GHIRARDELLI チョコレート

テーマ:
アメリカ土産で初めて貰ってからはや4年、以来ずっとハマっているチョコレートです。

日本では売ってないので、アメリカに旅行に行く友達にお土産として強請って買ってきてもらいました(笑)

今回はハワイで買ってきてもらいましたーラブ

{9BC7545D-C5E1-4813-B126-384C0DBFFFE1}

ホントはベリーソースのが一番好きだけど、ハワイでは売ってなかったとのことで、こちらを。

チョコレート自体が美味しいからこれも美味しいー

アメリカでも一袋700円くらいするから、日本だと1000円以上で売るだろうし、そうするとちょっと高すぎて売れなくなるから日本では売らないんだろうな…と分かっていても。

それでも。

日本で売ってくださいGHIRARDELLIさんえーん

ちなみに。
ギラデリ
と、読みますニコニコ
AD



052-533-6290
愛知県名古屋市中村区名駅4-5-15 コスモス名駅east  2F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23056470/

ちょっと前に行ったお店だったのですが、ランチ女子会にぴったりのお店でしたウインク
夜はカップルでバーとして使うのも良さそなお店です。

{FCB46FB0-94FB-4ED2-B3EC-083925684712}

これで1000円くらいでした。
とっても美味しいし、店の雰囲気も良いんですが、店員さんが…うーん、ちょっと教育不足?

お皿を落として割った音が数回。
それに対して店内の客へのフォローなし。
(謝ってほしい、とかじゃなく、ほんとびっくりして、それに対してなんのフォローもなしかーと。)
ランチ終了時間までいたら、テーブル会計だったんですが、端のテーブルから会計トレイ重ねて持っていくやり方で。
おいおいアンタ何度もそうやって皿持って落としてたよね?お金落として全テーブルの会計混ざったらどーすんの??
と、不安で見ていられず。

2時間くらい滞在しましたが、その間に3回お皿が割れる…て、相当ですよね?
食器も可愛かったから、割らないように店員さんがレベルアップしてくれることを祈りますあせる

AD

著者:有川浩

出版社:講談社文庫

 

 

野良猫だったナナは、ケガがきっかけで一人暮らしのサトルの飼い猫となった。

しかし5年が経ったある日、サトルはナナを手放さなければならなくなってしまった。

サトルとナナは、ナナの引き取り手を探しに、一人と一匹で銀のワゴンに乗って旅をするーーー


猫好きじゃなくても楽しめる話でした

(いや、猫は嫌いじゃないですが、飼いたいとか思わないというかσ(^_^;))

猫の語りが分かりやすい。

なんでナナを手放さなくならなければいけないんだろー?と疑問に思いつつ読み進めて、衝撃。


その衝撃が冷めやらぬうちに、追い打ちの衝撃。


追い打ちの衝撃いらなくないか!?


ここまで追いつめられるとは。

後半は泣きっぱなしでした。



叔母さんのキャラが好きです。

不器用で、頑張り屋さんで、ウッカリ地雷を踏みまくるところが可愛い。


軽快に読めるし気分変わるし、良い本でした爆笑

 

 

 

 

AD