【狐の競馬】七夕賞(G3)&プロキオンS(G3) |  おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

 おおむね日刊 ★ 狐のブログⅡ

  今週は「阪急杯(G3)」「中山記念(G2)」です。

サマー2000シリーズ開幕戦は福島名物ハンデ戦…七夕賞(GⅢ)
 こんばんは、管理人の狐です( ´_ゝ`)ノ
 明日は、サマー2000シリーズ第一戦の福島名物ハンデ戦「七夕賞(G3)」です。管理人が競馬を勉強し始めた頃は、雨の福島は田んぼ馬場…が相場でしたが、数回にわたる大規模馬場改修でターフが一変、差しも決まる水はけのよい馬場に。中京は、中京に戻って来たダート重賞「プロキオンS(G3)」です。
【傾向】57キロ級(今年に換算すると58キロ級)の重ハンデ馬の活躍が目立つハンデ戦。降級制度廃止で4歳馬よりも5歳馬を重視、6歳上のベテラン力量馬も無視できない。前走傾向は、鳴尾記念・新潟大賞典・エプソムCなど裏路線G3組が主力だが、前走凡走でも巻き返す例が多く要注意。重賞未勝利でも地力がある古豪や、福島巧者・平坦巧者の巻き返しが怖く、右小回りコース稚拙・二千実績に注意。

【予想】自信度 ★★☆☆☆展開次第
OP級以上のレースで逃げて連対したことのある馬が5頭、逃げて良績のあるテーオーソネラルを加えて展開が読みにくいが、恐らく平均以上…捲れる脚を持つベテラン重ハンデ馬や福島・中山・小倉好走馬に注意した。
◎ヒンドゥタイムズ、ためて伸びるタイプゆえ、後方から追い込んで着止まりのパターンが多いが、本来は底力が無いが器用な馬でローカル平坦巧者。今春の小倉大賞典を57.5キロで1着ならハンデも想定内、福島は一昨年の当レースで絶望的な位置から追い込んだ4着。展開次第だが捲れる脚も使えるし馬場も予想外の良馬場、人気の盲点で一発期待。
○バトルボーン、ダノンベルーガの2着以降4連勝で一気にOP入りした素質馬。逃げても前付けしても二千なら圧倒的なスピードを誇り、56キロ組なら一番の魅力がある。休養明けで馬体はまだ立派だが、福島向きの脚質があり絶好の内枠で福島の鬼津村くん…5戦4勝と底を見せていない4歳馬で期待充分。▲フェーングロッテン、今春の金杯で56キロ3着して近2走の重賞を連続2着と実力最右翼の4歳馬。3歳時にラジオNIKKEI賞の勝ち鞍もあり福島の相性も良く、菊花賞以外では大崩れも無く安定感がある。明日は逃げても抑えても同型タイプが多く、展開面から押しにくいので3番手に。△ガロアクリーク、3歳時に皐月賞3着・スプリングS1着などクラッシックで活躍、地力もあり右回りも中山も巧いので連穴1番手に。重賞勝ちがあり一線級と走って来て57キロハンデは恵まれたし、長期休養明けの前走を使い調子は上向き。良馬場見込みで前が速くなるようなら一発も。△サンレイポケット、約2年以上勝ちが無い8歳馬だが、重賞掲示板に6回、G1で4着2回だから立派。以前は左回り専用馬だったが、年齢とともに右回りをこなし早めに脚を使えるようになった。往年の切れは鈍って来たが、逆にそれをカバーできる平坦コースは有利だし、屋根は捲りが得意なデムーロで無視は怖い。△カレンルシェルブル、本当に絞りにくいメンバーだなぁ…一応走るのをやめた前走の新潟大賞典を度外視すれば、割と切れる脚を使えるし福島二千も勝ちがあるので差し展開になるようなら注意が必要。小倉でアリーヴォとレコード勝負したほどの馬で、小回りも巧く良馬場なら一概には…
 
 
ようやく中京に戻って本来の短距離戦に… プロキオンS(GⅢ)  
 中京は、4年ぶりに中京に戻って来た短距離ダート戦の「プロキオンS(G3)」です。降雨が多かったせいで馬場は脚抜きが良い稍重~重になりそう。芝スタートで流れが速くなることの多いコース、差しタイプには充分警戒しておきたい。
◎タガノビューティー
○ドンフランキー
▲オメガレインボー
△リメイク
△ジレトール
△エルバリオ
自信度 ★★★☆☆順当
【予想】三つ巴の展開と思いきや意外にオッズが偏ってきた…◎タガノビューティーを本命にします。得意の左回り千四となる待望の中京開催、主戦の石橋くんも本馬に付きっきりの中京入り。すぐに重賞ウィナーと言われた素質馬ももう6歳、残されたチャンスを確実に勝ちたいところ。○ドンフランキーが強敵。ダート8戦5勝で中京千四も2戦2勝、逃げて4勝のテンの速さは既に重賞級。良馬場の持ち時計もラップも優秀で末もしっかり、明日のメンバーなら楽に先手を取れそうで相当粘りそう。▲オメガレインボー、前走ポラリスSを久々に勝って6勝目、59キロの斤量をものともせず中団から差し切った。過去連対数は12回を数え、距離コース不問の堅実さがある。重賞でも2着1回・3着3回と善戦多く警戒したい。△リメイク、昨年のカペラSを快勝して重賞ウィナーの仲間入りをした4歳馬。サウジ・ドバイからの遠征帰り初戦で印を下げたが、4勝している千四戦で得意のコース、楽勝されても驚けない。△ジレトール、3歳時には器用な先行力でリメイクの連続2着、決め手は無いが先行してからの粘りが身上。ドンフランキーがいるので番手競馬だろうが、スローなら着穴に期待はかかる。不可解な負け方も多いので押さえまで。△エルバリオ、芝ではジリでダート転戦したが、距離を詰めてから素質開花してダート千四は(2,1,1,1)と得意にしている。まだ強い相手と当たっていないのと、時計的に重賞では厳しいものがあるが好調馬に好調騎手の組み合わせだけに怖い1頭。


人気ブログランキング

 

それでは、みなさんの的中をお祈りいたします(=゚ω゚)ノ