小説・詩ランキング

 






     リラの花こぼれる庭辺(ヴィラリラ)

 白い胸像を載せた白い柱列
 どの小径
(こみち)にもリラの香り
 とびかうツバメはさわがしいほど繁く、
 はば広い階段で時が眠っている;
 アカシヤの花は雪のように降り
 見ればテラスの上で枝をひろげている。

 壁のくぼみに身を寄せて
 わたしは杏子の実の落ちる音を聞く
 砂地におちた柱列の巨きな影が
 ゆっくりと入れ替ってゆくのを見る
 時はどこへ行ってしまったのだろう
 わたしの心のなかで夢をみているのだろうか

 とおくの村からダンスの喧騒が
 愛に疲れたようにひびいてくる
 陽の光がひらひらと舞い
 あの日のような燻
(くす)んだ光彩をはなつ
 ぼくらがはじめての夜をむかえた日
 夾竹桃の花咲くころに。

 いまおまえの姿はわたしのまえに
 はじめての愛の絢爛豪華とともにたちあがる
 おまえが庭の戸口から入ってゆくのが見える
 あの日とおなじおどおどした含羞
(はにかみ)
 子どものような赤いほおをして:
 ぼくらがはじめての夜をむかえた日。

 噴水の疲れたような喝采の水音が
 しじまのなかでにわかに大きく聞こえた
 あの日のように!―そう、わたしの心は
 あの夜々の夢を紡ごうとして
 なおも愛の言葉を捜しもとめ
 疲れたように涙を追い求めているのだ。






 題名の「ヴィルラリルラ」は辞書には出ていませんでした。「ヴィルラネルラ」(イタリア民謡の一種)と「リルラ」(リラの木,ライラック)からの造語でしょうか?

 原詩で読んでいた時には、さいごのほうにある「愛の言葉」の意味がどうしても解らなかったのですが、翻訳してみると、これはヘッセ流の“詩の言葉”を紡ぎつづけることだとわかります。第3連にある「夾竹桃
(オレアンダー)の花」も、ギリシャ、イタリア‥地中海地方の風物です。

 ところで、「ぼくらがはじめての夜をむかえた日」あるいは「はじめての愛の絢爛豪華」といった表現が眼を惹きます。たぶんそのへんがこの詩のテーマだと思います。「初恋」という通常の訳語はあえて避けました。少年少女の男女間の淡い「初恋」のふんいきとは少し違うように思ったからです。

 オトコどうしの場合、会ってまもなく身体を重ねてしまうことが多いようです(ビアンの人たちは、違うのでしょうか?‥)。本来の意味での精神的な“愛”は、その後で始まります。交際に行きつく場合も、行きつかないで終る場合も‥。

 それでも、この詩でなつかしく回想されている「はじめての愛」は、さまざまな樹木のほのかな匂いに彩られて、澄みわたったように白い庭園の風景に展開しています。時間が止ってしまったかのような永遠の世界。ぴったりと気持ちの寄り添う相手に出会ったとき、紡ぎ出される未知の時間の流れは、そうやって日常のあれこれの生活をおしのけて割り込んできます。



 






 もちろんここで描かれているようなそのままが自分の“初恋”に似ているとは、誰も思わないでしょう。ギトンの場合も、これとは真逆だったと告白しなくてはなりません‥‥そもそも、こんなキレイな場所ではありませんでしたw だいたい最初というのは誰しもうまくいかないもので、2人目か3人目あたりの印象が強いはずですが、その印象が、その後の“オトコ遍歴”の方向を決定してしまうのかもしれません。ギトンの場合も2人目の印象が強いのですが、その相手は決してイケメンではありませんでした。でも、誇らず飾らず、ギトンにとっては等身大の相手でした。むしろ、それが良かったと思っています。

 しかし、この詩の描き出す光景は、やはり誰の“初恋”にも共通する・あるふんいきをもっていると思います。ぼんやりとくすんだような白い印象がそうなのです。





     いっしょにおいで!

 いっしょにおいで!
 しかしきみは急がなくちゃならない――
 ぼくは一歩踏みだすごとに
 7マイルゆくんだから。
 森と丘の蔭には
 ぼくの赤い駿馬
(しゅんめ)が隠れている。
 いっしょにおいで!ぼくは手綱をにぎる――
 ぼくの赤い城においで。
 そこには青い樹々が生え
 黄金
(きん)の林檎を実らせている
 誰も夢にも見たことがないような。
 そこに微睡
(まどろ)むたぐい稀れなる歓びは
 かつて誰も味わった者がない。
 月桂樹の木陰で交わす紫紺の口づけ――
 森と丘を越え、いっしょにおいで!
 どうどう!ぼくは手綱を引きしぼる
 震えながら、ぼくの赤い駿馬がきみをさらってゆく。


 

 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau