★ 大地峠

テーマ:

 

小説・詩ランキング

 



 


      ★ 大地(おおち)

 山の端(は)に残る日が径(みち)の隈に照りつけて
 残雪はいっそう硬くなる
 草と梢が冷えこんでゆくしずかな擦
(かす)

 霜をまぶされた去年の立ち枯れが
 水晶の粉
(こ)を吹いて光る
 蜘蛛はどこに隠れているのか
 径は何処へ向っているのか

 烈日は世界のすみずみを凍えさせ
 形のない恐れが森をつつむ
 姿なき者の遠い叫び

  ……二百年となにがしかのむかし、雪のなかで
     ひとりの若者が倒れたと云う
     悼みに沈んだ少年は手を合わせたまま石になり
     石の前で豕
(いのこ)がまろび
     狼
(おいの)は頂(いただき)で天を睨んだ……

 やさしく象
(かたど)った磨崖の観音
 消えかけた衣のわきに寛政六年と彫られていた



※ 中央本線四方津駅の南方にある峠。山道のわきに2体の石仏が立つ。


 

 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau