グッドネーバーズ・ジャパンのブログ

グッドネーバーズ・ジャパンのブログ

~こころを守る。身体を守る。~ 
グッドネーバーズは、日本国内を含む世界40カ国以上で子ども支援、開発、緊急支援活動に取り組む国際NGOです。

こんにちは!グッドネーバーズ・ジャパンの太田です。

2022年3月23日〜4月6日にかけて、私ともう一名の職員でルーマニアへ出張に行ってきました。ルーマニアでは、グッドネーバーズ・インターナショナルが行っているウクライナ難民への支援活動を視察、今後の支援事業のための調査※を行いました。

本調査事業は、ジャパン・プラットフォームの助成により実施しました。

 

2月24日以降、ルーマニアには677,004人(2022年4月11日時点)の人々が難民として流入してきており、そのほとんどが女性と子どもです。グッドネーバーズ・インターナショナルでは、主な流入ポイントとなっている東部イサクチャ、北部シレトの2つの国境地域を拠点に活動を行なっています。

東部イサクチャと北部シレトの場所

(Source: UNOCHA)

 

今回の記事では、出張の前半に行った東部のイサクチャ国境での視察の様子をご報告します。

 

イサクチャ国境地点。対岸がウクライナ

(イサクチャ国境地点。対岸がウクライナ)

 

ドナウ川を挟んで対岸がウクライナです。ウクライナやルーマニアは寒いというイメージがありましたが、視察した時の気温は日本とほぼ変わらず、日中は春らしい陽気でした。

 

イサクチャ国境地点の支援団体のブース。周辺にはヒーターなどが置かれたテントもあります

(イサクチャ国境地点の支援団体のブース。周辺にはヒーターなどが置かれたテントもあります)

 

難民が流入し始めた2月当初はやはりとても寒い日が多く、雪も降るほどだったので、国境地点での支援団体の人たちは難民の方々が凍えないよう支援ブースを暖めて待っていたそうです。

 

支援団体の方に話を伺ったところ、当初に比べると随分過ごしやすくなったと話していましたが、このような状況がまさか1ヶ月も続くと思っておらず、先の見えない状況であるウクライナの人々のことをとても心配していました。

 

グッドネーバーズ・インターナショナルは、東部イサクチャの国境地域では、近郊のガラツという町を拠点にし、国境を渡ってきた人々が安全に他の町や国に移動するのをサポートするバスの運行を行なっています。

 

イサクチャ国境地点でグッドネーバーズが提供しているバスバスで他の都市に移動する難民の様子

(左:イサクチャ国境地点でグッドネーバーズが提供しているバス。右:バスで他の都市に移動する難民の様子)

 

ウクライナからルーマニアに逃れてくる人々は多い時には1日3,000人、私たちが視察した3月25日には、800人ほどの人が入国していました。

 

UNHCR職員の方から最近の国境地点の動向を伺いました

(UNHCR職員の方から最近の国境地点の動向を伺いました)

 

国境地点には、UNHCRなどの国連機関をはじめ、さまざまなNGOが支援活動を展開しています。難民の方達が乗るフェリーがルーマニア側に着いた途端、多くの支援団体が、難民の方達に温かい食事や飲み物を渡しながら、どのようなサポートが必要かをヒアリングしていました。

 

イサクチャ国境地点でフェリーで到着した難民を迎える支援団体イサクチャ国境地点で難民に食糧や飲み物を提供する支援団体

(イサクチャ国境地点。左:フェリーで到着した難民を迎える支援団体。右:食糧や飲み物を提供する支援団体

 

その中でも、大きなスーツケースをたくさん抱え、一人で逃げてきた女性が「安全な場所に行きたい」と言っていたのがとても印象的でした。

 

ウクライナからフェリーでルーマニアへ渡る難民の様子

(ウクライナからフェリーでルーマニアへ渡る難民の様子)

 

戦争が始まった当初は、ルーマニアやその他の国にいる親戚や友人を頼って避難してくる人たちが多かったそうですが、戦争が長期化するにつれ、行くあてのない人たちがとにかく安全な場所を求めて逃げてくるケースが増えてきているそうです。そのような状況では、人身売買などの被害が増えることも懸念されており、安全な移動や滞在を支援することが重要だと実感しました。

 

また、国境地点から50kmほど離れたガラツの町では、現地の市民団体や教会と協力し、グッドネーバーズ・インターナショナルがチャイルドフレンドリースペースを運営しています。このスペースでは、ガラツに数日間滞在する難民の子どもたちが安心して遊べる場所になっています。

