記録や子どもからの手紙が届き、成果を実感できます。(詳細はこちら

※2 グッドごはん:日本国内の子どもの貧困問題解決のため、グッドネーバーズ・ジャパンが実施しているフードバンク事業。主にひとり親家庭を対象に食品を無償配布しています。(詳細はこちら

 

グッドネーバーズ・ジャパンにインターンシップをした時に、皆はとても優しいから良い環境でした。

そのおかげでとてもいい体験ができました。

 

グッドネーバーズ・ジャパンの仲間と(海外へ長期出張するスタッフの壮行会)