小説・詩ランキング

 





 

ヘッセのコンサート会場へようこそ!!

まずは詩を! そして、ユンディ・リーのピアノを聴いていただきましょう‥





 

     ノクターン

 ショパン・ノクターン、変ホ長調。高窓の
 あかりが床にまるい輪をおとしていた。
 おまえのきまじめな表情にも
 煌々
(こうこう)と後光がさしていた。

 ひそやかな銀いろの月のひかりが
 この夜ほど、ぼくの心にふれたことはない
 胸の奥深くで、名づけようもなく甘い
 うたのなかのうたを聞くここちがした。

 おまえもぼくも無言だった。おし黙った過去が
 光のなかに消えた。みずうみに浮かぶ白鳥のつがいと
 ぼくらの上の星辰の運行のほかには
 生きてうごくものとて無かった。

 いま、おまえは床におちた光の輪に踏み入った
 まっすぐに伸ばしたうでのまわりには
 またその細いうなじには、月のひかりが
 銀のふちどりをえがいていた。



 


ショパン・ノクターン 変ホ長調 作品9-2(ルービンシュタイン)
 




 ヘッセは、ヴァイオリンを弾く趣味があったようです。ヴァイオリンが詩によく出てきます。名器ストラディヴァリウスの詩もあります。ピアノも弾いたんでしょうか?‥ショパンのピアノ曲を扱った詩がいくつかあります。↑これもそのひとつ。

 「おまえ」が光の輪に歩み入る――というのは、何を意味するのかはっきりとわかりませんが、カバラのような呪術的な空間に入って行くように思われます。『のだめカンタービレ』の映画に、そういう場面がありました。輪の中に入ると魔法の力を身に帯びて、突然大ピアニストになってしまうのです……一時的にですがw

 ヘッセの描く同性愛には、しばしば呪術的な影がさしています。麻薬を用いていることをほのめかす描写も見られます。『デミアン』のオルガン奏者の場面にありました。

 ↑上の詩では、「おまえ」が腕をひろげて近づいて来るところまで書いて、あとは読者の想像にゆだねているわけです。「うなじ」が光るのが見えているから、抱擁したところまで‥と言うべきでしょうか。



 




   しかし、それにしてもこの曲は有名すぎますね。ショパンのノクターンなら、作品9-1 とか、遺作の cis とか、もっとありきたりでない、シブイのがあると思うんですけどねw



 ↑ルービンシュタインでお聞かせしたのは、伴奏として聞けるきれいな演奏を選んだから。円熟してまろやか、あたりさわりがないんですね。 “聞いてる人に、音楽が鳴ってるのを忘れさせるようなのが、いい演奏なんだ” と、オーケストラ奏者になった友人が言ってました。ルービンシュタインのショパンなんかは、そういう演奏の第一級かもしれません。

 ↓ユンディ・リ―の演奏もすばらしいんですが、こちらはピアニストの存在感がありすぎて…自己主張が強くて、ヘッセの・これまた自己主張の強い詩とは、ぶつかってしまって、……詩の伴奏にはなりそうもないのです。でも、音楽として、これだけを聞けば、眼はな立ちのはっきりした、すばらしい演奏です。

 現代的な演奏を聴きたい方、また、イケメンのほうがいいという方は――演奏家に顔は関係ないでせうw――、ぜひ視聴してください↓


 

 


ショパン・ノクターン 変ホ長調 作品9-2(ユンディ・リ)
 

 






     雨の夜

 屋根のうえから窓の庇
(ひさし)から、世界じゅうから
 低い単調な雨だれの音がひびいてくる;
 それは、のはらのけしきの遠くにまで
 くりひろげられたヴェールのように柔らかく
 風にゆられて吹き上がり、また下がる
 生命なき声、でもそれは生きている。
 雨雲がわたってゆく耕地、
 また大地に垂れこもうとするおおぞら、
 それらは波うち、奔り、なげき、ふるえ、
 この低い単調なうたをうたう。
 あたかもヴァイオリンの底深い響きが
 ひそかな憧れの暗い衝迫を
 音色に帯びて鳴りつづけ
 ここかしこに人の心をゆさぶるごとく、
 いつもひとつの郷愁の国をめざしながら
 ひとつの言葉も見いだすことのなかった心を。
 人の言葉にも、ヴァイオリンの音にも聴きとれなかったものが
 いま声となり、しずかな力となってあふれだす
 低く単調な揺籃の拍子
(タクト)
 風にゆられる雨の夜;
 それは、声なき呻吟の苦しみを
 暗いうたに溶かし持ち去ってゆく。



 

 


ショパン・前奏曲“雨だれ”変ニ長調 作品28-15(ヤン・リシエツキ)

 

 

 よかったらギトンのブログへ⇒:
ギトンのあ~いえばこーゆー記

 こちらは自撮り写真帖⇒:
ギトンの Galerie de Tableau