 

(ガラツのチャイルドフレンドリースペース)

 

ここでは、地元のボランティアの協力により、戦争のトラウマをケアするため、子どもたちへのサイコソーシャルサポートが提供されています。子どもたちは、グッドネーバーズ・インターナショナルが提供するワークブックで遊びながら、自分と向き合い、気持ちを整理することができます。

 

チャイルドフレンドリースペースの場所を提供している教会のメンバーに話を聞いたところ「とにかく何もかも初めての経験ばかりで、大忙しの日々を送っています。それでも、難民の人たちが少しでも安心できるよう私にできることをやりたいです。」と話してくれました。

 

この教会では、チャイルドフレンドリースペースの運営だけでなく、簡易の宿泊所の提供や、食事の提供を行っています。ボランティアの人たちの多くは、以前はあまりウクライナの人々と交流する機会がなかったと言っていました。ウクライナ語とルーマニア語は全く別の言語なので、言葉が通じないことへの戸惑いも双方あるようです。

 

そんな中でも、短期視察の私たちにも状況を詳しく説明し、ガラツを訪れたことをとても喜んでくれ、出張中の張り詰めた気持ちがほぐれていきました。

 

難民の方達にとっても少しでもこの場所が心安らぐ場所であるようにと願っています。

 

グッドネーバーズ・ジャパンの活動報告はこちら

みなさんこんにちは!海外事業部の諫山ですびっくりマーク

2021年より、ハイチ地震の被災者支援事業を担当しています。

 

2021年の8月14日、カリブ海の島国ハイチの南西部でマグニチュード7.2の地震が発生しました。

多くの家屋が損壊し、家を失った人々は厳しい避難生活を強いられています。

こうした状況を受け、グッドネーバーズ・ジャパンは、2021年10月より、グッドネーバーズ・ハイチ(以下:GNH)と連携して家屋を修繕するための資材を配付する事業を開始しています。

 

詳しくはホームページの活動報告をご覧ください。

 

私は、2016年にハイチにハリケーン「マシュー」が襲来した際にも緊急支援を担当していました。

 

このブログでは、ハイチに滞在経験のある私 諫山から、大好きなハイチのごはんについてご紹介させていただこうと思いますスプーンフォーク

 

 

<ハイチごはんの歴史と特徴>

①フランスと西アフリカの影響

ハイチは17世紀半ばからフランスの植民地でした。

フランス人によって西アフリカから多くの黒人奴隷が連れてこられ形成された国なのです。

従って、フランスとアフリカの料理の影響を強く受けた「クレオール料理」が生まれています。

料理名の多くがフランス語をもとにしており、フランス語が訛ったものがクレオール語として料理名になっていることも多くあります。

(そもそもハイチ・クレオール語は西アフリカ諸語とフランス語の両方の影響を受けた言語です。)

一部には、ロールキャベツやキビなど、歴史的なシリア地方からの移民によるレバノン料理の影響もみられると言われています。

 

②豆

豆料理は、ブラジルでも宗主国ポルトガルがアフリカから連れてきた黒人奴隷が食べていた食事でしたが、今やブラジルを代表する国民的料理となりました(ブラジルの豆とごはん料理は「フェイジョン・アホイス」と呼ばれます)。

調理の仕方や見かけ上は、ハイチの豆料理とブラジルの豆料理は違いますが、味のつけ方は少し似ているなと感じます。黒人奴隷の食事に始まり定着したものというルーツが共通しているからではと思います(諫山所感)。

 

<日常的に使われる主な食材>

米、豆、バナナ、イモ類(キャッサバ、タロイモ種)、トウモロコシ、トロピカルフルーツ(アボカド、マンゴー、パイナップルなど)など

 

<主なハイチ料理・よく食べられるもの>

■主食は米です。コーンミール(粗びきのトウモロコシ粉)を用いた料理も多いです。

国民食として最も代表的且つ一般家庭的なのは、豆の炊き込みご飯「ディリコレ(ジュリコレ)」です。

ジュリコレに、同じく国民食の一つである野菜と豚肉料理「グリオ」を添えて食べたり、野菜と肉の煮込んだもの「レギュム」をかけて食べられるのが一般的です。

ディリコレは、ハイチ国内中どこに行っても必ず目にします。黒く炊くものと、白く炊くものとがあります。

ジュリコレ(黒)ジュリコレ(白)

