★ 幻日環

テーマ:

 

小説・詩ランキング

 



 


      幻日環


 北国のそらはぼくたちに示した
 夏の終りのしるしを:
 いつもあったのにあんなに大きいとは知らず
 ぼくははじめて鏡に眼を向けた

 小さな水滴が氷るからあんなに見えるんだ、
 きみがそばにいたらそう説明するだろう
 ほんとかどうか知っちゃいない
 ただぼくと同じ夢を見てほしいから

 いまだってこのながい橋の上から
 あんな大きな輪に眼を向けるものはいない
 ぼくたちだって明日は見ていないだろう

 東雲いろの夏の終り
 橋の上の幻日環
 夏があったことさえ忘れてしまった

 すきとおった灰色の輪
 ぼくたちを映す鏡
 誰にも見られることなくいつもそこにある




 

 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau