いくとせ

テーマ:


 南の島から雨脚がやってくる
 軒を濡らし、ごうごうとこの家の壁を
 ふるわせる:あの碧い天末に
 夢のように並んでいた雲の峰々は

 とほうもなく巨きなしづくとなって
 この街をたしかに濡らす
 あなたの雫、あなたの涙滴、大とかげらの獣脚は
 そらを厚く厚くおおってしまった

 夜がどんなに明るいかを人は知らないように
 海の底のかがやきを
 人は知ろうとしない

 昼がどんなに暗くともわずらわされることなく  
 人ははたらき、愛し合い、傷つけ合い
 そらを顫わす巨いなる軸の軋り

 われらの舳
(へさき)はどこへ向かっているのか?
 誰かはじっと見つめているのだろうか?