あなたの人生を変える『セミリタイア生活』のススメ

【セミリタイア生活】を通して、自分らしい人生を手に入れる方法を発信していきます


テーマ:

● セミリタイア生活のススメ(安孫子明弘さん)

 

【セミリタイア実現へのノウハウを7日間お届けします】

 


おはようございます。セミリタイアコンサルタントの志保田です。


昨日は東京でラジオ番組『セミリタイア生活のススメ』の収録を行いました。

 

 

今回のゲストは東京で高校教師をしながら世界中を旅されている安孫子明弘さん。

 

 

 

 

私の周りには旅好きな人達が沢山いますが、安孫子さんはこれまで私が出会ってきた人達の中でもずば抜けています。

 

 

なんと!!

 

 

これまでに地球上の全ての大陸と101ヶ国を旅してこられました!!

 

 

そしてビックリしたのは現在28歳!!

 

 

28歳で101ヶ国って、、、

 

 

一体、どうやったら周れるんでしょう。。

 

 

47歳のおっさんは非常に興味があります(笑)

 

 

安孫子さんは現在都内の高校で英語の教師をされているんですが、学校の休みを活かして旅をしているとのこと。

 

 

休みになったら旅をして、帰ってきたら動画を使って生徒達に体験を伝える、、、、

 

 

実際に動画を見せて頂いたところ非常にクオリティが高く、これは旅の素晴らしさが高校生達にも十分伝わるんじゃないかな〜と思いました。

 

 

安孫子さんが旅をする理由。

 

 

それは安孫子さんが高校2年生の時に、あるスタディーツアーに参加してタイに行ったところから。

 

 

そのツアーのテーマが「地雷」だったそうなんですが、現地で地雷の被害にあった人の話を聞いたりして、初めて自分の中で現地で生活している人のことを考えるようになったそうなんですね。

 

 

実際に地雷のことはテレビなどで見て知っていたものの、現地の人の話を聞くと、ホントにそこで生活している人がいて、今でもその現状が続いていて、、、

 

 

そこで、こんなにも自分は小さな世界で生きていたんだな、、、知っていたことってただの知識であって、もっともっと自分が見えていなかったところに、もっと大きな世界が広がっているんだなと思ったそうなんです。

 

 

そこから、もっと知らない世界があるのであれば、まだ高校生のうちは無理でも、大学生になったら絶対にいろんな世界を見てやる!!という想いが今に繋がったとおっしゃってました。

 

 

高校生達の中には「夢」がない子もいるそうなんですが、知識があることでそれが夢に繋がります。

 

 

選択肢が自分の中にあるからこそ、何かやりたいというものが湧き上がってくる。

 

 

その一つのきっかけになってくれれば、という想いで安孫子さんは自分が体験したことを出し惜しみなく伝え続けられています。

 

 

安孫子さんの夢は、自分が出会った教え子達が実際に海外に行って、その体験を目を輝かせながら伝えてくれて、その子達と一緒に写真展なんかがしたい、、との事でした。

 

 

きっと近い将来実現すると思いますし、若い世代の人達には確実に安孫子さんの熱い想いは伝わっていると思います。

 

 

私も昨日はいろんなお話を聴かせて頂いて、大いに刺激を頂きました。

 

 

安孫子さん、ご出演ありがとうございました!

 
 

 

ラジオ収録時のブログ記事では、


セミリタイアを目指している人達にとってセミリタイアとは遠い世界のことではなく、より身近に感じてもらえるように、毎回以下のような形でゲストさんの取り組みなどをご紹介させて頂きます。



【あなたにとって理想のセミリタイアとは】 

 

社会的に経済的な自立をしていて、その上で自分がやりたい事で次の世代に貢献している状態。


具体的に言うと、私にとっては自分の家族を生涯養える経済力を手にして、その上で世界を旅しながら、世界の「今」を次の世代を担う若者に伝えられる教師であること。

 

 

【セミリタイア実現に向けて取り組んでいること】 

 

地球上の全ての大陸と100ヶ国以上を周ったので、これから日本全国で旅の写真展や旅から学んだ事の講演会などをしていきたい。

 

その為に、先ずは地元である神奈川や東京での写真展や講演会の活動。

 

 
【安孫子明弘さんご出演のラジオ放送予定日】

2017年12月10日(日) お昼12時~12時30分

FMハイホー(81.4) 『セミリタイア生活のススメ』

http://www.fm814.co.jp
 

【セミリタイアコンサルタント】志保田進さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります