ガールスカウト東京都第172団 ~練馬~




ガールスカウト活動の中で、さまざまな経験をすることで、




将来に役立つ生きる知恵が身に付きます。




野外活動やボランティア活動等の中で友達を増やしたり、




自然を知ったり、社会のルールを覚えたり、思いやりと生きる力を育て




学校や家庭では体験出来にくい多くのことを学びます。





 お問い合わせ
gs.tokyo172@girl.nifty.jp
  まで














1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2022年11月 活動報告 イベント出店

172団は、秋晴れに恵まれた日に、地域イベントに出展しました。

今回は、ジュニア(小学4年生~6年生)スカウトが、立ちかまどの製作実演と防災ポーチの販売を実施しました。

コロナ禍があり、久しぶりの大きなイベントです。

※感染症予防と安全に留意して実施しました。

たちかまどとは、竹を麻ひもで組んで、テーブル上の火起こしする土台を作ります。

直火で火起こししないので、地面にダメージを与えないこと、竹と麻ひもという自然素材のみで製作できること、終わったらまた竹と麻ひもに戻せるので何度も使用可能なことが特徴の、環境にやさしいかまどです。

これまで、製作した、テーブルの技術を応用して作ります。

スカウトは、時々リーダーに教わりながら、黙々と作っていました。

 

こちらは、防災ポーチの販売です。

防災ポーチは、外出時の災害を想定して日頃から防災用品をポーチに入れて持ち歩く「わたしのための」ポーチです。

172団では、スカウトが説明しながら販売する「教材」なんです。

1個につき10円をヘルプマークを持つ方の働く場「松の実事業所」さんに寄付します。

100円ショップのポーチに、防災カードや、ホイッスル、絆創膏や黒ごみ袋、大きな袋などを詰めて販売します。

こちらもコロナ禍で、販売が初めてのスカウトもいます。

はじめは、お客様にどのように声掛けしたら良いか戸惑う姿が見られました。

先輩スカウトのお手本を思い出すうちに、防災ポーチがなぜ必要なのか、お客様一人一人に説明できるようになりました。

「こんにちはー、ガールスカウトでーす!防災ポーチを販売していまーす!」

それぞれの目的も自分の言葉で説明できるようになりました。

防災ポーチの目的は?

「これは、家族とはぐれてしまったときに会えるように、情報を書いておくことができます。」

ホイッスルは?

「助けて!って言えないときに、吹いて助けを求めることができます。避難所に行っても、使えるようになっています。」

黒ごみ袋は?

「トイレのごみを入れることができます。」

大きな袋は?

「荷物をまとめて入れたり、雨の時はかぶることもできます。」

 

防災ポーチはカスタマイズすることが大切です。

「わたしは、飴を入れています。」「わたしは懐中電灯を入れています。」

口々に説明します。

また、年下のお客様には、優しく声をかけるなど、工夫することができました。

お金のやり取りも実践しました。

お金を受け取って、「〇〇円お預かりします。」「〇〇円お釣りをお返しします。」

以前は、200円で販売していましたが、仕入れ価格が上がったために、今回は、250円で販売しています。1個買うのに550円のお預かり、1050円のお預かり、もありました。お釣りの計算も難易度が上がります。

ポーチの販売は、スカウトの金銭教育も兼ねています。

 

帰宅したスカウトの感想を保護者から聞きました。

「お客さんの前でポーチを売るのは緊張しました。売れてよかったです。」

「(接客は)うまく話せなかった。」

いえいえ、上手でしたよ!

今回は、14個買っていただきました。また、折を見て寄付に行きます。

 

地域の皆様、関係者の皆様

このような機会をありがとうございます。

2020年11月 集会報告 オリエンテーリング

172団は、オリエンテーリングを実施しました。

シルバコンパスの使い方を学び、ポイントをめぐります。

※感染症拡大と安全に留意して実施しました。

 

ジュニア(小学4年生~6年生)のとシニア(中学生)スカウトが参加しました。

スカウトは神社に集合しました。

シニアスカウトは、リーダーと一緒に、神社からオリエンテーリング開始です。

都立公園に向けて、シルバコンパスで歩きます。

ジュニアは、都立公園までみんなで歩いて公園でオリエンテーリングを開始します。

スタート前に地図とコンパスの見方を習います。

皆コンパスを実際に使うのは初めてで、最初は「どっち向いて立つの?」とコンパスをぐるぐる回したりしていましたが、あっと言う間に使いこなせるようになり、公園内にある複数のポイントを見つけに、いざ出発。


 

公園内は広く、どんなルートで進むか相談しながら、順調に進みます。

途中には遺跡や防災井戸もあり、見学したり実際に触れたりしながらも、時間内に無事にゴールの芝生広場につきました。


 

ジュニアにとっては、はじめて自分達で進む計画を立てたオリエンテーリングでしたが、天気もよく、また怪我や迷子もなく、皆楽しそうに参加していて、良かったと思います。

 

スカウトの感想です。

「シルバコンパスは、難しかったけど、使い方がわかった。」

 

無事にゴールの芝生広場につきました。

172団のスカウト弁当は行動食なので、おにぎりです。

ガールスカウト日本連盟が呼び掛けている「おにぎりアクション」にも参加しました。

おにぎりを手に、参加した皆で写真をぱしゃり。

歩いているうちにぺしゃんこになったおにぎりを握り直したり、おにぎりの具を予想したり、楽しそうです。

よく歩いたので、歌を歌った後はすぐに食べ始めました。

おにぎりアクションとは?

おにぎりアクションは、日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、 「おにぎり」の写真をSNS(Instagram, Twitter, Facebook)、または特設サイトに投稿すると、 1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、 認定NPO法人TABLE FOR TWO Internationalを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みです。

引用:「おにぎりアクション」https://onigiri-action.com/about/

 

172団は、自分のためにも、みんなのためにも活動しています。

 

地域の皆様、関係者の皆様

このような機会をありがとうございます。

2022年10月 集会報告 ポリスミュージアムとパレード見学

秋晴れの日曜日、172団のジュニア(小学4年生~6年生)スカウトは、ポリスミュージアムに見学に行きました。

※集会は、感染症の予防に注意して実施しました。

※172団では、スカウトの個人名をガールスカウトのキャラクターの名前にちなんで、「みらいちゃん」と表記しています。

 

ポリスミュージアムは、日本警察の始まりから現代までの歴史的な資料を展示し、現在の警視庁の活動について紹介する、来て、見て、学び、体験できる博物館です。

 

スカウトも興味津々で見学しています。

ジオラマフロアで街を見ているところ

 

捜査体験のコーナーでは、タイヤ痕の調べ方の説明も。

 

スカウトの感想です

「おまわりさんの捜査体験を協力して解決できたのがうれしかったです」

 

「博物館にゲームなどがあって遊べたのが楽しかった。」

 

スカウトからは、もっとゆっくりみたーい、という声も上がりました。

 

その後は、交通安全のパレードを見学しました。

パレードでは、吹奏楽部の一員として、シニア(中学生)スカウトみらいちゃんも演奏しながら行進しました。

パレードの前にみらいちゃんは、指導者に、連日、演奏やフォーメーションをたくさん練習していると話してくれていました。

後輩スカウトたちは、迫力あるパレードの中に、優しくて面倒見の良い先輩のみらいちゃんを見つけられたかな。

みらいちゃんの感想です。

 

「コロナ禍で貴重な機会でしたが、楽しめました。みなさんの声、しっかり聞こえました。ありがとうございます!」

 

スカウトが、パレードに先輩を見つけて応援している姿が目に浮かびますね。

 

 

地域の皆様、関係者の皆様

このような機会をありがとうございます。

 

(出典:来て見て学ぶポリスミュージアムhttps://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/about_mpd/welcome/welcome/museum_tour.html 警視庁)

2022年10月 集会報告 そなえよつねに! そなエリア東京体験

172団は、これまでも防災体験に力を発揮してきました。

今回は、ジュニアスカウト(小学4年生~6年生)が、お台場にある「そなエリア東京」に行きました。

そなエリア東京は、地震災害後の支援が少ない時間を生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習ツアー「東京直下72hTOUR」を中心とした防災体験学習施設です。

スカウトは、「地震発生後 72時間の生存力をつける、体験学習ツアー」を体験しました。

 

国や自治体などの支援体制が十分に整うまでは、自力で生き残らなければなりません。

その目安は3日間、72時間と言われています。

「東京直下72hTOUR」は、マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震の発生から避難までを体験し、タブレット端末を使ったクイズに答えながら生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習ツアーです。

スカウトが、一生懸命参加している様子が伺われます。

スカウトの感想です

「エレベーター内で地震が発生し、エレベーターから非難すると家事の場面があり、リアルな体験ができた。

こわかった。」

 

「災害に備えて、知っておかなければならないことをクイズ形式で学べたり、過去の大きな地震でどのようなことがおこったのかを知ることで、もしものための備えがないと大切な命を守ることもできなくなることを学びました」

 

最後は、芝生の広場で和みました。

それぞれ、学校が異なるスカウトたち。何気ない会話がほっとするひと時です

 

 

この体験は、きっと年度末にバッジブックでレポートなどでまとめて、バッジの取得につなげることでしょう。

こちらは、現在レンジャー(高校生)スカウトがジュニアの時に書いたバッジブックです。

 

 

(引用:そなエリア東京HPhttps://www.tokyorinkai-koen.jp/sonaarea/)

 

地域の皆様、関係者の皆様

このような機会をありがとうございます。

2022年10月 活動報告 キャンプ3日目 最終章

キャンプも3日目、最終日の朝を迎えました。前日からの雨がまだすっきり上がりきらない、ぐずついた空模様です。

健康観察を行い、今日もみんな元気です。

 

朝食のメニューはホットサンド。

野外訓練で試作したメニューなので、みんな慣れた様子でパンに具をはさんでいきました。

これまで苦戦続きの火起こしでしたが、ホットサンドは牛乳パックの中に具材を挟んだパンを入れて焼くというもので、牛乳パックが着火剤の役割にもなってよく燃えました。

焼き上がりはどうでしょうか?

多少焦げ目はありますが、これもキャンプの醍醐味!みんなで美味しくいただきました。

 

朝食の片付けのあとは朝礼を行い、昨日の振り返りと、スカウトそれぞれが今日の目標を掲げました。

そして撤収作業に移ります。設営に苦労したテントも今日は片づけなければいけません。

シニア(中学生)は自分の役割を率先して見つけ、ジュニア(4年生~6年生)はリーダーから助言をもらいつつ仲間を手伝いました。

雨に濡れたテントやビニールシートを雑巾でふき取りながらの作業は大変でしたが、みんなで力を合わせて終わらせることが出来ました。

保護者の協力により、大きな荷物はワンボックス車で運んでもらいます。

運転してくれた方にみんなでお礼の挨拶をして見送りました。

 

このあとは、道の駅へ向かいます。

大きなリュックを背負い、まずは最寄りの駅まで上り坂の続く道を歩いて行きます。

3日間お世話になったキャンプ場に別れを告げました。

 

道の駅へ到着するともうお昼。楽しみにしていた昼食の時間です。

売店で冷やしかき揚げうどんを注文し、屋外のテーブルで食事。会話は控え美味しくいただくと、ここまでの歩きの疲れも吹き飛びました。

食べ終えたら、近くを流れている川で水遊び!4年生はちょっと心配なのか、シニアと手をつないで歩くスカウトも。

しゃがんだ時にズボンのお尻を濡らしてしまったスカウトもいたりと、ちょっとしたハプニングもありました。

いよいよ終わりの時がきました。駅前の広いスペースに少し場所をお借りして閉会式を行いました。

ここまでいつもスカウトたちの成長を見守り、熱心に指導してくれたリーダーから3日間の評価をいただきました。

スカウト一人ひとりがその活躍の名目で表彰され、手作りの記念品が贈られると、誇らしい気持ちになりました。

団旗が降ろされ、無事に閉会式も終わりました。みんなで電車に乗り込みます。

少したくましくなったスカウトたちの背中です。

 

3年ぶりのキャンプ実現に至るまでは、困難な道のりがあり、たくさんの話し合いを重ねてきました。

久しぶりのキャンプとなったスカウトも、初めてのキャンプだったスカウトも、この3日間、得難い経験をたくさんさせていただきました。

キャンプの後3日間は健康観察をし、体調不良となる者もなく無事に終えることができました。

 

地域の皆様、関係者の皆様、

このような機会をありがとうございました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>