2016年諫山ハイチ滞在中に撮影した、ソースレギュムがかかったディリコレ(黒と白)

 

■煮込み料理が多く、トマトペーストコンソメが一般家庭でかなり多用されます。

(緊急支援事業においても、基礎調味料としてトマトペーストやコンソメが配布物資として選定されるほどです。2016年のハリケーン・マシュー食糧物資配布のときも、2021年8月の地震での食糧配布のときもトマト缶は配布されました)

2021年8月ハイチ地震でのGNH配布食糧2021年8月ハイチ地震でGNHが配布したトマト缶

2021年8月地震に対しGNHが9月に行った配布食糧の写真

 

■柑橘類を肉や魚料理に多用します。肉や魚をライムやオレンジ汁で洗ったり、オレンジで煮込んだ肉料理があったります。

ハイチ料理の代表として挙げられる「グリオ(グリオッツ/グリヨ)」は豚肉の塊を柑橘類に漬けこんでから揚げたフルーティーな肉料理です。ハイチ人はグリオ大好きです。国民的料理!

 

■マンゴー、パイナップルなどのトロピカルフルーツバナナを使った料理も多いです。食堂に行くと、ごはんの添え物・デザートとしても必ずついてきます。

たまねぎ、ピーマンなどの千切り野菜のミックスピクルス「ピクリーズ」はあらゆる料理に添えられています。

アボカド(クレオール語で「ザボド」と呼ばれます)はよく乗っかっています。

2022年3月GNHスタッフの食事、ピクリーズ2022年3月GNHスタッフの食事、トロピカルフルーツ

2022年3月GNHハイチ人スタッフ撮影の食事

 

■カリブ諸国や中央アメリカでポピュラーな食材であるマランガ芋というタロイモの一種もよく使われます。

2022年3月GNHスタッフの食事2016年諫山さんがハイチで撮影した食事

2022年3月GNHハイチ人スタッフ撮影の食事(左)

2016年諫山ハイチ滞在中に撮影した食事(右)

 

■「スパゲッティ」はメニューとしてあちこちの食堂やレストランで見かけます。トマトソースベースでアボカドを添えて食べられることも多いです。

(パスタも、2016年のハリケーン・マシュー、2021年8月の地震への食糧支援物資の一つとして配布されました。)

2021年8月ハイチ地震でGNHが配布したスパゲッティ

2021年8月地震に対しGNHが9月に行った配布食糧の写真

 

以上、ハイチのごはん紹介でした!お楽しみいただけたら嬉しいです!

 

こんにちは!海外事業部の佐藤です。

 

昨年12月からネパールに駐在しています飛行機

 

グッドネーバーズ・ジャパンでは現在、今年の3月から、山岳地帯の1つであるカルナリ・プラデーシュ州のムグ郡にある公立小中学校計31校を対象に、衛生的な環境のもとで子どもたちが教育をうけられるよう水衛生環境を改善する事業を行っています学校

 

学校衛生についての講習の様子

 

 

 

事業チームのスタッフと

 

ムグ事務所を初めて訪問した時(写真右が佐藤)

 

 

さて、以前グッドネーバーズ・ジャパンのホームページで、ネパールの女子生徒の月経衛生事業についての記事を掲載しました。

記事では、ネパールの一部の地域に残る、月経期間中の女性を家と家族から隔離させるチャウパディ」という慣習について紹介しています。

 

その記事を書くにあたって、私はネパールにおける月経についての印象やチャウパディについて、現地の方からの聞き取りを行いました。

このブログでは、記事に書ききれなかった声をご紹介します!ニコニコ

 

月経やチャウパディに対する聞き取り結果

●普段使用している生理用品

・家にいるときには布ナプキン(ミシンで縫ったハンドメイドのもの)を使っているが、調査・仕事でフィールドに出る必要がある際は使い捨てのナプキンを使う。

(カトマンズ/20代女性)

 

・ストールを細くたたんだ布を肌に当てて経血を処理している、布ナプキンや使い捨ては使わない。

(ネパール東部/30代女性)

 

・使い捨てナプキンを使う。布ナプキンの作り方について(研修などで)習ったが、使い捨てナプキンのほうが経血の漏れがなく安心できる。

(ネパール西部タライ/20代女性)

 

・使い捨てナプキンを使う。布は使い勝手が悪く使わない。

(ネパール西部タライ/20代女性)

