小説・詩ランキング

 



 





     しらかば(Die Birke)

 詩人のこころのからくさ紋様とて
 これほどこまやかに枝分かれしてはいないかもしれない
 これほどかろやかに風に撓
(しな)りはしないかもしれない
 これほどけだかく天に立ちあがってはいないかもしれない

 やさしく、かぼそく、みずみずしく
 おまえの垂らす白い長い枝は
 高鳴る鼓動を抑えつつ
 ひといきごとに顫えている

 しずかにゆらゆら揺れている
 おまえの微
(ほの)かなおののきは
 やさしく純な少年の
 恋の似姿に思われるのだ

  ――――――――



     黒い瞳

 わたしの郷愁とわたしの愛は
 きょう、この真夏の暑い夜に
 異国の花のように芳
(かぐわ)しく甘く
 熱した生命
(いのち)となってひらいた。

 わたしの郷愁とわたしの愛
 わたしの幸福と不運のすべては
 おまえの暗い御伽話の眼に
 無言のうたのように書きこまれている

 わたしの郷愁とわたしの愛は
 世のあらゆる喧騒を逃れ来て
 おまえの暗い瞳のうちに
 秘密の玉座を据えたのだ






 しなやかな肢体と黒い瞳―――洋の東西を問わず、また男女の区別なく、恋の場面で人を惹きつける形には定番があるようですねw ヨーロッパで東洋の女性がもてるのは、黒っぽい瞳のせいだと聞いたことがあります。
 

 



ダケカンバと鹿(白岩山,奥秩父)    

 





 「しらかば」と訳しましたが、原語はビルケ(オウシュウシラカンバ)。ヘンゲ・ビルケ(しだれ白樺)とも言い、日本のシラカバのほか、ダケカンバと近縁だそうです。

 真白で剥がれやすい樹皮は、日本のシラカバと同じ。しかし、枝が細くてこまかいのが特徴で、遠くから見ると、大ぶりの枝垂れ柳のように見えます。樹高は高くて、30mほどになります。葉っぱは、白樺やダケカンバよりも切れこみが深くて、ふわっとした感じの葉むらを風になびかせています。

 山地に生える日本のシラカバと違って、平地に多く、並木としても植えられています。⇒:オウシュウシラカンバ(Wikipedia-deutsch:写真参照)

 じつは、ギトンの町の公園に数本植えられているのですが、ここに引っ越してきて最初に見た時は、白樺だとは思いませんでした。公園にあるほかの木―――椎の木や桜―――よりも抜きん出て背が高くて、ふわあっと空にまい上がるような枝ぶりに驚嘆したものです。すらっとした明るい長い髪の男性を見るような、すがすがしい印象がありました。



 ちなみに、ビルケのような痩せ型のオトコは、見ていても話していても気分がいいし、ノンケなら最高の友達にできます。崇拝してもいいくらいですw でも…、ゲイとしてつきあう対象ではないんですね。からだを触れて愛しあいたいと思うのは、もっとべつのタイプです。

 なので、‥たぶんヘッセが「少年の恋の似姿」と言っているのも、そういう友愛的なさわやかな印象のことではないでしょうか...






     ぼくはおまえを愛しているから

 ぼくはおまえを愛しているから、夜のあいだに
 野獣のように、ささやくように、おまえのもとにやって来た、
 そして、おまえがわたしを忘れることのないように
 おまえの魂を奪い取って行ったのだ。

 いまやおまえの魂は、ぼくのそば
 良きにつけ悪しきにつけ、ぼくのものなのだ;
 ぼくの野獣のような燃え立つ愛の束縛から
 どんな天使もおまえを解き放つことはできないのだ。

 

 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau