小説・詩ランキング

 




 



      眠りにつくとき

 一日はわたしをすっかり疲れさせた
 夢みる願いが星でいっぱいの
 夜を、まるで疲れたこどものように
 えがおで迎えようとしている

 手よ、なにごともやめよ
 額
(ひたい)よ、なべての思考を忘れよ
 わたしの官能はいまこぞって
 睡
(まどろ)みに沈もうと欲する

 そして目覚めることなき魂は
 かろやかにつばさを広げただよってゆく
 魔力にみちた夜の圏域のその奥底で
 昼間の千倍も生きようとして





 前々回に予告してありました、リヒャルト・シュトラウスの『4つの最後の歌曲』から聴いてみたいと思います。4曲のうち3曲が、ヘッセの詩に曲を付けたもので、「眠りにつくとき(Beim Schlafengehen)」は、第3曲になります。

 ヴォーカルはアメリカのプリマ・ドンナ・マグナとも言うべきジェシー・ノーマン、演奏は伝統ひとすじのドイツ・オーケストラ:ライプチヒ・ゲヴァントハウス、指揮はマズーアと、豪華この上ないキャスティングでお送りします。この音源をかけながらベットに入れば、さぞかし心地よい眠りが。。。 サワリは 3:40 から。



 

ヘルマン・ヘッセ「眠ろうとして」(リヒャルト・シュトラウス)
(ジェシー・ノーマン/ソプラノ,クルト・マズーア指揮,

ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団)

 



 「魔力にみちた夜の圏域のその奥底で/昼間の千倍も生きようとして」――と歌い、起きているあいだは人間のぬけがら、夢のなかにこそ私の人生がある‥‥と言いたげなヘッセに対して、底知れぬ暗さをたたえたリヒャルト・シュトラウスの曲は、ぴったりと言うべきでしょうか。

 人を超えた“巨人”を讃える二―チェの大作を交響詩にしたり、いつもどこかナチスっぽいこの作曲家、ギトンは、エルヴィスのオープニング以外は好きではないんですが、‥‥それでも何でも、名作曲家にはやはり名作曲家の風格があります。

 ともかく、演奏には何も文句はありません。いぶし銀のように輝くマズーアのゲヴァントハウスの前では、カラヤンのBPOなど、金綺羅のチンドンヤに見えてしまう‥(おっと、悪い比較でしたね。チンドンヤさん、ごめんなさいw)そして、ノーマンのソプラノ。声量と言い迫力と言い、現在のクラシック界に、彼女の右に出る者はいないでしょう。


 




 


 さて、↓つぎはジャズ・ソング風のヘッセですが、ノーマンの絶唱の後を受けるには、これも悪くない。原詩のめざすところを真っすぐに受けとめてたじろがないソング・ライターに、拍手を送りたいと思います。

 翻訳は、「詩文集」ですでに出した拙訳の再掲です。





     美しの女神(シェーンハイト)に(An die Schönheit)

 あなたの軽やかな御手をぼくらに!
 なじんだ母の手から引き離されて
 ぼくらは暗闇の隈をめぐり
 見知らぬ国をさまよう子どもたち。

 ぬばたまの闇からあなたの歌う
 妙なる調べ:故郷
(ふるさと)の曲(うた)が聞こえてくれば
 それは不安なぼくらの行く手を照らし
 そっと慰めてくれるのだった。

 行き先もなく路もなく
 果てしなき夜をさまようぼくら;
 慈悲深き女神よ導きたまえ
 巨いなるあすの夜明けの迫るまで


 

 

ヘルマン・ヘッセ「美しの女神に」(ナディーネ・マリア・シュミット)

 

 


 前の「眠りにつくとき」とちがって、夜通し寝ないで歩くという詩の内容ですが、ナディーネの曲づけは、詩の最後の「巨いなるあすの夜明けの迫るまで」を中心にした、明朗な解釈に立っているようです。エンディングで、最後の2行を何度もリフレインしてます。

 そのせいか、“魔力”や“魔の世界”を強調するヘッセにしては、カラッとした明るい仕上がりになっています。こういうヘッセも悪くないでしょう。

 ギトンなどは、ちょっと物足りない気がするのですが――ほっとしてもいるんですがw――、ドイツ語圏以外の外国では(日本もふくめて)、この顔のヘッセのほうが、受け入れやすいのかもしれません。



 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau