夕 刻

テーマ:


 夏至が近い:
 もう夜の時刻だというのに
 いっこうに沈もうとはしないそらの蒼
(あお)
 陽は地の近くまで来てなごり惜しそうに瞬く

 西の涯て、碧い珊瑚をゆらめかす
 熱の海よりも深いそら
 おおぞらに棲む生きものが残した
 羽毛のような白い影

 輪をえがくようにひろがる雲の
 かぼそいひとすじひとすじが
 おまえとの想い出の襞
(ひだ)

 この街よりもこの邦(くに)よりも巨きな
 こんな和
(やわら)かなはねを残して
 おまえはいまどこにいるのか?