腎盂がん・自家がんワクチンによる2例目の完全奏功症例 | 「あとは緩和」といわれたら

「あとは緩和」といわれたら

- 診察室からの独り言,その他いろいろ −


テーマ:

先日,自家がんワクチン療法で寛解した腎盂がん症例が

英語論文として受理されたことを紹介した.

https://ameblo.jp/gin-nami/entry-12306294951.html

https://ameblo.jp/gin-nami/entry-12306295078.html

 

 

この度,当院にて,また1症例,

腎盂がんに自家がんワクチン療法を導入し,

完全奏功(CR)症例が出たので紹介する.

 

 

 

 

 

患者さんは,根治手術後の術後補助化学療法

(ゲムシタビン+タキサン)を勧められるも,希望せず.

(シスプラチンは腎機能低下のため勧められず)

 

その後,ボコボコと出現してきた傍大動脈リンパ節転移.

地元主治医曰く,あと2ヶ月の命だそうな.

 

ずいぶん,大胆な余命宣告だな,と思いながらも,

当方は当方でやることをやるだけだ.

 

患者さんの希望により,

まず,自家がんワクチン療法を導入する.

 

ワクチン接種終了後,

落ち着いたところで少量抗がん剤治療も開始.

 

使用薬剤はゲムシタビン単剤を25mg/body・10日毎投与.

 

そして,治療開始から3ヶ月後のCT検査で上図の如く!

診察室で歓声があがる.

 

このまま長期疾患制御が出来得たら,本症例も論文にするかな.

口笛

 

そういえば,“あと2ヶ月”と言われたこの患者さん,

今日はゴルフに行くと,昨日,診察室の中で

言っていたのを思い出した.(笑)