小説・詩ランキング

 




 



      絶対的な いま のソネット


 いつも時は未来に向って流れているのに
 ひとは時間の向きを錯覚する。
 疾走することも滞溜することもあり
 向きを変え向きを変え
 蛇行と旋廻をくりかえしているのに
 ひとは天体のような直進運行を幻想する。

 いつもこの手とこの眼を逃れ去ってゆく
 時を捕まえようと思うなら
 こころを澄まさなければならない
 こころに浮かんでは消えてゆくもの
 それはみな残滓だ、時がふりすてた残りかすだ:

 見えないもの
 かぎりなく澄んだもの
 いつもその正体を推しはかれないもの
 なにかわからないがとてもぶきみで怖ろしいもの
 ふしぎなもの
 その流動する一点に向って
 ぼくはいつも引きつけられている。




 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau