思い込みは怖いですねぇ~40年近く間違えていた…(゚O゚;アッ! | 人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

サンジュネス勝俣工一(せきや)が日々の何気ない出来事や気づいたこと。生きていく中で気力が尽きて崩れかかりそうになったとき、方向を失い迷っていたとき、さまざまな場面に出会い支えられた言葉、感動させられた言葉を送り続けたいと思います。


テーマ:

みなさん、バラを漢字で書けますか?
新潟の“ガタ”を間違えなく書けますか?

女優の夏目雅子さんが
夫になった伊集院さんと付き合っているとき
伊集院さんが“ゆううつ”の“鬱”の字を
スラスラと書いたことで心を奪われたと語っていたTVを見たことがあります。

憂鬱という字、覚える気力も出て来ないf^^;
だから未だに書けない。
やっと覚えたとしても、すぐに忘れてしまいそう

バラも書けない(^^)v

なんと!我がサンジュネスの優秀なスタッフの岩ちゃん!

 ~ 薔薇 ~

と私を見下すように嬉しそうに、誇らしげに書いたのです!(>_<)/

で、今日は、私の恥ずかしいお話をさせていただきますねf^^;

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 思い込みは怖いですねぇ~

 40年近く間違えていた…(゚O゚;アッ!

今朝、スタッフの岩ちゃんとミーティングしていて
そのとき、岩ちゃんが
バラを漢字で書けるようになったと
わたし、

「すごいなー、バラを漢字でかけるんだ。
 じゃぁ、書いてみなよ。」

岩ちゃんスラスラスラーと書いちゃった(゚O゚;アッ!

尊敬しちゃう(^^)v

そしたら、岩ちゃん

「こ~ちゃん!新潟の“ガタ”って漢字でかける?」

わたし、心の中で

 うぅぅぅぅ。俺を馬鹿にしてるのかぁー
 
とカリカリしながら、

「岩ちゃん!書けるよ。間違えやすいんだよね。」

「僕、ずっと間違えてかいていて
 日誌を書くようになってから、
 間違っていることがわかったんです。」

 

私は、岩ちゃんがおそらく

↓↓間違えてこうやって書いていたと思ったのです。



「そーなんだ、俺は18歳くらいの頃から書けるよ(^^)/
 それまでは、新潟の“ガタ”間違えて書いてたけど
 新潟に友達がいて手紙を書いたり
 年賀状を書いたりしてたから書けるんだよ(^^)/」

岩ちゃんは、

「じゃぁ、こ~ちゃん!書いてみて」

わたし、

「ほーら、こーだよ。」

岩ちゃん

「こ~ちゃん、間違えてるよ。
 ここに棒が入らないんだよ。」

こ~ちゃん

「岩ちゃん、これは俺が正しいよ。
 上のところが離れてるんだよ。」

※下のブログ(2)を参照↓↓
https://ameblo.jp/givegivegive/entry-12379501519.html

「じゃぁ。こ~ちゃん調べてみなよ。」

「おう!!(>_<)/ 」

私は自信満々でスマホで調べたら

 な、な、なんと(゚O゚;アッ!
 新潟の“がた”の字を40年近く
 間違えたまま書いてたのでしたf^^;



新潟のお客さまにお手紙を書いたりして
私の字が間違えていたこと
お許しくださいませ​ m(_ _)m


思い込みは恐いですね。
恐らく正しい“潟”の字を何度も見ていたのだけど
正しいと思っていたから
脳みそがキャッチしなかったのだと思います。


 

k.katsumataさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス