小説・詩ランキング

 


「ポルトガル・シナゴーグの内部」 アムステルダム国立博物館





↓こちらにレビューを書いてみました。


【必読書150】スピノザ『エティカ』(2)―――
―――自由か、自由でないか、あなたは知っているか?



戦争と舞踏会が大好きなルイ14世

17世紀は絶対王政の時代だった。
王侯が支配するヨーロッパに

ただひとつ自由主義の共和国があった

海に開けた商人の国オランダへ、自由を求めて

フランスから哲学者デカルトが移住してきた

たちまちオランダの学者もブルジョワジーも

デカルトの新しい哲学、数学、自然科学に熱狂した。

おもしろくないのはプロテスタントの神学者たち

オランダはカルヴァンの新教国家でもあった

神学者聖職者は保守的な政治家と結びつき

デカルト主義者を槍玉にあげて攻撃した

彼らを自由にさせておいたら信仰が破壊され

危険な無神論思想がはびこる、しかも

デカルト主義者を陰であやつっているのは

あの破門ユダヤ人スピノザだとの噂を広めた。

 

スピノザは急遽、『聖書』の研究に向かい

『神学・政治論』を公にした。

幼少からヘブライ語に親しんでいたスピノザ

右に出るキリスト教徒はいなかったのだ。そして

《自由》こそが国家の存立目的であると断じたうえ、

自由な国家といえども弾圧せざるをえないのは

国家に“反逆”する聖職者だけであることを論証した。


続いて公刊した『エティカ』では、

《自由》とは本性の「必然性」であり、

自由意志は神にも人間にも存在しない

幾何学の緻密さで論じた。

《自由》イコール「必然」?!

 

驚愕する読者にスピノザは言う:
知識は単なる情報ではない

主体の心身に変化をもたらさずに

獲得される真理はないのだ、と。