 

●月経教育について

・9年生(中学2年ごろ)にヘルスの授業で月経について教科書2ページ分くらいで学習した。男女一緒のカリキュラム。

(カトマンズ/20代後半女性)

 

・6年生でサイエンス・ヘルスの授業で月経等について学習した。男女一緒の授業カリキュラム。

(ネパール西部タライ/20代前半女性)

※ネパールでは、6年生までは「サイエンス・ヘルス」として理科と保健を一緒に学び、7年生からは「保健体育」と「理科」でそれぞれ分かれるそうです。

 

●「チャウパディ」や月経にまつわるタブーの経験

・初潮を迎えた際とその次の月経では母屋とは別棟の部屋で過ごした

(カトマンズ/20代後半女性/ヒンドゥ)

 

・初潮の際に別棟の部屋で過ごした

(ネパール東部/30代前半女性/ヒンドゥ)

 

・月経中に隔離部屋で過ごすことをはじめ、月経にまつわるタブーはまったくない

(ネパール西部タライ/20代女性/クリスチャン)

 

・月経に関するタブーはまったくない。

(ネパール中部タライ/20代後半/ブッディスト)

 

・月経に関するタブーはないが、出産直後の隔離の慣習(10日前後母屋内の個室に新生児と二人だけで過ごし、その間他者と接触は原則しない)がある。

(ネパール西部タライ/20代女性/クリスチャン)

 

●「チャウパディ」や月経にまつわるタブーについてどう感じているか

・(初潮迎えたばかりの)子どもの頃は自分の月経について恥ずかしく思って、月経のことを他者に伝えることに抵抗を感じていたが、今は慣れた。

(カトマンズ/20代後半女性)

※月経であることを母親などの近親者に伝え、そのうえで月経期間中に禁止されている生活習慣を行うことを防いでいる(月経期間中の行動禁止例:飲み水に触れる・調理する、祈りの部屋・台所に入室する、寺院に参る、目上の人または男性と食事を同じ部屋でとる,等)

 

・月経中であることを理由に様々な家事から逃れられるから特にいやだと感じていない(20代女性)

 

・初潮を迎えたとき離れですごすことに対し、父親は必要性がないとして母に対してたしなめたが母親は(神への畏れもあって)隔離で過ごすことをすすめた。自分が知る限り、月経隔離やタブーへの順守を勧めるのは女性側である。

(20代)

 

・月経中であることを他者に伝えることに小さなころは抵抗を感じていたが、現在は月経であることを自然に近親者に伝えてタブーを回避するようになった。むしろ生理中であることを(母親などに)だまって過ごすことに後ろめたさを感じる。

(20代女性)

 

・月経期間中のタブーは根底に神への畏れがある。特に年長者に対し、その習慣を変えるように強要することは難しい。習慣をまっこうから否定しそれを強制的に排除してもまたいずれ隔離小屋は作られる。それよりもむしろ、衛生的な隔離スペースの整備を進めることが一方では必要ではないか。

(40代男性)

 

 

このような声がありました。

 

この聞き取りで、宗教や住んでいる場所、年齢、性別によって月経に対する考え方や慣習がさまざまであることがわかりました。

そのため、「ネパールの女性のすべてがチャウパディを経験している」というわけではありません。

現地の状況を正しく理解するためには、さまざまな背景を持つ違った立場の方から意見を聞き、なによりも受け手である私が、できる限りフラットな状態でいる(偏見を持たないよう努める)ことが重要と感じました。

 

ホームページにも書きましたが・・・月経期間中の行動制約を受ける当事者や家族のなかには、この慣習を受け入れて生活しているように見られる人もいます。実際、私も以前ネパールでホームステイをしていた際に、月経期間中のタブーについてホストファミリーから教えを受け、それに倣った生活様式を実行していました。

しかし、少女が月経中に隔離された小屋で孤独と恐怖を感じながら過ごし、性的暴行や野生動物からの危害の危機にさらされ、寒い季節には、凍死する可能性や暖を取るために起こした火によって発生した一酸化炭素中毒の事故などが実際に起こっているという事実。私たちはこれを許容することはできないと考えます。

 

これからも、女性や子どもたちが自分自身に誇りをもち、性別や年齢、民族にかかわらずさまざまな方の意見が尊重される社会をつくっていくため、活動を続けていきたいと思います。

 

今回のブログは以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございましたキラキラ