GID memory

FTMTSのGID関連ブログです。戸籍訂正が済んで、当時の気持ちを確実に忘れてしまいそうなのでここに記録しておこうと思います。
タイ滞在記ほか

【ブログテーマ説明】

●ブログ :本ブログの取扱説明、その他いろいろ

●言葉 :GIDを抱えるすべての人に知っておいて欲しい言葉や考え方

●SRS :SRS関連

●SRS タイ長期滞在記 :運悪く異国の地で厳しい境遇にさらされてしまっている君へ

●SRS 形成後のよもやま話 :P話

●アテンダントと病院情報 :手術のアテンダント(アテンド、エージェント、業者)の選び方や注意点を解説しています。直接病院へコンタクトをとることもおすすめします!(リンク あり)。手術を予定している当事者はぜひ覗いていってください。

●ややこしい真面目話 :NNNドキュメント「カレシのおっぱい」関連、ガイドライン(GID医療)の変遷と問題点、「ジェンダー・アイデンティティ」とは何なのか、GIDとその周辺への考察、GID医療のより医療・科学化―健康保険適応へ向けての考察、既存の【GID医療-戸籍訂正】を残したまま別途ルート@社会システム構築の必要性について考察する、GIDの克服―医療・社会・法律とGID...etc

●ホルモンの勉強 :ホルモン関連

●ライフプランニング :個人個人がTrial & errorしてボロボロになる時代はそろそろ終えよう。各ステージで起こるライフイベント、問題を情報共有し、GIDの人生をコントロールしよう!

●ニュース :把握しておくべき出来事、考察のきっかけとしてのニュース

●資料集 :保存箱

●本・マンガ・映画 :厳選作品

●パスグッズ・その他グッズ :体の各部位ごとのパスグッズや便利グッズについて

●(GID以外) :break time



【記事紹介】 

コメント欄も含めて

一番読んで欲しい記事音譜 /一番読まれている記事メラメラ病院 /一番有用だと思う記事アップ


アメンバーについて


【読者登録歓迎】

できれば「相手に知らせて」申請でニコニコ

※但しあからさまな営業目的・誘導・アフィリエイト系は削除させていただいています。ご了承くださいφ(.. )


【リンク・著作権について】

※本ブログは匿名ブログではありますが、すべての文章に関し、その著作権は私個人に属します※

読者登録は歓迎してきましたが、扱ってきた問題の複雑さから部分的なリンクや引用は推奨していません。(´Д`;) 私の書いてきた考察記事は、大変大きく複雑な問題を様々な角度からアプローチしようと四苦八苦したものです。ですから1記事1記事を独立して読んでしまうと、文章が一人歩きし、読み手によってうまく伝わらない類のものだと思っています。お手数ですが、リンクの際は必ずトップページ(http://ameblo.jp/gid-memory )も併せてお願い致します。

なお、抜粋、論述参考等の際は参考元を明らかにするなど、権利侵害行為をされませんよう重々ご注意ください。m(_ _ )m



いつも応援ありがとうございます(^-^)/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村


ひらめき電球サーチ汗右上矢印ブーケ1ドア てんびん座プレゼント




テーマ:

FTM100の質問

じゃないですけど、これも性同一性障害当事者の「問い」の王道ですよね。

せっかくGIDブログを書いているのでよく考えてみることにしましたひらめき電球

(ネタ切れな訳ではないですよw)




FTMに生まれてよかったこと


これまで何度か考える機会はあったと思います。


尋ねられることも。


でも特に思い浮かばなかったんですよね......


いや、ほんとw




・男の気持ちも女の気持ちもわかる

と言う人はときどきいるようですが


私はトランスセクシャル/TSで、かつ性自認も振り切れているので、、本質的なところが男でしかないんです。


女性のことは、近くで観察してきたから多少はわかりますが、

それはあくまで経験則で知っているだけであって、彼女たちが今も昔も謎の生物なのは間違いない汗


(謎の生物だったのはお互い様か。いわゆる「女の集団行動」というものはほとんどしたことがなく、子供の頃から良い意味で『治外法権』扱いでした。)




・マイノリティ(少数派)の気持ちがわかる

・心が広くなる

・人に優しくできる


といった話しも聞きますが。。


たぶんGIDを抱えていなくても私の場合、少数派タイプだったのは間違いなく(爆)

あえてFTMに生まれたから経験できた音譜とも思えなかったりσ(^_^;)



子供の頃からいじめや陰口が大嫌いだったので

GIDやゲイやレズビアンの友達もできたでしょうし。。



あと心の広さや優しさは、別にGIDとは関係ないとも思います。

むしろ、苦しみや絶望的な悲しみで、性格が捻じ曲がった人もたくさん見てきました。


自分自身、GIDでなければ言葉や「性」というものにここまではセンシティブ(神経質)にならなかったとも思いますし。。

これで文才があれば文学方面などまた違った人生が拓けた気もしますが、残念ながら無かった。苦笑



でもたしかに、到達できなかったであろう境地を垣間見たことは確かで

私が歩んだかもしれない“GIDをもたない人生”が、果たしてそれを経験できたかどうかは、不明です。


でも、思うんですが、、あの境地は、果たして「生きる」ことに必要だったのだろうか?と。。


もしも、そこに意義があるのだとしたら、あそこから生まれた“何か”を、表現したり、残したり、あるいはまったく別の物へ昇華することではないのか、と。




ただ、残念ながら埋没志向のため

その機会は来そうにありません。





このブログは名前のとおり思い出の箱。

昔、女で働き通した職場を退職するときにもらった大きな大きな花束

何万円したか知らないけれど、「人徳だね」と言われたけれど、三次会が終わった真夜中、歩く足をとめることなく大きくふりかぶってどぶ川に投げ捨てた。

まっくらな大きな川をゆっくり大きな花束が流れていく

ほんの数十分前まではカラオケでにこにこ合いの手を入れていたというのに

何の感情も浮かばなかった。

何も感じないけれど、そういう必要のない映像はこの心のなかにたくさんあるのだと思う。

少しは人の役に立ちそうな情報やタスキとともに思い出の箱にいれてさよならしようとしても。古傷が痛むように、相棒のように、私はそれらと付き合っていくしかない。






“断捨離”の一環と書いてきましたが


きっと、私は、何も意味がないまま昔の自分を捨てることが哀しくて仕方ないんでしょう。


だから、せめてもの意味を見出そうとする。


あとから進む後進達に、灯(ともしび)として輝くには、あまりにねじまがった山と谷だらけの人生だったと思うけれど


みんなにはこうはなって欲しくない。


みんなにはもっと幸せになってほしい。時代は間違いなく変わったのだから、それは絶対可能なはずだ。



たまたまこのブログに流れ着いて

自分の性別違和と向き合うきっかけを得たり

治療をはじめる勇気をもらったり

あるいは逆に、治療をしないでもいいんだとありのままの自分を受け入れることができたり

とても大切な自分の心と体を、人生を、もう一度よく考えることができたり

かけがえのない家族

出会えたのが奇跡のような恋人

自分を支え、ともに歩んでくれる周囲の人々に

心の底から感謝して、素直に幸運を喜び、

この生に生まれたことに、深い喜びを感じ、人生を謳歌できるように――









もしも私に「FTMに生まれてよかったこと」があるとしたら



 『先を歩いた同じ当事者として、当事者性をもって語ることで、一人でも多くのFTMが救われること。』



ただ、その一点に尽きる


ただそのひとつしか、思いつきませんでした





AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。